ラクマの売上金の使い方は何がある?上手な活用方法を紹介!

本ページはプロモーションを含みます。

「ラクマで売上金が貯まっているけど、どんな使い道があるの?」と疑問に思ったことはありませんか?

この記事では、ラクマの売上金の使い方とおすすめの活用方法について紹介したいと思います。

それぞれの使い方について特徴を解説するので、自分に合った使い方を見つけ出す参考にしていただければ幸いです。

目次

ラクマの売上金の活用方法

銀行口座への現金振込

特定のポイントに限定されるより、現金化したいという方も多いかと思います。

ラクマでは、売上金を銀行振込することで現金化することが可能です。

ただし、振込先の銀行や申請金額によって手数料がかかります。ラクマの銀行振込の手数料は以下のとおりです。

振込先申請金額振込手数料
楽天銀行10,000円以上無料
9,999円以下210円
その他の金融機関金額問わず210円

楽天銀行を振込先にして、10,000円以上振り込めば手数料が無料になります。

また、楽天銀行に振り込む場合は、他の銀行よりも早く振り込まれるのもメリットです。

振込申請の日時楽天銀行への振込日その他の金融機関への振込日
月曜9時00分~火曜8時59分
火曜9時00分~水曜8時59分
水曜9時00分~木曜8時59分
木曜9時00分~金曜8時59分
金曜9時00分~日曜8時59分
日曜9時00分~月曜8時59分

楽天銀行以外の金融機関は基本的に翌営業日の振り込みですが、楽天銀行の場合は、当日の8時59分までに振込申請をすれば即日に入金されます。

ちなみにですが、振込申請で一度に申請できる金額は、1,000円~1,000,000円となっています。

楽天キャッシュへのチャージ

売上金を楽天キャッシュにチャージする方法もあります。

楽天キャッシュは、楽天グループのサービスや加盟店で利用できる電子マネーのこと。

楽天市場での買い物、スマホ決済の「楽天ペイ」、「楽天ポイントカード」で利用できるので、幅広く使えるのがメリットです。

銀行振込の場合、条件によっては手数料がかかってしまいますが、楽天キャッシュへのチャージは手数料が無料です。

しかも、1円から無料でチャージすることができるので、小さな売上でも交換できるのがメリット。

そのため、10,000円未満の売上金をこまめに利用したい場合におすすめです。

楽天キャッシュのチャージ金額上限は1日100,000円まで、月間1,000,000円までとなります。

ちなみにですが、楽天キャッシュには「基本型」と「プレミアム型」の2種類があります。

楽天キャッシュ(基本型)楽天キャッシュ(プレミアム型)
・楽天キャッシュのチャージ・送付・受取・利用が可能(手数料は無料)
・本人確認は不要
・基本型の機能に加えて、楽天キャッシュ残高を銀行口座に出金可能
・本人確認が必要

プレミアム型は、本人確認をすれば銀行口座へ振り込むことができるのが特徴です。

楽天キャッシュ「プレミアム型」を銀行に出金する場合は、条件により手数料がかかります。

振込先申請金額振込手数料
楽天銀行10,000円以上無料
9,999円以下100円
その他の金融機関金額問わず210円

売上金の銀行振込と同様に、振込先が楽天銀行で申請金額が10,000円以上であれば無料になります。

1万円未満の楽天キャッシュを楽天銀行への振り込む際の手数料は100円なので、1万円未満の売上金を楽天銀行に振り込む(210円)より安いです。

そのため、1万円未満の売上金を楽天銀行に振り込みたい場合は、楽天キャッシュプレミアム型に交換してから振り込むと手数料がお得になります。

ラクマで商品購入時の支払いに使う

楽天ラクマの売上金は、楽天キャッシュにチャージすることで、商品購入時の支払いに利用することができます。

売上金を直接ラクマの支払いに利用できるわけではありませんが、「ラクマで販売→ラクマで商品を購入」のサイクルで利用できるメリットがあります。

例えば、いらない本を出品して売上金を得る。その売上金で、欲しい商品を買うことができます。さらに、その商品をラクマで売って売上金を得るといったように、ラクマ中心の買い物をグルグル回すことが可能です。

