せどり全般

【意外とシンプル?】専業中古メディアせどらーの作業環境を公開します

2020年10月30日

今回はちょっと変わり種の記事として、専業中古メディアせどらーである私の作業環境を公開したいと思います。

扱っているジャンルは中古メディア(本、CD、DVD)。他のせどらーさんの作業環境がどんな感じなのかわかりませんが、意外とシンプルな感じかと思います。

「自分以外のせどらーってどんな感じの環境なのか気になる」という人の参考になればいいなと思います。

専業中古メディアせどらーの作業環境

デスク(メインの作業場所)

メインの作業場所であるデスクはこんな感じ。

  • デスクトップPC
  • ウルトラワイドモニター
  • ゲーミングキーボード
  • ゲーミングチェア

ディスプレイは、先日デュアルディスプレイからウルトラワイドモニターに変えました。詳細はこちらの記事「電脳仕入れやせどりの作業効率UP!ウルトラワイドモニターに変えてみた!」で紹介しています。

私はブログを書いたりするので、多少高くてもゲーミングキーボードにしています。安物のキーボードとは違って、タイピングもスムーズですし安定性があります。

デスクトップPCに関しては本当は処分したいのですが、Windowsでしか使えない電脳ツールとかもあるので仕方なく使っている感じです。

MacBookをもっているので、家で作業する時はMacBookとモニターを接続して作業するというのが理想なのですが。

出品の時は商品を机の上に置いて順に出品していく感じです。

床にプリンタを置いているのですが、普段は足置き場になっています(笑)

デスク横(納品用段ボール)

デスク横はちょっと汚いのですが、

  • 出品物の入った段ボール
  • FBA納品に使うクッション材を入れた段ボール

が置いてあります。

私の場合、仕入数は比較的少ないほうなのでとりあえず納品用の段ボールに入れていくようにしています。

以前は床の上に放置してたのですが、どうも床が散らかることによりモチベーションの低下につながってしまうようなので、散らからないようにしています。

クッション材はお店で買うことはせず、電脳仕入れで送られてきたプチプチや紙をそのままFBA納品用に利用しています。

ただしちょっと汚くなりすぎるのがネックなので本当は置きたくありません。クローゼットに格納しようか迷っています。

棚(道具、梱包資材など)

デスクの横に棚が置いてあり、そのうち2つのスペースにはせどりで使うアイテムを置いてます。

上の段は出品で使う道具だったり、レシートなどを保管するファイルが置いてあります。

下の段は未出品在庫(トレンドの仕込み、ダブりなど)を置いています。

上の段には、

  • セロハンテープ
  • アルコールスプレー
  • ディスククリーニングクロス
  • プリンタ用紙&FBA用ラベル

など、出品時に使うものですね。

白いボックスの中はこんな感じ。

  • 接着剤(商品を補修するときに利用)
  • プリンタのインク(予備)
  • 配送業者の伝票(最近は匿名配送なのでほぼ使わない)
  • 文房具(せどりでは使わない)

など、たまにしか使わないものを収納しています。

 

梱包で使うOPP袋は、8cmシングル用〜一番大きいサイズまで用意しています。かなり大きいので収納場所はベッドの下の引き出しがちょうど良いのでここにしています。

 

悩みどころなのが撮影キット。

棚の上に置いているのですが、サイズが合わなくてはみ出てます(笑)

できるだけ大きめが良いかなと思ってはみ出るのを覚悟で買ったのですが、だいぶバランスが悪くなってしまいました。

もう1サイズ小さいのにしようか考え中です。

その横のスペースには、仕入れた商品が段ボールに入りきらなくなった場合に置くようにしています。(ここに置くようになってくると出品をサボっている証拠になります)

 

DVDの交換用ケースはクローゼットのスペースに置いています。

私は頻繁に交換するわけではないのですが、まとめ買いの方が安いので大量購入しています。

CDケースは先ほどの棚の引き出しの中です。

CDケースとDVDケースの収納場所がバラバラなので統一したい(汗)

中古メディアせどりをしていてデメリットに感じるのが、交換用ケースの置き場所を確保しなければいけないこと。結構スペースを圧迫するんですよね。

もう少し減らしてコンパクトにしたいのですがどうしたものか。

せどり専用の部屋が欲しいといえば欲しい

本当はせどり専用の部屋が欲しいのですが、家賃を上げなければいけないので固定費が上がってしまいます。

それに私のせどり規模からいって、せどり専用の部屋がなくてもやっていけるレベルです。

とはいえ、せどり専用の部屋があればもっとシンプルに綺麗にできるのにな〜といった感じです。

中古メディアは、交換用ケースやOPP袋が必要になるので、ある程度スペースを持っていかれてしまいますね。

ということで、私の作業環境の紹介でした。

関連記事:【本せどり】中古本のクリーニング方法を解説【手間をかけなくてOK】

関連記事:中古CD・DVDせどりのクリーニング方法を紹介【意外と簡単】

-せどり全般