コラム

【コラム】コンディションを下げて販売した方が利益が残る場合もあるよ

Amazonで販売していく上で、利益に関わってくるコンディション。

「良い」より「非常に良い」の方が、価格が高くても売れる可能性は上がります。

しかし、自分の仕入れた商品が「非常に良い」に該当していても、あえて「良い」で出品してあげた方が、結果的に早く売れて、利益が多く残ったりする場合もあります。

例として、中古DVDせどりの場合を考えてみます。

個人で中古DVDで戦っていく上では「非常に良い・写真付き」が基本戦略となってきます。

しかし、大半のDVDせどらーが「非常に良い」を使っており、商品によっては同じ価格帯に「非常に良い」が多すぎて埋もれてしまうことがあります。

※なかには強引に「非常い良い」としている出品者もいるので、そういったのはライバル視する必要はないのですが。

そんなときは、あえてコンディションを下げて「良い」で出品するのも1つの手段になります。

例えばこういった商品。

同じ価格帯に「非常に良い・写真付き」がたくさん並んでいますね。

これだけライバルが多いと、回転がいい商品でも売れるのに時間がかかってしまう場合がありますし、結局値下げ合戦になってあまり利益が残らなかったなんてことも起こってきます。

であれば、このライバルの多い価格帯を避けた方が良い結果になることが多いです。

例えば、コンディション「良い」で価格は15800円とか。

「良い」のライバルは少ないですし、自身の商品は状態がいいわけですから(説明文でアピールする)、意外とサクッと売れてくれることが多いです。

「非常に良い」の軍団が価格競争になったら、結局15800円を下回って販売になることもよくある話です。 

ただし、「非常に良い」の出品者が「良い」の価格に合わせてくるんじゃないの?という疑問も出てくると思います。

確かに可能性はあるのでそのことを頭に入れておかなければいけませんが、わざわざ下位コンディションに合わせてくることはほとんどありません。

なんでもかんでも「非常に良い」のように上位のコンディションで販売すればいいというわけではありません。

出品する際はライバルの出品状況を確認して、あえてコンディションを下げて販売するのも1つのテクニックになります。

状況に応じて1つの選択肢として検討してみてください。

-コラム