コラム

こんな商品でも売れるの?不備あり商品の販売事例を紹介!

以前、こちらの記事「【見逃しNG】不備あり商品こそ宝の山!他のせどらーを出し抜こう」で、「不備あり商品でも利益にしていきましょう」ということについて解説しました。

本記事では、「こんな不備がある商品でも売れたよ」という事例をサクッと紹介していきます。

どれも実際に売ったことのある商品なので、本記事をお読みの方の参考になるはずです。

中古せどりでは、たまに見かけるものばかりなので、利益が取れそうな商品は仕入れて販売してみてくださいね。

不備あり商品の販売事例を紹介

私が売ったことのある、不備あり商品の事例としては以下のとおり。

実際に販売した不備ありの事例

  • カバーなしの本
  • 書き込みあり
  • タバコ臭がする
  • 特典欠品
  • カバーの色あせ
  • とんでもない色あせのDVD-BOX
  • ボックスの破損
  • ディスク中央にヒビ
  • ボックス欠品のDVD
  • CDケースが真っ二つ
  • ディスクの留め具が破損して収まらない
  • ディスク10枚組のうち1枚欠品

 

まず、よくあるのが「たばこ臭」。

一部の意見では「たばこ臭のある商品は売れない」と言われますが、たばこ臭があっても売れます。

過去に何度も売ってきています。

昔はタバコ臭を消すために、消臭剤に入れて臭いを消したりしていました。しかし最近では、匂いを消すことなくそのまま出品しています。匂いを消す手間がもったいないからです。

もちろん、タバコ臭を消したほうがいいですが、「タバコ臭は気にしない」というお客さんもまだまだいます。

 

DVD-BOXなんかでは、破損があったりもします。

こういった破損はたまに見かけますが、この程度なら全然余裕です。

DVD-BOXは、ボックスに負荷かがかかったり、地面に落としたりすると破損しやすいので取り扱いに注意です。

 

また、以前駿河屋で仕入れたときには、こんな色あせのある商品が届いたことも。

本来は赤のボックスなのですが、違う商品かと思うくらい色あせしていますね

しかし、こんな商品でも問題ありません。

このまま出品しても余裕で売れました。

DVDはボックスがなくても売れるので、相当な破損があったりする場合は、ボックスなしでも利益が取れないか検討してみましょう。

 

ケースの破損でいえば、真っ二つになったまま販売したことも。

もともと、ケースの破損があるとのことで半額になっていた商品。

クリアタイプの複数枚組ケースの手持ちがなかったので、そのまま出品してみました。回転もいい商品だったので、速攻で売れていきました。

 

ディスク系ジャンルを扱う際に注意したいのが、ディスクの破損。

こんな感じで、ディスク中央にヒビが入っていることも。

データ部や読み込みエリアに傷が到達していなければ、問題なく再生できます。

ディスク中央にヒビが入っている商品は、何度も売ったことがあるので、こういった商品でも問題ありません。

ただし、再生確認はしっかり行い、出品コメントにも「ヒビがあること」「再生に問題はないこと」を明記しておきましょう。

 

こんな感じで、けっこう目立つような不備があっても売れてくれます。

「不備ありのため20%オフ」と安くなっていることもあるので、利益が取れないかぜひチェックしてみてください。

不備ありで割引されていても、実際はたいした不備でないこともあります。

中古を買うお客さんには、「商品状態はあまり気にしないから、安く買いたい」という人も一定数います。

それに、場合によっては、ケース交換したり、自分で修理できたりすることもありますしね。

不備あり商品も取り入れることで、利益アップに繋がるのでぜひ取り入れてみて下さい。

関連記事:【中古せどり】コンディション「可」の販売テクニックを解説!

中古メディアで稼ぐ無料メルマガ配信中

中古メディアで稼ぐスキルが身に付く無料メルマガを配信中です。

>>無料メルマガ登録はこちら

-コラム