雑記

【雑記】バイトで月40万円、壊滅的な仕入れ近況、適正価格とは

バイトで月40万円稼いでた外国人

先日、よく行くカレー屋のスタッフ(某国の外国人)と話をしていました。

来日してからかなり長く日本語も堪能。

今はそこのカレー屋で社員として働いていますが、その前はバイトを掛け持ちして稼いでいたそうなんですが、その額なんと月に40万円。

かなりすごいですよね。

私が大学時代にバイトしていた居酒屋の先輩(フリーターで30歳くらい)が、バイト掛け持ちで月に30万円くらいといっていたので、それをはるかに超えています。

日本人のサラリーマンでも手取りで40万円もらえる人は多くはないはず。

私も会社員のときは10年経っても手取り30万くらいでした。

コンビニとレストランでバイトをしていたみたいですが、勤務地として選んだのはお台場。

お台場であれば時給1000円以上はもらえるので、家から遠いけど時給の高いところを選んだそうです。

また、お台場の店舗は、なんだかんだバイトが辞めていくスピードがはやいみたいで、長くいれば自然と重宝される人材になっていくとのこと。(もちろん、本人の仕事の質が高いのもあったと思います)

レストランのバイトに関しては、アルバイトでありながらもポジション的には店長の次にまでなり、その頃には時給も1500円にまで上がっていたそうです。

掛け持ちしているので労働時間は長かったみたいですが、仕事が楽しかったので苦にならなかったと言っていましたね。

  • 効率の良いところで稼ぐ
  • 長く続ける
  • 楽しめる仕事

稼いでいくための基本というか、当たり前のことというか、まさにそれを実践していますよね。

アルバイトで40万円も稼ぐ外国人がいるとは。なかなかの刺激をもらいました(^^)

ちなみに今の会社だと、バイト時代より収入が低いみたいです(笑)

仕入れ近況

タイトルにあるように先週の仕入れは壊滅的状況です。

2点17000円の仕入れのみです。

相変わらずモチベーションが落ちています。全然復活しません。

せどりって止まれないビジネスなので、こういった停滞はマイナスでしかありません。

仕入れをしなければ売り上げも増えません。

当然、利益を増やしていくこともできません。

在庫も減っていきます。

仕入れの手を止めれないのがせどり。

何気につらいビジネスですよね。嫌いじゃないけど(笑)

適正価格とは

先日、とある商品の購入希望者からこんなメールがきました。しかも直近3カ月のKeepaの画像付きで。

○○が適正より高騰してるようですが、 適正価格で購入可能でしょうか?

直近では5000円くらいですが、現在は1万越えの相場となっている商品です。

「こっちはKeepaを使って過去相場をチェックしている」「そこら辺の客とは違うんだぞ」とでも言いたそうな感じですよね。

まあ単に値下げさせるための材料にしたいんだと思いますが。

そもそも「適正価格って何?」って話です。

この商品は過去1年をみれば、7000円〜8000円くらいでも売れる商品です。

直近で売れた5000円が適正価格でしょうか?それとも、過去に売れた実績のある7000円が適正価格でしょうか?

例えばですがこの商品が、

  • 3日後に5000円で売れた
  • 1ヶ月後に12000円で売れた

どちらが適正価格でしょうか?

答えなんてないですよね。

その時に売れた値段が正解であって、あくまで「その時の状況において適正価格だった」と判断できるだけです。

「過去にいくらで売れた」というのはその時の適正価格であって、将来の適正価格を決めるものではありません。

なぜなら、これから先はいくらで売れるかなんて誰もわからないからです。

この先12000円で売れるかもしれません。

この商品が12000円で売れたら、12000円がその時の適正価格です。

5000円ではありません。

これが私の考えですね。

過去に売れた価格が○○円だから、今も適正価格は○○円だ、とは私は考えません。

とりあえず「安い出品者がでるまで待ってください」と返信しておきました(笑)

※上から目線や遠回しに値下げ要求してくる人はロクな客ではありません。←あくまで私の経験上の話ですm(__)m

-雑記