雑記

【雑記】大事な指標、検索アプリ、書きまくり

大事な指標

ちょっと前にツイートした内容でもあるんですが、セラーセントラルから在庫一覧をチェックすると、Amazon出品者なしの商品って結構あります。

こういうのは、ネットで仕入れができないかチェックしたり、アラートツールに登録したりすると有効です。

で、もう少し踏み込んで話をすると、こういった在庫切れ商品は「自分の仕入れ内容の方向性」として1つの指標とすることができます。

個人的にはけっこう大事にしていることです。

というのも、在庫一覧を見てAmazon出品者なしの商品が多ければ多いほど、

  • マニアックな商品の仕入れができている
  • 流通の少ないレアな商品の仕入れができている

といったことの証明だからです。

もちろん、仕入れでリサーチをしているときも同様です。

いかにAmazon出品者なしの商品を引き抜くか。

もちろん、狙ってAmazon出品者なしの商品を引き抜くことはできません。それに、Amazon出品者なしだからといって、すべての商品が仕入れ対象になるわけではありません。

結果的にAmazon出品者なしの商品を手に取れればそれでOK。マニアック商品、レア商品の嗅覚が効いている証拠です。

それに、流通の少ないレア商品が出品者なし、というのはチャンスでしかありません。高利益が狙えるといった意味合いも大きいです。

検索アプリ

店舗仕入れにほとんど行っていない状況のなか、検索アプリをどうしようか迷っています。

先日、アプリ版デルタトレーサーがリリースされました。

現状、バーコードスキャンから検索結果表示まで4秒くらいかかるし、機能面でもまだイマイチな状況ですが、速度と機能が改善されていったら結構いいアプリになると思います。

カスタムURL機能もついているので、Keepaも表示できますし、メルカリ、ヤフオクも表示できます。それにデルタには利益計算機能もついています。

デルタトレーサー1つで「検索アプリ+価格推移チェックツール」の役割を果たしてくれます。これで2200円なので、コスパはいいのではないでしょうか。

もちろん、アマコードプロやせどりすとプレミアムには劣るので、がっつり店舗仕入れにいく人は、これらのツールがいいと思います。ただ私のように、たまにしか店舗仕入れに行かない人にとっては、月額5000円を払う必要はないのかなと思ってきています。

機能は劣るものの、月額2200円のデルタトレーサーで十分ではないかなと。アプリ版Keepaもいいですが、利益計算機能がないのがネックです。

ただし、デルタトレーサーはインストアコードが読めないので、今のところプライスターアプリが有力です。

利益計算できますし、Keepaにも飛べて、インストアコードも読み込める。今の私にはちょうどいいのかもしれません。

そろそろ、仕入れから在庫管理まで1つでできるツールが出てきて欲しいものです。

プライスターが価格履歴チェックツールを作る、プライスターアプリもアマコードプロくらいの機能をつける、それで全て解決すると思うのですが。

ブログ書きまくってます

このブログもようやく今月で月1万PVを達成しました。

月1万PV達成するのに、どんだけ時間かかってるんだという感じで、めちゃくちゃしょぼいですが(笑)

その割には収益性は高いので、もっと力を入れて収益を延ばしていきたいと思っています。

なので、今月に入りブログを書きまくってます。次は目指せ月間2万PVです。

せどりブログ界隈は、そこまで参入者が多くないので比較的戦いやすいですが、まだまだ上がたくさんいます。

このブログのパワーが弱いので、現在テコ入れをしています。

書きたい記事もあるし、過去記事の修正もあるし、やることは多いです。

で、このブログの方向性ですが、せどり情報に加えて、ちょっと前からブログ運営の発信も加えています。

せどり情報を見にきてくれている人にとっては、余計な情報かと思います。

ただ、せどりとブログの2軸発信で「個人で稼ぐ」ことにフォーカスした運営のほうが、長期的にみていいのかなという判断なので、ご理解いただけると幸いです。

今後もこの記事みたいな雑記も書いていく予定ですし、せどり情報も発信していきます。

ということで、今回はこの辺で。また次回の雑記でお会いしましょう。

-雑記