雑記

【たまには愚痴を言ってみる】ブログ記事をパクられた!まぁいいけど。

2020年2月6日

ブログをやっていると、自分の記事がパクられたというのはよく聞く話です。

実は私もこれをと同じことをやられています。

以前は雑記ブログとして、せどりカテゴリを作って記事を書いていました。

その時に書いたいくつかの記事が、他のせどらーさんにパクられています。

ことの発端

あえてブログ名、ハンドルネームは伏せますが、私の記事をパクったのは、某ジャンルのベテランせどらーさんです。

以前、「高利益おすすめジャンルと販売事例」といった内容の記事を書きました。

※私が書いたその記事は、現在は公開していません。

で、ネットで情報収集をしているときに、その人のブログに辿り着き、いくつか記事をみていたら、以前私が書いた記事に似ている内容、販売事例はそのままパクリの記事を見つけました。

記事内容は多少異なるものの、ほぼパクリといってもいいでしょう。

しかも、せどらーとしてはかなりの年数を経験しているベテランさんですよ。

ちょっと苛立ちを覚えましたが、まぁ1記事ぐらいだからいいかとスルーしていました。

で、しばらく経ったある日のこと。

私のブログのアクセス解析のツールに、こんな表示が。

ライターさんでも雇っているのかどうかはわかりませんが、どうやらそのサイトの方が私のブログを見て記事を編集しているようです。

で、このURLからその人のサイトを見にいったら、「内容似てるな〜」というような記事が存在していました(笑)

この記事に関しては、パクられたというわけではなく、一部抜き出されたという感じですが。

ついでにその人の他の記事を色々と見ていたのですが、どうもいくつか怪しいものがちらほら。

私独自の体験談として書いたものまでも、あたかも自分が体験したように書いている記事もありました。

「これ完全に私の記事パクってるよね。さすがにこれはどうなの?」っていう感じです。

いくつかの要素が重なった出来事を体験談としてブログにしたのですが、同じ体験をするとは思えないんですよね。

可能性はゼロではないですが、そのいくつかの要素がすべて重なるなんて、どう都合よく考えてもなかなかないと思うんですけどねぇ。

寝かせますw

そもそもブログの世界では、記事のパクり問題は頻繁に起きていると聞きます。

それに、パクろうと思っていなくても、似たり寄ったりな内容になってしまうことはよくあります。

例えば「ブックオフせどりのコツ」といった記事の場合、けっこう似たり寄ったりになりますよね。

だいたいコツとかポイントというのは決まっているので。

また、せどりのスキル的な部分とか、せどりに対する考え方とかに関しても、ほぼ同じようなものになったりするのはわかります。

ただ、他人の「販売事例」とか「体験談」を、あたかも自分の体験のように記事にすることに対しては苦言を呈したいです。

たぶん私がブログをこのまま書き続けていると、またいくつかパクられるでしょうw

まぁ、そのせどらーさんにとって「この記事いいね、自分のブログにも入れよう」と、多少なりとも評価されたということで、プラスに捉えています(笑)

それに、私の「せどりに対する考え方」「スキル」「経験」の一部をパクられたに過ぎなくて、すべてをパクられているわけではないですからね。

パクリ記事に対する対応方法もあるようですが、今のところ考えていません。

私に何かしらの実害があるわけではないで。

とりあえず、今のところはスルーして寝かせておきます。

「さすがにこれは、、、」ということが起きたら、しかるべき対応を取とうかなと。

それと同時にツイッターのみんなに、判断してもらおうかな。

たまには愚痴みたいな記事を書いてみました。くだらない内容ですみませんw

-雑記