コラム

積極的にロングテール商品を仕入れる理由【メリットは大きい】

2021年11月5日

せどりにおいて、高利益が狙えるとしても回転の遅いロングテール商品の扱いについては賛否両論あり、どちらかというと敬遠されがちです。

私はロングテール商品を積極的に扱っていて、ロングテール商品構築タイプのせどらーです。少数派ですが、こういったタイプのせどらーもいます。

本記事では、ロングテール商品のメリット・デメリット、注意点を解説したいと思います。また、ロングテール商品を在庫に構築することで、どういったせどりを展開できるのかについても解説します。

本記事では、ロングテール商品を「回転は遅いけど高利益が狙える商品」と位置付けて解説していきます。

ロングテール商品のメリット

まずはロングテール商品のメリットを解説したいと思います。

利益額が大きい

なんといっても「利益額が大きい」ことが魅力です。

1商品で1万円以上の利益が取れる商品も多々あります。

利益額が大きければ、扱う商品数が少なくて済むので、労力の節約にもなります。

【利益3000円を取る場合】

  1. 1個300円の利益が取れる商品を10個販売する
  2. 1個3000円の利益が取れる商品を1個販売する

後者の方が明らかに作業量が少なくて済みますよね。

私は過去に「薄利でも利益が取れるのであれば何でも仕入れてみる」ということを試してみたことがあります。

その時は副業でせどりをしていたのですが、仕入れ量は増えるのはいいけど、作業量が多くなってただしんどいだけでした。

その上、思ったより利益が大きくならない。

それであれば、売れるのに時間はかかるけど、少ない取り扱い点数で高利益のものを扱った方がいいのではないかと考えるようになりました。

ライバルが少ないので仕入れやすい

ロングテール商品は敬遠されがちなので、店舗でも電脳でも仕入れやすいのが特徴です。

店舗で品出しされてから数日程度なら残っていることも多いです。

それがたとえセールの日でも、他のせどらーにスルーされていることがあります。

また、店舗仕入れでも電脳仕入れでも、安い価格で仕入れることができるのもメリット。

店舗としては売り上げノルマがあるので、売れにくい商品をいつまでも寝かせておくわけにはいきません。

そのため少しでも購入してもおうと、安い価格で出品していることが多いです。

ロングテール商品のデメリット

ロングテール商品のデメリットを紹介します。

売れるのに時間がかかる

最大のデメリットは、回転が遅いので売れるのに時間がかかることです。

下手にロングテール商品に手を出すと、キャッシュフローが回らなくなって、資金が尽きてしまうといった事態にもなりかねません。

【ロングテールを仕入れない方がいい人】

  • せどり初心者
  • 資金に余裕がない人

ロングテール商品を取り扱う場合は、しっかり回転系商品でキャッシュフローを健全に保ちつつ、高利益のロングテール商品を取り入れる必要があります。

FBA保管手数料がかかる

売れるのに時間がかかるため、AmazonのFBA保管手数料がかかる可能性が高いです。

とはいえ、メディア系商品であれば、1商品あたりのFBA保管手数料も小さいので、あまり気にする必要はないかと思います。

ロングテールでも高利益額のものを仕入れるようにすればOKです。

損切りしにくい

ロングテール商品は損切りがしにくいです。

そもそもの需要が少ないため、安くしたからといってすぐに売れるわけではないからです。

例えば、「損切りしてでも売り切って資金を回収したい」と思っても、そう簡単には売れてくれません。

ロングテール商品の損切りについては、価格を下げて様子を見るのはもちろんのこと、買取を利用するのも1つの手段です。

安く買い取られてしまいますが、すぐに現金にできるメリットがあります。

ロングテール商品に対する考え

元々、単Cせどりから始めたこともあり、薄利多売のせどりをしていました。

順調に利益を伸ばしてはいたものの、副業せどりということもあり限られた時間でせどりをしていると、徐々に自分の時間がなくなってきたんですね。

取り扱い点数が多い割には、利益はあまり大きくない。

こういった理由から、せどりを始めて早い段階から「薄利多売からは抜け出そう」と考えるようになりました。

そこで目をつけたのが、売れるのに時間はかかるけど高利益が狙えるロングテール商品です。

利益として返ってくるのに時間がかかるけど、ゆくゆくは大きな利益となって返ってくるわけで「より少ない労力で利益をとる」ことができます。

それに、せどりにそこまで即金性を求めていたわけではなく、極端な話「数ヶ月単位でみたときに利益がプラスになっていればOK」というくらいの考えでした。

問題はキャッシュフローですが、副業せどりということもあり本業の固定収入があります。

