クレジットカード

【意味なし】せどりで楽天ゴールドカードを選んではいけない理由

2020年11月24日

せどりで楽天カードを使っている人のなかには、

そろそろグレードアップを考えているけど、楽天ゴールドカードってせどり的にどうなの?

こんな疑問を抱えている人もいるかと思います。

楽天ゴールドカード公式サイト

結論からいうと、せどりで楽天ゴールドカードはNGです。

楽天ゴールドカードを使うくらいなら、ノーマルの楽天カードにダウングレードするか、楽天プレミアムカードにすべきです。

本記事では、楽天ゴールドカードと他グレードの楽天カードを比較しながら、せどりで楽天ゴールドカードを選んではいけない理由を紹介したいと思います。

楽天ゴールドカードと楽天カード・楽天プレミアムカードの比較

楽天ゴールドカードと他グレードのカード(楽天カード、楽天プレミアムカード)を比較します。

まずは一覧で比較

楽天ゴールドカードと楽天カード・楽天プレミアムカードの違いを表にまとめてみました。

カード種別 楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 無料 2200円(税込) 11000円(税込)
通常還元率 1% 1% 1%
ポイント還元 +2倍 +2倍 +4倍
SPUポイント獲得上限 5000ポイント 5000ポイント 15000ポイント
限度額 最高100万円 最高200万円 最高300万円
誕生月サービス なし +1倍(上限2000P) +1倍(上限10000P)
ETCカード年会費 550円(税込) 無料 無料
空港ラウンジ なし 無料利用可能(年2回) 無料利用可能
国内旅行傷害保険 なし なし 自動付帯
海外旅行傷害保険 利用付帯 利用付帯 自動付帯
プライオリティ・パス なし なし 無料発行(プレステージ会員)

楽天ゴールドカードと楽天カードを比較

上記の表をみるとわかりますが、楽天カードと楽天ゴールドカードにほとんど違いはありません。

楽天ゴールドカードが上回る点は、以下の通りです。

  • 利用限度額が最高200万円
  • 誕生月はポイント+1倍(上限2000P)
  • 空港ラウンジの利用が年2回無料

年会費2200円かかる割には、あまりメリットはありませんね。

この程度のメリットであれば、年会費を払わずに年会費無料であるノーマルの楽天カードを使った方がいいです。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードを比較

年会費

2つのカードの一番の違いとしては、年会費の高さがあります。

年会費の違い

  • 楽天ゴールドカード:2200円(税込)
  • 楽天プレミアムカード:11000円(税込)

税込で8800円もの差があります。この8800円を払う価値があるかどうかで、どちらのカードを作るか考える必要があります。

SPUポイント獲得上限

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードのポイント進呈の内訳は、以下のとおりになっています。

ポイント進呈の内訳

  1. 楽天市場でのお買い物ポイント1倍がベース(通常ポイント)
  2. 楽天カード利用ポイント+1倍(通常ポイント)
  3. 楽天市場での楽天カード利用特典ポイント+1倍(期間限定ポイント)
  4. 楽天市場での楽天プレミアムカード利用特典ポイント+2倍(期間限定ポイント)

④は楽天プレミアムカードのみの特典です。

つまり、楽天市場の買い物でもらえるポイントは、楽天ゴールドカードは3倍のポイント、楽天プレミアムカードは5倍のポイントになります。

上記の期間限定ポイントには、毎月獲得できるポイントの上限が設けられていて、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードでは上限に違いがあります。

毎月のポイント獲得上限

  • 楽天ゴールドカード:毎月5,000ポイントまで(+1倍分)
  • 楽天プレミアムカード:毎月15,000ポイントまで(+3倍分)

2つのカードを楽天市場でどのくらい使うとポイント獲得上限に達するかは、以下のとおりです。

  • 楽天ゴールドカード:50万円の仕入れで5,000ポイント
  • 楽天プレミアムカード:50万円の仕入れで15,000ポイント

実はどちらもポイント獲得上限に達するには同じ金額です。

誕生日月はポイントが+1倍

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードともに、誕生月サービスという特典があります。

誕生月に楽天市場または楽天ブックスで買い物をすると、ポイント+1倍になるサービスです。

通常ポイントでもらえます。獲得ポイントには上限があり、

  • 楽天ゴールドカードは、月間2,000ポイントが上限
  • 楽天プレミアムカードは、月間10,000ポイントが上限

となっています。

楽天プレミアムカードのほうがいい理由

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードでは年会費が大きく違い、税込で8800円の差があります。

年会費だけでみた場合、

毎月20万円以上仕入れをするのであれば、楽天プレミアムカードのほうがいい

ということになります。

ポイント

楽天ゴールドカードで毎月50万円の仕入れをして、毎月の上限である5,000ポイントをもらったとして、年間で60,000ポイント。年会費2,200円を差し引くと、57,800ポイントになります。

楽天プレミアムカードで毎月20万円を使った場合、毎月6,000ポイント、年間で72,000ポイント。年会費11,000円を差し引くと、61,000ポイントになります。

  • 楽天ゴールドカード:57,800ポイント
  • 楽天プレミアムカード:61,000ポイント

以上のように、毎月20万円以上仕入れをするのであれば、楽天プレミアムカードのほうがお得になります。

>>楽天プレミアムカード公式サイト

ただし、楽天ゴールドカードの場合、50万円の仕入れをしなければいけないのでハードルは高いです。

まとめ:せどりで楽天ゴールドカードを選んではいけない

楽天ゴールドカードは、2021年4月1日からの+2倍への改悪で、ノーマルの楽天カードと大差がなくなり、使うメリットはありません。

年会費を払って楽天ゴールドカードを使うくらいなら、ノーマルの楽天カードの方がいいです。

なので、

  • せどりで使うなら楽天ゴールドカードの選択はなし
  • 楽天カードか楽天プレミアムカードのどちらかにする

といった感じがベストです。

あとは年会費11000円で、楽天プレミアムカードの特典にどれだけ価値を見出せるかです。

楽天プレミアムカードについては、こちらの記事「楽天プレミアムカードはせどりのメインとしても最適!特徴やメリット・デメリットを解説!」で詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

以上、せどりで楽天ゴールドカードを選んではいけない理由の解説でした。

「楽天プレミアムカード以外のクレジットカードも気になる」という人は、こちらの記事「せどりにおすすめのクレジットカードを厳選!カード選びの基準も解説!」も参考にしてみてください。せどりにおすすめのクレジットカードを厳選して紹介しています。

-クレジットカード
-