雑記

【雑記】店舗仕入れを封印して感じたこと

2021年2月7日

 

店舗せどりを封印して感じたこと①

以前、2月から一気に電脳仕入れにシフトすると書きました。

「店舗仕入れは行きたくなったら行く感じにする」と決めているので、今月はまだ1店舗も行っていません。

といってもまだ10日くらいですが、店舗せどりをしなくなってから感じたことがあります。

それは「めっちゃ楽!!」ということ。

店舗仕入れは楽しいですが「仕入れに行かなきゃ」というしんどい気持ちはどこかしらあります。

電脳仕入れは決して面白いわけではないんですが、今は電脳仕入れメインの生活の方が気が楽です。

1年前は、電脳仕入れは「つまらなくて退屈」だと感じていましたが、この1年で心境の変化があったのだと思います。

また、よく言われるように、移動時間がないからか自分の時間が増えた気がします。

店舗せどりを封印して感じたこと②

ただ、気にしていることが1つあります。

仮にですが電脳仕入れに完全移行できた場合、店舗仕入れの変化を肌で感じれないことです。

どういうことか、中古DVDを例に説明します。

あくまで私の感覚ですが、ブックオフの場合、2018年ころまでは中古DVDの店舗仕入れボーナスタイムだったと思います。

2019年はそれなりに厳しくなってきた。

2020年はかなり厳しくなってきた。

ブックオフ店舗の中古DVDせどりに関しては、このように思っています。

これは店舗仕入れに行っていたから感じることができたことです。

「ちょっと厳しくなってきたな。じゃあ、これからも稼いでいくにはどうするか?」こんな感じでやってきたのですが、電脳仕入れに移行した場合、店舗仕入れに関してはこういった思考が止まってしまいます。

「リスク分散するなら、電脳仕入れ一辺倒も良くない」と思っているタイプなので、店舗仕入れ封印もどうしたものかと思っています。

ただ、電脳仕入れで事足りるのであれば、店舗仕入れには戻れない気がしています。

悩ましいですね。

店舗せどりを封印して感じたこと③

店舗仕入れを封印して感じたこと①では「めっちゃ楽」と書きましたが、デメリットも感じています。

それは、行動範囲がかなり限定されてしまうこと。

家にいるか、カフェにいるか。

これ以外ありません。

まだ10日ですが、生活スタイル的には飽きがきています(笑)

目指している生活スタイルなのですが、あまりにも限定的すぎるんですよね。

気分転換がてら環境を変えつつ仕事をしていかないと、自分には合わないかもしれません。

まだ10日なので慣れていないだけかもしれませんが、「これをずっと続けるの?」と考えるとちょっと厳しいように感じています。

-雑記