アプリ・ツール

【おすすめ】電脳せどりの効率がアップするツール7選!【現役せどらーが厳選】

2021年5月19日

場所を選ばずに仕入れが出来る「電脳せどり」。

  • 電脳せどりを始めたけど、どんなツールを使ったらいいかわからない
  • 電脳せどりのリサーチを効率的にしたい
  • 電脳せどりにおすすめのツールを知りたい

こんな風に思っている人は多いはず。

そこで本記事では、電脳せどりの効率がアップするツール7選を紹介したいと思います。

電脳せどりに使えるおすすめツール7選

電脳せどりに使えるおすすめツール7選を紹介します。

デルタトレーサー

商品のランキングチェックツールとして、仕入れ判断には欠かせないデルタトレーサー。

デルタトレーサー公式サイト

月額2200円(税込)で利用できます。

主な機能は以下のとおりです。

  • 現在の出品状況
  • 直近の販売個数
  • 利益計算
  • 他モール横断検索(楽天市場、ヤフーショッピング、PayPayモール、最安値から3商品が表示)
  • ランキング変動グラフ
  • ランキング変動のテキスト表示

デルタトレーサーがあれば、仕入れ判断から利益計算まですべて完結します。

ブラウザの拡張機能もあるので、Amazon商品ページにそのままデルタトレーサーを表示することもできます。デルタトレーサーの拡張機能については、こちら「NEWTYPEデルタトレーサーのブラウザ拡張機能の使い方を解説!」で解説しています。

デルタトレーサーの特徴

  • 仕入れ判断ツールとして最適
  • 他モール横断検索で電脳仕入れが可能
  • 利益計算ができる
  • Amazon商品ページにデルタトレーサーを表示(拡張機能)
  • 商品検索結果一覧にKeepaを表示(拡張機能)

デルタトレーサーは、仕入れ判断だけでなく、他機能も使いこなすことで仕入れ量アップにもつなげることができます。デルタトレーサーについては、こちら「【レビュー】有料版デルタトレーサーの使い方やメリット・デメリットを徹底解説!」で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

Keepa

ランキングデータで仕入れ判断をしつつ、Amazon刈り取りもしたい人はKeepaがおすすめ。

Keepa

Webサイトと拡張機能があります。

無料で使うことができますが機能が制限されるので、有料版を使うのがおすすめ。月額15ユーロ(約1800円)で利用できます。

Keepaの基本機能は以下の通りです。

  • 価格履歴グラフの表示
  • 価格履歴グラフをAmazon商品ページに表示
  • 商品のトラッキング
  • ライバルセラーの在庫数表示

細かいデータが見れるのはメリットですが、スマホでの操作がしにくいのでスマホ利用には向いていません。

Keepaの特徴

  • トラッキング機能で刈り取りが可能
  • 細かなデータが見れる
  • スマホでの操作に難あり

Keepaについては、こちら「Keepaの機能や精度について解説【せどりの仕入れ判断に必須】」で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

モノサーチ

リサーチ効率化ツールとして便利なのがモノサーチ。

GoogleChromeの拡張機能として使えます。無料版と有料のPro版がありますが、無料版で十分です。

モノサーチ拡張機能

Web版もあります。

モノサーチWeb

モノサーチの主な機能は以下のとおりです。

  • 他サイト商品検索(1クリック)
  • 他サイト最安値ショップ検索
  • Amazon検索結果にKeepaグラフを表示
  • ドックの表示

楽天市場、ヤフーショッピング、デルタトレーサーなど、好きなサイトを1クリックで表示できるのがメリット。ASINや商品名をコピーして検索する必要がなくなります。

また、新品・中古の最安値ショップを一覧表示してくれるので、電脳仕入れにも効果的です。

モノサーチの特徴

  • 電脳リサーチの効率アップ
  • 他ショップの表示が1クリックでOK
  • 最安値ショップ一覧で電脳仕入れも可能

モノサーチについては、こちら「【せどり効率化ツール】モノサーチの機能や使い方、メリット・デメリットを解説!」で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