専業とは違い生活費は担保されているわけで、キャッシュフローには余裕があります。最悪、せどりのキャッシュフローがプラマイ0でも生活に影響はないですよね。

たくさん仕込んだ高利益ロングテール商品が、徐々に売れ出してくれば問題ありません。

ロングテール商品でどんなせどりを展開できるのか

ロングテール商品を構築すると、どういったせどりを展開できるのかについて。

高利益なロングテール商品の在庫が増えれば増えるほど、これまで仕込んできたロングテール商品が売れるようになってきます。

遅れて高利益商品が売れてくるようになるので、

普段仕入れている回転系商品+これまで仕込んできた高利益ロングテール商品

こんな流れが出来上がります。

ロングテール商品を仕込んでいくと手元にお金が残りにくいですが、ロングテール商品が売れ出してくると徐々にキャッシュフローも安定してきます。

また、在庫構築の話にもなってきますが、何かしらの理由で「長期間せどりが出来なくなった」という場合でも、これまで築き上げてきた在庫が売れてくれるので、収入はしばらく維持できます。

むしろ、仕入れ代の引き落としがない分、手残りが多くなる状態ですね。

以前せどりから遠ざかっていて仕入れが激減した時期がありましたが、それでも在庫が豊富にあるおかけで、それなりの売り上げが立っていました。

仕入れ代の引き落としが少ない分、手残りはガッツリといった状態でむしろウハウハな感じです。

本来であれば、回転の速い商品だけを仕入れて在庫がすぐにゼロになるのが理想的です。

しかし、回転の速い商品は薄利な商品が多く、作業量が多くなってしまいます。これは、大量に商品を捌ける人向けのやり方です。

副業かつ個人でせどりをしている場合、かなり大変な作業になります。

であれば、売れるのに時間がかかるけど高利益なロングテール商品を仕込むことで「長い目で見て利益を取っていくほうがいい」というのが私の考え。

それに、高利益な商品を仕入れることで取り扱い点数も少なくていいので、自分の時間を確保しつつせどりをしていくことができます。

ロングテール商品の仕入れ判断で注意すべきこと

ロングテール商品を仕入れる際の注意点を解説します。

利益額が大きい商品を仕入れること

ロングテールを仕入れる際は、「利益額が大きい商品を仕入れること」を意識しましょう。

というのも、利益額が低いロングテール商品を仕入れても、ほとんどメリットがありませんし、資金の停滞につながるだけです。

【3ヶ月に1回売れている本】

  • 仕入れ値:5000円
  • 販売額:8000円
  • 利益:1200円

3ヶ月に1回しか利益1200円を取るチャンスがないのに、仕入れ値5000円はあまりメリットがありませんよね。

もし相場が下がったら、利益はほとんど残らないでしょう。

【3ヶ月に1回売れている本】

  • 仕入れ値:5000円
  • 販売額:15000円
  • 利益:7000円

例えばですが、7000円の利益が取れるのであれば、5000円の仕入れ値に対してもたっぷり利益が取れます。

また、利幅が7000円もあれば、ある程度の値下がりリスクにも耐えられます。

ここはその人の状況にもよりますが、出来るだけ利益額の高い商品を仕入れるようにしましょう。

一気に仕入れすぎない

デメリットでも紹介しましたが、ロングテール商品は売れるのに時間がかかります。

高利益が狙えるからといって、一気に仕入れ過ぎてしまうとキャッシュフローの悪化に繋がります。

なので、キャッシュフローの様子を見ながら少しずつ増やしていくようにしたほうがいいです。

ロングテール商品の価格設定

中古商品の場合、相場より高く売る高値販売をすることができますが、ロングテール商品の場合は、無理して高値販売しないことがポイントです。

基本的には最安値付近で売り切ること。

もちろん資金力によりますが、売れるのに時間がかかることを考慮すれば、基本的には最安値付近の価格にすることが基本です。

欲をだして高値販売を狙うことで、商品が売れにくくなってしまっては、資金の停滞につながります。

その人の在庫量にもよりますが、価格改定ツールを使って最安値付近をキープしておくのがおすすめです。

まとめ

ロングテール商品を構築するには、長期的な視点に立つ必要がありますが、地道にコツコツ積み上げていくと、将来的に大きなメリットを得ることができます。

メリット・デメリットを考えつつ「高利益なロングテール商品を在庫に仕込む」ということも、取り入れてみてください。

中古メディアで稼ぐ無料メルマガ配信中

無料メルマガに登録すると、中古メディアせどりで稼ぐために必要な情報がゲットできます。

中古せどりの基礎知識が身に付く

他のせどらーと差をつけるスキルが手に入る

中古せどりで長く稼ぐ思考がインストールできる

メルマガ登録で特別に「中古せどりで稼ぎ続ける5つの基本原則」「中古メディアの販売事例リスト」の特典2つをプレゼント!お気軽にご登録ください。

>>無料メルマガ登録はこちら

-コラム