コラム

この商品を仕入れることができたら少数派せどらーです

こんにちは、くりすぷです。

今日は、店舗で見かけたときに「おぉ、これは面白そう」と思った商品が売れたので紹介します。

その商品はこちら。

NHK交響楽団 1970年代編 ベートーヴェン:交響曲 第9番 「合唱 」ニ短調 作品125 ('73 - '79) 8枚組 (xrcd)

 

この記事のアイキャッチ画像でもわかりますが、仕入れ値は15,000円です。

ラベルには8月とありますが、10月に仕入れたもの。クラシックCDということもありますが、店舗に2ヶ月くらい残っていたことになります。

仕入れたときはAmazon出品者なし。

Keepaとデルタトレーサーのリンクをはっておきますが、仕入れ対象とする人はいるでしょうか。

Keepaはこちら

デルタトレーサーはこちら

ジャンルがCDなので「出品できない」という人もいるかもしれませんが、自分のジャンルに当てはめてみて下さい。

 

仕入れ値がかなり高いし、確信の持てるデータが取れないので、おそらくスルーする人も多いのではないでしょうか。

ただ、私の中では「80%くらいでイケる」と思った商品です。

過去1年のグラフだとこんな感じで、グラフが反応していない箇所もありますが、だいたい15,000円〜20,000円くらい、高いときだと25,000円くらいで売れています。

 

過去1年間の出品は、出品された商品はほとんど10日くらいで売れているので、十分に需要のある商品だと言えます。

この段階で仕入れにチャンレンジしてもいいレベルですが、もう少し掘り下げていきます。

 

仕入れたときは出品者なしだったのですが、どのくらいで売れるポテンシャルがあるのか。

これを調べるには、過去相場をチェックします。

かなり前のデータですが、3万円くらいでは売れる商品だとわかります。

 

他に3万円で売れる後押しとなる要素があるのか。

この商品の場合、以下のようなことが考えられます。

  • クラシックでは鉄板のベートーヴェンのボックスもの
  • 高音質のXRCD

ちなみに、XRCDは超高音質CDのこと。クラシックを聴く人は音質にこだわりのある人が多いので、高くても買ってくれます。

それに、出品者数をみるとわかりますが、出品者数が増えるリスクはほぼありません。かなり好条件で出品することができます。

 

それでは、この商品を仕入れるとどういったリスクがあるのか。

この商品の損益分岐点は19,000円くらい。2万円くらいであれば、10日くらいで売れる商品ですが、15,000円くらいまで相場が下がると赤字になってしまいます。

この可能性があることは、受け入れなければいけません。

ただ、ここ1年の反応をみている限り、2万円であればすぐに売れる可能性が高いので、それほど赤字リスクに怯える必要はないです。

それに、安めの出品者がでてきてもすぐに売れる可能性があるので、寝かせる余裕があれば高値待機も1つの選択肢。

あとは仕入れ値が許容できるかどうかですね。

 

ということで、実際に仕入れて販売したわけですが、以下のような結果に。

15000円仕入れ→36800円販売
利益:15000円

出品してから2週間で売れていきました。

ちょっと安売りしすぎましたね。もっと高値で行くべきでした。

今回のような商品は敬遠する人も多いと思いますが、私は余裕で仕入れ対象です。

今回の商品は、

  • 仕入れ値が高い
  • 過去1年はグラフがほとんど反応していない
  • 3万円以上で売れる確信が持てるデータが少ない

このような理由から、仕入れをスルーする人がほとんどかと思います。

リサーチをしていて、不確定要素がある商品の場合は、

  • 自分にとってリスクが少ない商品であること
  • リスク以上に大きなリターンが狙えること
  • 大きなリターンが狙える”根拠”があること

これらを意識してみてくださいね。

特に、売れる根拠を持てることが重要です。

もちろん、自信がない場合はスルーするのが一番です。

それでは、また。

 

中古メディアで稼ぐ無料メルマガ配信中

中古メディアで稼ぐスキルが身に付く無料メルマガを配信中です。

>>無料メルマガ登録はこちら

-コラム