せどり全般

せどりでおすすめの撮影ボックスを紹介!綺麗にとれば高値販売も可能に!

出品するときは写真を撮っているけど、撮影ボックスってあった方がいいの?

こんな疑問を持っている人もいると思います。

本記事を書いている私は、せどりを始めて2年くらいは、白い壁の前に白い布を敷いて写真を撮っていました。

しかし、撮影ボックスを導入してからは、写真の印象をガラリと変えることができました。

本記事は、撮影ボックスが気になっている方に向けて、せどりでおすすめの撮影ボックスを紹介したいと思います。

中古せどりは写真を掲載すれば高値販売が可能!

中古商品を販売する場合は、写真付きの方が有利です。

中古商品をネットで購入するときは、実際に商品を手にとって確認することができません。そのため、写真を掲載してあげることで、購入者も安心することができます。

例えば「商品に傷があります」と出品コメントに書いても、お客さんからしたら「どのくらいの傷があるの?」と不安な気持ちになります。

そこで商品の写真があると、傷の程度がイメージしやすいです。

写真を掲載してあげることで、写真のない出品者より、

  • 早く売れやすい
  • 高くても売れる

といったメリットが生まれてきます。

「中古商品を扱っているけど写真は撮っていなかった」という方は、まずは以下の記事をお読みください。中古商品の写真を撮ったほうがいいのかどうかは、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:中古せどりの出品は写真付きのほうが有利なの?写真を付ける基準も解説!

そもそも撮影ボックスはあったほうがいいの?

商品の写真を撮るときに、撮影ボックスはあった方がいいのか?

結論からいうと、撮影ボックスがなくても問題ありません。ただし、撮影ボックスを使えば、もれなく綺麗に撮ることができます。

撮影ボックスを使った時と使わない時の写真を比較してみます。

まずは撮影ボックスなしの場合の写真です。

 

こちらは撮影ボックスを使った時の写真です。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、撮影ボックスを使った方が印象はいいかと思います。

先ほども説明しましたが、撮影ボックスがなくても、白い布を壁から垂らす感じでセットするだけで、十分に綺麗な写真を撮ることができます。

ただし、ライトなどは別途用意しなければいけません。また、布のシワシワが出てしまったり、なんとなく暗い印象の写真になってしまうこともありますよね。

そんなときは、撮影ボックスを検討してみましょう。

おすすめの撮影ボックス

今回紹介した撮影ボックスはこちら。

他の撮影ボックスを使ったことがないので比較はできないのですが、十分に綺麗な写真が撮れますし満足しています。

撮影ボックスの中でも比較的リーズナブルかと思います。

折りたたみも可能なので、しまいたいときはコンパクトに収納もできます。

デメリットもあって、ライトは手前側にしかついていないので、たまに背景が暗くなる場合があること。

気になる方は高額なものを購入するか、ライトを追加した方がいいかもしれません。

私は中古メディアを扱っているので小さめの商品が多いのですが、たまにLPサイズ(約30cm x 30cm)の大きめの商品も扱っているので60サイズにしています。

LPサイズを扱わないのであれば50サイズで問題ないかと思います。

以上、せどりでおすすめの撮影ボックスの紹介でした。気になる方はぜひ試してみてください。

-せどり全般