ラクマを頻繁に利用する方におすすめです。

ラクマの売上金の交換手順

ラクマの売上金を交換する手順を紹介します。

今回は例として、売上金を楽天キャッシュに交換する手順で説明します。

STEP
マイページから「売上金」を選択

ラクマのマイページから「売上金」を選びます。

ラクマのマイページから「売上金」を選ぶ
STEP
交換先を選択

「楽天キャッシュにチャージ」または「銀行口座への振込申請」を選びます。

今回は「チャージ」を選択して進めます。

「楽天キャッシュにチャージ」または「銀行口座への振込申請」を選択
STEP
金額を指定する

チャージする金額を入力して「チャージする」ボタンを押します。

チャージする金額を入力
STEP
交換完了

完了画面が表示されれば、楽天キャッシュへのチャージは完了です。

チャージ完了画面


ラクマの「売上・ポイント管理」画面でも楽天キャッシュにチャージできたことが確認できます。

「売上・ポイント管理」画面でも楽天キャッシュにチャージできたことが確認

ラクマの売上金に関するよくある疑問

売上金の有効期限はあるの?

ラクマの売上金の有効期限は、取引完了日から180日後(約6ヶ月)です。

ただし、楽天ID連携が完了している場合、有効期限を過ぎた売上金が自動で「楽天キャッシュ」にチャージされるようになります。

「楽天キャッシュ」の有効期限は、最後に「楽天キャッシュ」の「チャージ、送付、受取、出金、利用」のいずれかの取引を行った日から10年間あります。売上金の有効期限を忘れていても安心なので、楽天ID連携は必ず行っておきましょう。

売上金の有効期限は以下の手順で確認できます。

売上金の有効期限を確認する手順
  • ラクマアプリのマイページから、「売上金」を選択
  • 「売上・ポイント管理」ページから、売上金の「期限・履歴」ボタンを押す
  • 売上金の有効期限一覧が表示されます

売上金ごとの有効期限が確認できるので、忘れないうちに利用しましょう。

売上金はいつから使える?

ラクマの売上金は、購入者の受取評価と出品者の取引評価が完了してから、売上金に反映されます。

商品が販売された時点で売上金に反映されるわけではない点に注意です。

売上金に反映されたら、いつでも利用することが可能です。

ラクマの売上金を楽天ポイントに交換できますか?

ラクマの売上金を楽天ポイントに交換することはできません。

ラクマの売上金を楽天キャッシュに交換することで、楽天ポイントと同様に利用できます。

まとめ:ラクマの売上金のおすすめの使い方

ラクマの売上金の使い方には、以下の3つの方法があることを見てきました。

おすすめの使い方としては、以下の2つです。

  • 売上金が1万円以上あり振込先を楽天銀行にしている場合は「銀行振込」
  • 売上金を少額でもこまめに使いたい場合は「楽天キャッシュへのチャージ」

まず銀行振込ですが、売上金が1万円以上あり振込先を楽天銀行にしている場合は、手数料が無料になるのでお得です。

それに、銀行に入れておけばどの支払い方法にも対応できるため、使い勝手がいいからです。

また、売上金をこまめに使いたい場合は、交換手数料が無料の楽天キャッシュへのチャージがおすすめです。

売上金が1万円未満だと現金に交換すると、交換手数料がかかってしまうためもったいないです。楽天キャッシュへのチャージであれば、少額でも手数料無料なので損をすることはありません。

それに、楽天市場での買い物はもちろん、楽天Payや楽天カードを利用すれば、街中でも買い物にも利用できるので利便性は高いです。

ぜひ参考にしていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独立6年目の中古メディアせどらー。本・CD・DVDがメイン。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→2年後独立。マイナージャンルが得意。

目次