アプリ・ツール

【マカド!の出品効率を大幅にアップ】せどりすとプレミアムとの連携で一括出品しよう!

2020年9月8日

マカド!を使った出品では、セラーセントラルから1商品ずつ出品するより効率的に出品をすることができます。

とはいえ、1商品ずつ出品しなければいけないので意外と面倒ですよね。

そこで便利なのがマカド!とせどりすとプレミアムを利用した商品登録。

「せどりすとプレミアムのCSVメール送信機能」を使うことで、せどりすとプレミアムの仕入れリストにある商品をマカド!で一括出品登録することができます。

せどりすとプレミアム利用者限定となってしまいますが、出品作業効率を大幅にアップさせることができます。

  • マカド!での出品をもっと効率化したい
  • マカド!とせどりすとプレミアムの連携方法を知りたい

といった方には役立つ情報となりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

CSV出力による出品登録の方法

せどりすとプレミアムでは、検索した商品をリスト管理ができますが、仕入れリストに登録されている商品をCSVファイルとしてメールで送信できる機能があります。

このCSVファイルを利用し、マカド!にアップロードすることで、一括出品登録をすることができます。

しかも、せどりすとプレミアムで入力したSKU、仕入原価、個数、出品価格、コンディション、配送ルート、商品説明文をそのままマカド!に引き継ぐことができるので、
マカド!で入力する項目が少なくなり、出品がさらに楽になります。

手順としては下記のとおり。

  1. せどりすとプレミアムの仕入れリストをメール送信
  2. マカドにCSVをアップロードして出品登録

解説していきます。

せどりすとプレミアムから仕入れリストをメール送信

まずは、せどりすとプレミアムから仕入れリストをメール送信するまでの手順を紹介します。

※仕入れ商品はせどりすとプレミアムの仕入れリストに追加しておきましょう。

①仕入れリスト上部のエクスポートアイコンをタップします。

 

②「リストをメールで送る」をタップします。

 

③「通常リスト」をタップします。

iPhoneの場合、人によってはこのタイミングでアプリが落ちてしまうことがあります。

原因としては、iPhoneにメールアカウントの設定をしていないためです。

解決方法は以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

関連記事:【せどりすとプレミアム】CSVメール送信で落ちる時の対処法を紹介【iPhone版】

 

④メール画面が表示されるので、宛先を入力して、送信ボタンをタップします。

これで、仕入れリストのメール送信が完了します。

マカド!にCSVをアップロードして出品登録

次に、メール送信したCSVファイルをダウンロードして、マカド!にアップロードします。

①PCから受信したメールを開き、CSVファイルをダウンロードします。

②マカド!から出品画面を開きます。

「参照」ボタンをクリックして、メールからダウンロードしたCSVファイルを選択します。

 

③「商品登録用CSVをアップロード」ボタンをクリックすれば、マカド!への出品登録が完了です。

 

せどりすとプレミアムで以下の項目が設定できるので(項目によっては既定値設定が可能)、あらかじめ設定しておくことでマカド!でそのまま引き継ぐことができます。

【仕入れCSVの項目(左)とマカドの出品する項目(右)との関連】

  • SKU:SKU
  • ASIN:ASIN
  • 仕入原価:下限価格と仕入れ価格
  • 個数:個数
  • 出品予定価格:出品価格
  • 出品コンディション:商品コンディション
  • 出品種別:配送ルート
  • 出品コメント:説明文

※SKUは、[仕入日-カテゴリ-出品コンディション-ASIN-仕入原価]の形で生成されます。(例)20191126-software-N-B0001ACMWS-1302

※価格改定モード・リードタイム・配送設定・支払い方法・上限価格は別途、商品取り込み後入力する必要あり。

 

また、中古の場合は、

  • 細かい商品状態の記載
  • 画像アップロード

といったことは必要ですが、あらかじめ登録されている商品に追加していくだけなので、はるかに効率的になります。

CSVによる出品登録をすることのメリット

せどりすとプレミアムのCSVを使うことのメリットを解説します。

出品作業の効率化

仕入れリストにある商品CSVをアップロードするだけで出品登録できるので、

  • セラーセントラルで1商品ごとにバーコードスキャンして登録する
  • マカド!で1商品ずつバーコードスキャンして登録する

といったことをする必要はありません。

「1商品ごとにスキャンして登録する」というのはけっこう手間がかかりますよね。

CSVアップロードを利用すれば、まとめて出品登録されるので、かなりの手間を省くことができます。

実際に利用してみると分かりますが、めちゃくちゃ楽なのです。もう1商品ずつ出品するなんて考えられないですね。

また、バーコードリーダーも不要になります。

隙間時間に出品管理ができる

せどりすとプレミアムで、仕入れリストの商品に設定するデータを充実させておけば、マカド!で設定する項目数も少なくてすみます。

そんな仕入れリストの設定もほとんど既定値設定できますし、その他に入力が必要な項目も電車移動中や休憩中などの隙間時間にサクッとできてしまいます。

もちろん、せどりすとプレミアムで既定値だけ設定しておいて、その他の入力項目はマカド!で入力するといったことでもOKです。

出品作業のスタートダッシュ

せどりすとプレミアムの仕入れリストに商品情報が登録されている時点で、ほぼ出品データは揃っている状態です。

「これから1から出品だ」という感覚ではないので、出品へのハードルが一気に下がります。

出品が嫌いでサボりがちという人も多いかと思いますが、マカド!とせどりすとプレミアムの連携出品を利用すれば、出品のスタートダッシュができます。

まとめ

マカド!とせどりすとプレミアムの仕入れリストCSVを利用した出品方法について解説しました。

せどりすとプレミアムで検索して仕入れリストに登録しておけば、あとはCSVファイルをマカド!からアップロードするだけで一括出品登録ができます。

めちゃくちゃ簡単ですし、出品作業がかなり効率的になります。

1商品ずつ出品する方法には戻れなくなりますよ。

マカド!なら価格改定と在庫管理、せどりすとなら検索のみ、といった機能しか使っていない人がほとんど。

各ツールが連携できて作業効率がアップできるような仕組みがあるので、利用しないともったいないです。

ぜひとも利用してみてください。

関連記事:マカド!の優れた機能やデメリットを解説!実益と効率化を求めるならマカド!に決定

-アプリ・ツール
-