コラム

マイナージャンル開拓のすすめ

こんにちは、くりすぷです。

今回は「マイナージャンルを取り入れよう」ということについて。

せどりで稼ぐには、誰もが検索するような王道ジャンルが一番稼げます。

とはいえ、王道ジャンルばかり狙っていてもライバルが多くて仕入れができないタイミングがあったり、他のせどらーと差別化できる要素がないことになります。

そこで、マイナージャンルを取り入れることによって、+αを狙うのも効果的になってきます。

※あくまで、せどり視点でのマイナーという意味です。

マイナージャンルを狙うということは、

  • 他のせどらーにはあまり検索されないジャンルを検索
  • 稼げないと言われてるいるジャンルをあえて検索

ということになるので、競争を避けて利益をとることができます。

マイナージャンルは、中古メディアだと以下のようなジャンルです。

  • 本だったら、美術・画集
  • CDだったら、クラシック
  • DVDだったら、洋画・洋ドラマ

こういったマイナージャンルは、デメリットもありますがライバルの少ない穴場になります。

マイナージャンルのデメリットは、以下のとおり。

  • 利益商品の数は少ない
  • リサーチのとっかかりがないと難しい
  • 回転が遅い商品が多い

実際のところ、そこまで需要があるジャンルではないので利益商品は少なめです。需要があって利益商品が多ければ、他のせどらーも検索していますからね。

回転が遅い商品も多い上に、せどらーの情報の出回りも少ないので、仕入れの難易度はやや上がります。

せどらー目線でいうと、取り扱いにくいのが正直なところかと思います。

とはいえ、取り入れるに値するメリットもあります。

マイナージャンルのメリットは以下のとおり。

  • ライバルが少ない
  • 利益商品が残っていることが多い
  • 高利益商品もある

デメリットが強い分、ライバルは少なめです。

そのため、マイナージャンルもできるようになると「せっかく店舗に行ったのに、ライバルに先を越されていて利益商品が全然見つからない」といったことを回避しやすいです。

それに、利益商品がしばらく残っていることも多いです。

王道ジャンルの利益商品は、店舗だと残っているとしてもせいぜい1日〜2日程度。しかし、マイナージャンルとなると店舗に数ヶ月残っていることも珍しくありません。

また、マイナージャンルといえど高利益商品はあるので、十分なリターンを狙っていけます。

このように、他のせどらーから重要視されないマイナージャンルでも、取り入れるメリットは十分にあります。

マイナージャンルを開拓するには、以下のようなジャンルをチェックするといいです。

  • あまり話題にならないジャンル
  • このジャンルは稼げないと言われているジャンル
  • 店舗でせどらーがリサーチしているのを見かけないジャンル

マイナージャンルを開拓できると、「みんなやらないけど、実はおいしいジャンル」といったものを見つけられることも。

ということで、王道ジャンルだけではなく、マイナージャンルを取り入れることも1つの選択肢としてみてください。

王道ジャンルで稼ぎつつ、マイナージャンルでプラスαを狙う

こんなイメージですね。

マイナージャンルで利益が取れるようになってくると、他のせどらーと差別化できる要素になりますよ。

中古メディアで稼ぐ無料メルマガ配信中

無料メルマガに登録すると、中古メディアせどりで稼ぐために必要な情報がゲットできます。

中古せどりの基礎知識が身に付く

他のせどらーと差をつけるスキルが手に入る

中古せどりで長く稼ぐ思考がインストールできる

メルマガ登録で特別に「中古せどりで稼ぎ続ける5つの基本原則」「中古メディアの販売事例リスト」の特典2つをプレゼント!お気軽にご登録ください。

>>無料メルマガ登録はこちら

この記事を書いた人

くりすぷ

せどり歴6年(独立4年)の中古メディアせどらー。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→独立後ブログで収入を複数化。せどりはマイナージャンル、プレミアが得意。せどりで稼ぐ情報をメインにブログ、ポイ活についても発信しています。

>>プロフィール詳細

-コラム