せどり全般

せどりの販売先としてのラクマについて【ライバルが少ないので穴場です】

せどりの販売先としては、Amazon、メルカリ、ヤフオクが多いですよね。

この3つ以外にも、最近利用者が増えているのが、楽天が運営しているフリマアプリ「ラクマ」です。

ラクマは、売る側の手数料が安く、買う側は楽天ポイントが使えるので、徐々に利用者数が増えているフリマアプリです。

「そんなラクマは、せどりの販売先としてどうなの?」と気になっている人もいるかと思います。

この記事を書いている私も、ここ最近はラクマも販売先として利用していますが、意外とメリットもあるのでアカウントを育てています。

本記事では、せどりの販売先としてのラクマについて解説したいと思います。

ラクマを販売先として利用するメリット

ラクマを販売先として利用するメリットを解説します。

手数料が安い

ラクマの特徴はなんといっても手数料が安いこと。ラクマの販売手数料は6%です。

メルカリ、ヤフオクと比べてかなり安いです。

手数料比較

  • ラクマ:6%
  • メルカリ:10%
  • ヤフオク:Yahoo!プレミアム会員8.8%(Yahoo!プレミアム会員なし10%)

1万円の商品が購入されたときの手数料は、

  • ラクマ:600円
  • メルカリ:1000円

こんな感じで、金額が大きいとそれなりに違いがでてきます。

他の販路で販売するより、ラクマで販売したほうが利益が残りやすいといえますね。

ライバルが少ない

せどりの販売先としては、Amazon、メルカリ、ヤフオクがメジャーなので、ラクマはまだライバルが少ないです。

メルカリ・ヤフオクでは、同じ商品に対して出品者がたくさんいても、ラクマではほとんどいないといったこともよくりあります。

そのため、意外と早く商品が売れる上に、やや高めの価格設定でも売れたりします。

また、一般の出品者が多くを占めているので、コメントや写真が雑なことが多いです。

コメントをしっかり書いたり、写真をうまく撮ることで、他の出品者と差別化しやすい状態といえます。

購入申請を設定できる

ラクマでは「購入申請」を設けることができます。

購入申請とは、購入希望者から購入申請が入ったら、承認をして取引を始めることができる仕組みです。

1手間かかってしまいますが、購入者がどんな人かを確認してから、取引を始めることができるのがメリット。

あまりにも悪い評価が多い人とは取引をしない、といったこともできるようになります。

設定は自由にできるので、購入者を選びたいときは有効にするといいでしょう。

ラクマを販売先として利用するデメリット

ラクマを販売先として利用するデメリットを解説します。

利用者数が少ない

メルカリやヤフオクに比べると、利用者数がまだまだ少ないです。

他の販売先に比べて、売れるのに時間がかかります。

メルカリ > ヤフオク > ラクマ

といった感じです。

メルカリ、ヤフオクはそこまで大きな差はありませんが、ラクマの販売力は1/3くらいになる印象です。

先ほど紹介したように、販売先としてのライバルは少ないです。しかし、購入者の数が少ないので、やや売れにくいのは否めません。

まとめ

せどりの販売先としてのラクマについて解説してきました。

メルカリ、ヤフオクに比べると、プラットフォームとしての販売力は劣ります。メルカリ、ヤフオクに出品したほうが売れやすいのは確かです。

ただし、ライバルも少ないので、販売先としては十分にアリだと思います。

メルカリ・ヤフオクの出品者数は多いけど、ラクマの出品者は少ないといった場合、ラクマで出品するのも1つの手段になります。

いまのところ、サブ的な位置づけでの利用がいいかもしれません。

メルカリの牙城は揺るがない気はしますが、これからラクマも伸びてくる可能性もゼロではないので、今のうちに評価をためておいてもいいかもしれませんね。

-せどり全般