ブックオフ攻略

【稼ぐなら必須】ブックオフせどりに必要なアプリを紹介!

2021年7月7日

中古せどり初心者にもおすすめの仕入れ先「ブックオフ」。

取り扱いジャンルや品数も豊富で、全国に店舗があることから人気の仕入れ先ですね。

そんなブックオフでせどりをするときに忘れてはいけないのが、以下の2つのアプリ。

  • ブックオフ公式アプリ
  • バーコード検索アプリ

これまで6年以上ブックオフせどりで稼いでいる経験からいっても、上記2つのアプリをスマホに入れておけば問題ありません。

本記事では、「ブックオフせどりで稼ぎたいから、必要なアプリを教えて欲しい」といった方に、ブックオフせどりに必要なアプリを紹介したいと思います。

ブックオフせどりに必要なアプリを紹介

ブックオフせどりに必要なアプリを紹介します。

ブックオフ公式アプリ

まずは、ブックオフ公式アプリをスマホに入れておきましょう。

【AppStore】ブックオフ公式アプリ

【GooglePlay】ブックオフ公式アプリ

ブックオフアプリは、会員カードの役割だけでなく、ポイントカード機能も付いていて100円購入ごとに1ポイントたまります。

ブックオフアプリ(ポイント画面)

還元率1%といえど、ブックオフせどりをしていれば、1年でそれなりのポイントになります。

例えば、月の仕入れ額が20万円だったとしても、毎月2,000ポイント、1年間で24,000ポイントです。

自分にちょっとしたご褒美を買うくらいはできますよね。

また、毎月のイベントである29日(ブックの日)では、店舗によってはポイント付与率が5%になります。

※29日はせどらーが多くなる日ですが、ポイント+5%だと魅力がないのか、意外と仕入れがしやすいですよ。

ためたポイントは「1ポイント=1円」として使えます。

ブックオフ公式アプリは、以下のようなメリットがあります。

  • セール情報が届く
  • 割引クーポンが配布される

登録も無料なので、必ず利用しましょう。

バーコード検索アプリ

ブックオフでせどりをする上で、インストールしておきたいのがバーコード検索アプリ。

検索アプリは、商品のバーコードを読み込んで、

  • 利益が取れる商品なのか
  • どのくらい売れている商品なのか

をチェックするアプリです。

検索アプリは、以下のどちらかがおすすめ。

というのも、両ツールはブックオフのインストアコード読み込みに対応しているからです。

インストアコードとは、以下のようなブックオフ独自のバーコードのこと。

場合によっては、インストアコードのシールで商品のバーコードが隠れていることがあります。

商品のバーコードが隠れていると、JANコードや商品名を手打ち検索しなければいけないので、非常に検索効率が悪くなります。

アマコードプロ、せどりすとプレミアムを使えば、カメラをかざすだけでブックオフのインストアコードを読み込んでくれるので効率が落ちません。

圧倒的に作業効率が上がるので、どちらかのアプリをインストールしておきましょう。

両アプリについては、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

アマコードプロの場合は、ランキングチェック機能も搭載しているので、アプリ1つで検索から相場チェックなどすべての流れをこなせます。

せどりすとプレミアムの場合は、デルタトレーサーやKeepaを使って仕入れ判断を行いましょう。

ブックオフせどりに必要なアプリまとめ

ブックオフせどりに必要なアプリを紹介してきました。

以下の2つのアプリをインストールしておくのがおすすめ。

ブックオフせどりに必要なアプリ

上記のツールを使ってブックオフでガンガン稼いでいきましょう。

関連記事:ブックオフせどり攻略】仕入れのコツや狙い目をわかりやすく解説!

関連記事:【おすすめ】店舗せどりに必要な仕入れアプリ9選【専業せどらー厳選】

この記事を書いた人

くりすぷ

せどり歴6年(独立4年)の中古メディアせどらー。マイナージャンル・プレミアが得意。中古せどりで稼ぐ情報を発信しています。

>>プロフィール詳細

-ブックオフ攻略