ブログ運営

【3テーマ経験】WordPress有料テーマのメリット・デメリットを解説!

  • WordPressのテーマは無料がいいのか有料がいいのか迷っている
  • WordPressのテーマは有料がいいって聞くけど、どんなメリット・デメリットがあるのか知りたい

こんな疑問に答えたいと思います。

無料のテーマの場合、

  • 金銭的コストがかからない
  • お金がかからないので、いつでもテーマ変更しやすい

このようなメリットがあります。

それでは、有料テーマはどういったメリットがあるのか。そして、どういったデメリットがあるのか。

この記事を書いている私は、有料のWordPressテーマ「AFFINGER(アフィンガー)」を利用していますが、今まで3つの有料WordPressテーマを使ってきました。

これまでの経験から、WordPress有料テーマのメリット・デメリットを解説したいと思います。

無料のテーマにするか、有料のテーマにするか迷っている方の参考にしていただければと思います。

WordPress有料テーマのメリット

WordPress有料テーマのメリットを解説します。

簡単に綺麗なサイトデザインにできる

有料テーマは、すでにデザインされているテンプレートが用意されているので、そのテンプレートをインストールするだけで、だれでも簡単に綺麗なサイトデザインにすることができます。

例えば本記事で利用している「アフィンガー」の場合、以下のようなテンプレートが用意されています。

おしゃれなデザインテンプレートが複数用意されているので、自分の好みに合うテンプレートをインストールするだけです。

  • どんなサイトデザインにするかまだ決まっていない
  • デザインのやり方の知識がない
  • デザインは後回しで、とりあえず記事を書くことに集中したい

こんな風に思っている人には、大きなメリットになります。

カスタマイズがしやすい

有料テーマはカスタマイズ機能が豊富なので、デザインやレイアウトを自分好みにカスタマイズしやすいです。

テーマの管理画面に、カスタマイズに必要な項目が表示されるので、カスタマイズしたい項目を変更していくだけ。

Webデザインの知識を学ぶ必要もなく、簡単に自分のサイトをカスタマイズしていくことができます。

また、記事装飾パーツも豊富なため、簡単に見やすい文章に仕上げていくことができます。

無料のテーマだと、記事装飾パーツが少ないため「こんなボックスを使いたい」「こんなリストを使いたい」といった場合、自分でCSSを使ってパーツを自作する必要があります。

有料テーマだと、豊富な記事パーツが用意されているので、自作の必要がありません。以下のような感じで、サクッと記事装飾することができますよ。

SEO対策がしっかりしている

有料テーマはSEO対策も優れています。

無料テーマでもSEO対策がされているテーマもありますが、不十分なことも多く、それを補うために、自分で対策をしたり、プラグインを入れる必要があったりします。

有料テーマには、以下のような対策もされていることが多いですが、これを自分でやろうとすると大変です。

  • レスポンシブ対応
  • AMP機能
  • サイトスピードのアップ

自分でSEO対策をする場合、「やるべき対策を調べる→実施する→結果を確認する」といったサイクルを繰り返す必要があるので、かなりの手間がかかります。

有料テーマであれば、手入れをする必要がないくらいの対策が施されているので、余計な手間が省けます。

情報量が豊富

有料テーマは情報量が豊富なのもメリットです。

有料テーマは「操作マニュアル」が充実していますし、テーマによっては「サポート」や「フォーラム」を提供しているので、わからないことがあれば簡単に調べることができます。

また、すでに有料テーマを使っている人が、たくさんの情報を発信してくれています。

ネット上にも情報が豊富なので、

  • こんなカスタマイズがしたい
  • ここのパーツをこうしたい
  • 設定の仕方がわからない

こういったことは、調べればすぐに解決できます。

「調べればすぐに解決できる」というのは、初心者の方にとっても安心できます。

時間を圧倒的に節約できる

これまでのメリットをみてきた通り、無料のテーマに比べて圧倒的に時間の節約になります。

  • デザインの知識は不要
  • SEO対策もされている
  • カスタマイズも簡単

無料のテーマであれば時間をかけなければいけないことが多く、知識がない人だと膨大な時間がかかってしまうことも。

有料テーマであればほとんど時間をかける必要がないため、記事を書くことに集中することができます。

ブログやサイトを運営するのは、記事を書いて価値を提供することなので、他のことで時間を取られないメリットは大きいです。

WordPress有料テーマのデメリット

WordPress有料テーマのデメリットを解説します。

価格が高い

有料テーマの一番のデメリットが、価格が高いことです。

相場としては10,000円〜18,000円くらいが、一般的な有料テーマの相場となっています。

多くの機能が詰め込まれていて、時間の短縮になるメリットがある分、高くなってしまうのも仕方がないのかもしれません。

テーマ変更時に手間がかかる

有料のWordPressテーマは、使いこなしている人ほど、他のテーマに変更する場合に、手間のかかる作業が多くなります。

以下の2点がデメリットになります。

  • デザインの再カスタマイズ
  • オリジナルショートコードの変更

サイトデザインを自分好みにたくさんカスタマイズしている場合、他のテーマでもまた1から作り直さなければいけません。

また、有料テーマには、オリジナルのショートカットコードが用意されています。ショートカットコードは、よく使うパーツや定型文、レイアウトなどを簡単に呼び出せるようにした独自のコードです。

例えば、アフィンガーでブログカードを表示したい場合、以下のようなショートカットコードを利用します。

[st-card myclass="st-no-shadow" id="" label="参考" pc_height="" ・・・・・

これは、アフィンガー独自のコードになるので、他のテーマに変更した場合、何も意味をなさなくなります。

変更後のテーマの「ブログカードを表示するコード」に変更する必要があります。これがけっこう面倒で、記事数が多くなればなるほど作業量が増えます。

実際に私も過去に2回ほど有料テーマの変更を行っていますが、上記2つの作業がちょっと大変でした。

まとめ

WordPress有料テーマのメリット・デメリットを解説してきました。

無料テーマはコストはかかりませんが、それなりの知識も必要になってきますし、なんといっても時間をかなり取られます。

有料テーマは費用はかかるものの、手間を最小限に抑えてサイトを作ることができるので、圧倒的な時間の節約につながります。

そして、機能性にも優れているので、自分好みのサイトに育てていくこともできますし、サイトの運営もしていきやすいです。

有料テーマには以下のようなものがあります。

詳しくはこちら「【初心者OK】WordPressのおすすめ有料テーマ5選【ブログに最適】」で解説しているので、WordPressのテーマを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

ちなみに一番のおすすめはAFFINGER(アフィンガー)です。アフィンガーについては、こちら「【有料テーマ最強】アフィンガーがおすすめな理由やメリット・デメリットを解説!」を参考にどうぞ。

-ブログ運営