コラム

ライバルと差をつけるロングテール商品の分析について

2021年8月6日

本記事では、ライバルと差をつけるロングテール商品の分析について解説したいと思います。

今回紹介するような分析ができるようになってくると、

  • 他のせどらーが見逃すような商品が仕入れられる
  • 高利益を狙える可能性がグッと高まる

こういったメリットがあるので、是非とも参考にしていただければと思います。

先日ツイートしたこちらの商品を例にしていきます。

 

このツイートは3ヶ月のKeepaですが、利益が取れそうと思っても、ほとんどのせどらーはパッと見で仕入れをスルーします。

グラフが反応していないので、売れていないと判断してしまうからです。

しかし、矢印を付けた部分は「もしかしたら売れているのでは?」と考えるべきです。

なぜなら、価格グラフと出品者数が「1→0」になっているので、売れたと判断することもできるからです。

しかし、これだけのデータだとまだ確信が持てない人は多いと思います。

では、もう少し深く分析するにはどうすれば良いのか。

「期間を伸ばしてチェックしてみる」ですね。

そうすると、過去1年ではこんな感じのデータが表示されます。ランキングの波形は1回しか動いていないですが、怪しい箇所がいくつかありますね。(赤丸のところ)

 

しかし、グラフは1ヶ所しか反応していないので、「本当に売れてるの?」と思うような商品かと思います。

ここで重要なのは、ロングテール商品はグラフが反応しないことがあるということ。

Keepaでもデルタトレーサーでも同様の現象が起きます。

この段階で、「Keepaは反応していないけど、実際には売れている商品」と判断してもOKですが、売れている商品なのかまだ確信が持てない人もいるかと思います。

こういったときは、全期間でもチェックします。

過去にさかのぼると、Amazon本体が16,000円〜20,000円で出品していた時期はそこそこ売れていますね。

つまり、需要はある商品だということがわかります。

なので、先ほどの赤丸の箇所も売れている可能性が高いと判断できます。

こんな感じで、過去の需要を判断すればランキングのグラフが動いていなくても、売れる商品なのかどうかは判断することができます。

※ヤフオクとかメルカリで需要を判断してもOK。

 

ちなみに仕入れ判断についてですが、この商品を15,000円で見つけた場合、仕入れますか?

直近の相場でいうと、赤丸をつけた5ヶ所の価格ですが、左から

  • 20,900円
  • 26,800円
  • 23,100円
  • 16,335円
  • 29,800円

こういった価格になっています。

私だったら仕入れます。

  • 過去相場をみても、2万円弱であれば売れるので赤字にはならなそう
  • 直近の反応をみても中古商品は即売れが多い(需要と供給がやや崩れ気味)
  • ライバル出品者数がほぼいない

こういった理由から、高い値付けでも売れる可能性が高いと判断できるからです。

もしかしたら、売れるのに時間がかかってしまうかもしれませんが、許容できるのでリスクには感じない商品です。

仕入れ判断は人それぞれですが、私はこのように判断します。

ちなみにですが、ツイートした「売れてる」と記載したところは、私が15,000円で仕入れて29,800円で売った形跡です。

今回は高額な商品が例になっていますが、仕入れ判断の1つの参考にしていただければと思います。

 

中古メディアで稼ぐ無料メルマガ配信中

中古メディアで稼ぐスキルが身に付く無料メルマガを配信中です。

>>無料メルマガ登録はこちら

-コラム