せどり全般

店舗せどりのやり方を専業せどらーが解説!

2020年12月18日

ここ最近では副業を始める人が多いですが、その中でも人気なのが「せどり」。

即金性が高く、気軽に始められることもあり、非常に人気が高まってきています。

  • 会社帰りや休日に店舗に寄ってせどりをしてみたい
  • だけど店舗せどりってどうやるの?

そんな方に向けて、店舗せどりのやり方を解説したいと思います。

本記事をお読みいただければ、店舗せどりの流れが掴めると思います。

店舗せどりのやり方を解説

店舗せどりのやり方を解説します。

スマホにツールをインストール

まずは店舗せどりで必要なアプリをスマホにインストールしましょう。

ツールを使わなければ、店舗せどりで稼ぐのは厳しいと考えていいです。

必要なものは、

  • 検索ツール
  • ランキングツール

この2つがあればOKです。

検索ツール

検索ツールは、カメラ機能で商品のバーコードを読み込み「その商品が利益がとれるのかどうか」を判断できるツールです。

有名どころとしては、

があります。

無料のツールでおすすめなのは「アマコード」なので、まずはアマコードを使ってみるのがおすすめ。

関連記事:Amacode(アマコード)は無料のせどり検索アプリ最強!機能・使い方やデメリットを解説!

 

ある程度、店舗せどりに慣れてきたら有料の「アマコードプロ」や「せどりすとプレミアム」にすればOKです。

関連記事:Amacode Pro(アマコードプロ)使用レビュー!便利機能やデメリットも解説!

関連記事:せどりすとプレミアムを使ってみた感想!便利機能やデメリットも解説!

 

ランキングツール

ランキングツールは、その商品の過去相場を確認したり、どのくらいの頻度で売れているのかを確認するツールです。

例えば、検索ツールで「利益が取れそう」といった商品を見つけても、その商品が全然売れていなければ意味がありません。

また、現在の相場は1万円だけど、本来の相場は5000円だったという場合もあるので、こういった商品を仕入れてしまうと思わぬ赤字になったりします。

ランキングツールを使うことで、こういったことを防ぐことができ、リスクの少ない仕入れができるようになります。

ランキングツールに関しては、有料になってしまいますが

がおすすめ。

以前までは、モノレートという無料のランキングツールがあったのですが、現在はサービスが終了しており、有料のツールを使うしかありません。

Keepaはスマホだと操作がしにくいので、デルタトレーサーのほうがおすすめです。

表示速度がやや遅いのですが、視覚的にもみやすいのもメリットです。

関連記事:有料版デルタトレーサー(DELTA TRACER)の機能や使い方、メリット・デメリットを解説!

関連記事:Keepaの機能や精度について解説【せどりの仕入れ判断に必須】

店舗へ行ってリサーチ

ツールをスマホにインストールしたら店舗へ行ってリサーチをします。

  • 新品をやるのか中古をやるのか
  • どのジャンルをやるのか

これはご自身の好きなものでOK。

私は中古メディアをやっているので、ブックオフに行ったときの流れで解説します。

例えば、IT関連書籍のコーナーで以下の商品を検索するとします。

 

商品にはバーコードがついているので、スマホのアプリを使ってバーコードを読み込みます。

 

こんな感じで商品情報が表示されるので、中古の商品情報をチェックしてみます。

上記の画像では中古が4390円となっています。これはAmazonにおける中古価格の最安値が表示されています。

店舗での価格は970円なので、4390円で売れれば利益が取れそうですね。

4390円で売れた場合、いくらの利益になるのかチェックしてみます。

970円で仕入れて4390円で売れれば、2176円の利益になりそうです。もう少し価格が下がったとして3980円であっても1800円の利益になりそうです。

それでは本当にこの価格帯(4000円前後)で売れるのか確認してみます。

ここでランキングツールが必要となってきます。

上記はデルタトレーサーの画像ですが、中古の平均相場は3000円くらい、ランキングも波形がかなり動いているのでこの値段であれば問題なく売れそうです。

現在は相場が上がっている状態なので、

  • 4000円前後で売れれば利益は約2000円
  • 相場が3000円まで下がったとしても利益は約1000

といった感じになります。

利益が取れそうなので、仕入れて販売すればOKです。

まとめ

以上が店舗せどりのやり方になります。

店舗せどりのやり方自体はシンプルで簡単です。

  • 検索アプリをスマホにインストール
  • 店舗へ行って商品をスキャン
  • 利益がでるかチェック、きちんと売れるのかチェック

たったこれだけです。

検索ツールとしては以下の2つ。

ランキングツールに関しては以下の2つ。

あとは利益商品を見つけるまで愚直にリサーチするのみです。ぜひ参考にしてみてください。

-せどり全般