雑記

【雑記】忍耐の年、都心のせどり、今年のテーマ

2021年3月30日

2021年も忍耐の年になりそう

せどりとは関係ない話になりますが、コロナの収束がいまだに見えませんね。

今年の秋ごろには海外旅行にいけるかなと思っていたのですが、日本でさえワクチン摂取が遅れている状況。

タイが2021年の秋に観光客の受け入れを目標としているみたいですがどうなることやら。

さすがに2021年の海外旅行は厳しいのかなという状況で、今年も引きこもり生活が続きそうです。

まさか2年も海外に行けないとは予想もしてなかったわけですが、日本にいて一体何をすればいいのか(笑)

海外旅行に行くことが1つのモチベーションなので、今年も精神的には厳しいですが、海外旅行ができる日は必ず来るはずなのでその日に向けての準備期間かなと思っています。

マイルをためたり、海外に長期滞在できるようにせどり以外の収入を増やすようにしていこうと思います。

電脳仕入れメインにして気づいたこと

電脳仕入れメインにして気づいたことがあります。
それは「都心に住む必要なくない?」ということ。
「都心に住んでいること」のせどり的メリットとしては、通える店舗が多いこと。店舗間の移動時間も少なく、たくさんの店舗をまわることができます。
しかし、電脳メインにすると店舗仕入れに行く必要もなく、せどり的メリットはなくなります。
であれば、多少田舎になっても今より安くて部屋数も多いところに住めるのではないだろうかと。
固定費も下がりますし、部屋が広いとせどりの出品とか在庫管理もしやすいです。
ちなみにいま住んでいるところは、自分の求めるものがすぐ近くにあるので気に入っています。
  • ジム
  • サウナ
  • コンビニ・スーパー
  • カフェ
  • ブックオフ
これらが徒歩圏内にあるのでめちゃくちゃ便利です。
ただ、都心を離れるとこういった条件の物件は少なそうです。
それにやっぱり都心は便利です。悩ましい問題に直面しています。。。

せどり近況

先日、久々に店舗仕入れに行ってきました。

2店舗で早々に切り上げましたが、まだまだいきたかったという気持ちがあったのは安心しました。

電脳がメインになると店舗仕入れに行くのが面倒になって、店舗仕入れに対する気持ちが薄れてきます。

行ったら行ったで楽しさを感じれたのはよかったです。

ただ「店舗間移動の面倒さ」と「疲れが溜まる」というデメリットはより強く感じるようになりますね。

ちなみに今月の店舗仕入れは4日のみ。

仕入金額も店舗2:電脳8といった比率になっているのでいい感じです。

もっと改善が必要なのですが、最低ラインはキープできているので、あとはいかに仕入れ量を伸ばせる工夫をするかです。

その道筋は見えているのですが、面倒でつまらないので実行に移せていません(笑)

これを乗り越えられるようになれば、さらなる加速が期待できるので、なんとか行動に移したいところです。

マイナージャンル×リピート仕入れの可能性

電脳仕入れをしていると「マイナージャンルだけど、意外とリピートできる」商品に遭遇します。

しかもマイナージャンルだけに、仕入れ・販売ともにライバルが少ないです。そして高利益も狙える。

もちろん流通は少ないので、頻繁にリピートできるわけではありませんが、かなりの可能性を感じています。

電脳仕入れは商品のリサーチも大切ですが、リピート仕入れをいかに積み上げるかも重要。

マイナージャンルのリピート仕入れを強化すれば、ライバルの少ない戦場で戦っていくことができます。

電脳仕入れのリピートに関しては昔も同じこと言ってるんですが、なかなか行動に移せていないのが私の弱いところですが(笑)

とにかく今年のテーマとして「マイナージャンル×リピート仕入れ」の強化を意識していこうと思います。

-雑記