コラム

2021年の中古メディアせどり

2021年3月1日

今回は2021年の中古メディアせどりについて、今の自分の考えを書いていきたいと思います。

2021年の本せどり

今年でせどり歴も6年目に突入ですが、あらためて思うのは本せどりの安定感は抜群だということ。

本せどりも昔に比べて厳しくなったと言われてますが、それでもまだまだ安定感があります。

そもそも本せどりが厳しくなったと言われるのは、ブックオフの単品管理とAmazon手数料の値上げが原因です。

ただ、ブックオフ店舗ではいまだにプレミア価格は導入されていないですしトコロテンも多いです。

CDやDVDをやっている人はわかると思いますが、これがどれだけ美味しいことか(笑)

2021年の本せどりも、大きな変化がない限り安定して稼げるジャンルだと思います。

狙い目も例年どおりでOKかなと。

ちなみにですが、本せどりの大きな変化として、

  • ブックオフ店舗でプレミア価格導入
  • トコロテンの廃止
  • 本の取り扱いの大幅縮小

といったことがない限り、本せどりで稼ぐことに大きな影響はないと思っています。

ヤフオクのブックオフオークションでは、本もプレミア価格が導入され始めているので、気になるのは店舗でも導入されるのかどうか。

もし導入されるとしたら、さすがに痛手を追うせどらーが多くなると思います。

私も痛手を負います(笑)

なのでブックオフ店舗で本のプレミア価格が導入されるかどうかは、毎年注目しています。

というかなんで導入しないんですかね。Amazon相場に合わせるとまではいかなくても、プラス1000円でも2000円でもせどらーは買うのにと思うのですが。

※ちなみに一部の店舗の一部のジャンルではプレミア価格が導入されています。

2021年の中古CDせどり

中古CDせどりに関しては、取り扱い比率が下がっているので、語れるほどの内容がありません。

CDの取り扱いが全体的に下がってきていて、継続的に取り組んでいるクラシックCDの比率が高い状態です。

他のジャンルはやめて「クラシックに絞った方が効率がいいのではないか」とさえ思っています。

いずれにしても、店舗でのCD仕入れは得意ではないので(背表紙薄いので見にくいw)、ここしばらくはCDはほとんどチェックしなくなりました。

店舗での苦手な仕入れも、電脳仕入れであれば影響を受けないので、電脳仕入れで活路を見出したいと思っています。

2021年の中古DVDせどり

中古DVDせどり、だいぶキツくなりましたね。

ブックオフの店舗仕入れにおいてのみの話ですが。

私が中古DVDを取り入れたのが2016年ですが、この頃はブックオフ店舗の値付けもめちゃくちゃ緩かったです。

中古DVD専門のせどらーでない私でも、DVDでカゴいっぱいに仕入れができる時期でした。

それが2019年には、全体的に価格が上がってきて「以前より厳しくなってきたな」と体感するように。

それに、1つ変化を感じたのがロングテール商品の価格です。

ブックオフではロングテール商品の値付けは緩かったのですが、少しずつですがロングテール商品の価格もAmazon価格に近くなってきました。

そして、2020年はかな〜り値付けが厳しくなっています。

ロングテール商品だろうとなんだろうと、ほぼネット相場と同じような商品ばかり。

「いやいや、余裕でAmazon中古相場より高いでしょ」みたいな商品もけっこうあります。

価格差のある商品もまだありますが、以前に比べてかなり少なくなっていますし、現在のブックオフ店舗の値付けだと、中古DVDせどりの基本戦略である高値販売すらしにくい商品がほとんど。

とはいうものの「中古DVDせどりはオワコンなの?」というと、そんなことはないです。

  • 価格差のある商品(以前ほどではないけど)
  • トレンドの仕込み
  • セット販売(以前ほどではないけど)
  • ブックオフのDBにない商品(価格のみのラベル)
  • 大型コーナーの割引

ブックオフ店舗でもまだまだ稼げる要素はあります。

ただ、以前に比べて厳しくなっているので、見るべきポイントをしっかり抑えて、利益商品を見逃さないことが大切かなと。

ブックオフのデータベースも年々強化されているので、2021年はさらに厳しくなるのかチェックしていきたいですね。

とはいえ、中古DVDせどりは全然稼げますし、店舗だけでなく電脳仕入れを取り入れることで、まだまだおいしいジャンルといえます。

まとめ:なんだかんだいっても2021年もやることは変わらない

中古メディアせどりに対する現在の考えを書いてみました。

中古DVDに関しては、ブックオフ店舗せどりは厳しくなりましたが、自分の引き出しが多ければ影響は少なくて済みます。

複数ジャンルやって、店舗も電脳もやる。

今年も本、CD、DVDをやりますし、狙い目もまったく同じです。

高利益ロングテールを主軸にせどります。

2021年はどんな変化があるかわかりませんが、店舗も変化していくわけですから、せどらーとしても変化していかなければいけません。

ということで、今年もせどり頑張りましょう。

-コラム