トラッキングマネージャー

トラッキングマネージャーは、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングを対象とした、刈り取り仕入れを効率化するツールです。

トラッキングマネージャー公式サイト

月額3480円(税込)で利用できます。

トラッキングマネージャーの特徴

  • 1日の登録件数が無制限
  • 通知頻度も30分間隔なので、Keepaに比べて有利
  • Amazonだけでなく、楽天市場、ヤフーショッピングにも対応

月額3480円はかかってしまうものの、Amazonの他に楽天市場やヤフーショッピングの刈り取りができるのは大きなメリット。

トラッキングマネージャーについては、こちら「【レビュー】刈り取りツール「トラッキングマネージャー」の機能や使い方を解説!」で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

BidMachine

BidMachineはヤフオクの自動入札ソフト。

BidMachine公式サイト

無料版と有料版があります。

自動入札機能は、無料版だと月に10件までなので、無制限になる有料版にしたほうがいいです。

また、オークションアラート機能を使うことで、新規出品された商品を確認することができるので、リピート仕入れにも最適です。無料版でも500件までアラート登録できます。

ただし、メールで通知してくれるわけではないので、BidMachineを起動して確認する必要があります。

BIdMachineの特徴

  • ヤフオクの自動入札に便利
  • オークションアラート機能でリピート仕入れに最適

マカド!

価格改定ツールとして優秀なマカド!ですが、電脳リピート仕入れにも便利です。

マカド!公式サイト

マカド!の販売一覧には、

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • ヤフーショッピング
  • 楽天市場

のアイコンが表示されており、このアイコンをクリックすると、各サイトの商品ページを表示することができます。

利益が取れそうならそのまま仕入れをすればOKなので、リピート仕入れ力がアップする機能になっています。

マカド!の特徴

  • 価格改定ツールとしても文句なし
  • 電脳リピート仕入れ機能が優秀

マカド!については、こちら「せどりツール「マカド!」レビュー!機能やメリット・デメリットを解説!」で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

セドリオンPro

セドリオンProは、Yahoo!ショッピング、楽天市場を対象として自動リサーチしてくれる電脳仕入れツール「セドリオン」の上位版です。

セドリオンPro公式サイト

現在セドリオンはサービス終了となり、セドリオンProのみサービスが利用可能で、月額12800円となっています。

私はセドリオンProは現在利用していませんが、セドリオンは利用していて便利ツールとうこともあり、セドリオンPro版も紹介しておきます。

セドリオンProの主な機能は以下のとおりです。

  • ショップを商品情報をリサーチしながら、楽天やヤフーにある他のショップからも利益が取れないかリサーチする「ディープクローリング」機能
  • ライバルセラーの出品している商品を抽出し、他のネットショップから仕入れが出来ないかリサーチする「セラーハック」機能
  • 在庫リストのASINやJANをもとに、Amazon、ヤフー、楽天でのリサーチを一度に行うことができる「コードリサーチ」機能

ただし、「コードリサーチ」と「セラーハック」は中古には対応していないので、中古せどらーには今のところ向いていません。これらの機能を目当てで利用するなら新品せどらーに限られます。

セドリオンProの特徴

  • 自動リサーチツールの中では優秀
  • セラーハックで利益商品がまるパクリできる
  • 在庫リストの自動リサーチでリピート仕入れが可能
  • 月額料金は高い

セドリオンについては、こちら「セドリオンを使ってみた感想やメリット・デメリットを紹介!着実に仕入れ量アップ!」で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

まとめ

電脳せどりの効率がアップするツール7選を紹介してきました。

電脳せどりは、膨大な商品の中から利益商品を探していかなければいけません。もちろん、自分のリサーチスキルも大事ですが、うまくツールを使うことで効率的に仕入れを行っていくことができます。

自分に合うツールを見つけて、電脳せどりを効率化していきましょう。

-アプリ・ツール