WORK

専業せどらーになって理想の生活は手に入った?【理想と現実】

2020年11月26日

独立すると自由な生活が手に入る!

独立すれば自分のやりたいことだけで生きていける!

こんな言葉をよく聞くと思います。

せどりで独立した私の場合、

比較的自由な生活はしている。しかし、自分のやりたいことだけで生きてはいない

というのが現実です。

最近考えているのが「自分のやりたいことを実現するための収入体系を作らないといけない」と思っています。

というのも「こんな生活してみたいな」と、ふと考えたときに今の生活とは違っていたからです。

せっかく独立したんだし「こんな生活してみたい」の実現に向けて動いてもいいんじゃないかと。

もちろん完全には無理だと思うので、ある程度満足できるレベルで実現する

こんな風に考えています。

自分の理想の生活は?

あなたの理想の生活はどんな生活ですか?

こう質問されたらどう答えますか?

その生活は実現できているでしょうか?

人によって様々かと思いますが、私の理想の生活はこんな感じ。

お昼はカフェで仕事(アフィリエイト)して、残りは読書したり、サウナ行ったり、ジムで汗を流す。

こういった生活ができれば理想的です。けっこう地味ですけどね(笑)

ぶっちゃけていうと、1日のやりたいことにせどりは入っていません。

せどりは楽しいですが、自分にとっての理想の仕事ではないというのが正直なところ。

本音をいえば、ブログ記事を書いている方が楽しいですし、アフィリエイトで生活ができたら最高だと思っています。

あとは長期スパンでみたときには、以下のようなこともしてみたい。

1年に2〜3ヶ月くらいは海外を旅すること、滞在を楽しむこと。

毎年これができたら最高です。海外に行くのが好きなので、いろんな国を旅して滞在を楽しみたいと思っています。

しかし、せどりは自分が動かなければいけないので、毎年2ヶ月も3ヶ月も休んではいられないのが現実です。

収入体系を変えなければいけない

このような生活を実現するために、せどりだけでも実現できるかと言われると、選択肢がないわけでもありませんがハードルは高いです。

  • 収入を上げる
  • 外注化

収入をあげて余裕を作り、2ヶ月海外に行くといったことも考えられますが「どれだけ頑張ればいいんだ?」って感じです。

また、電脳仕入れオンリーにして、商品は外注先に直接届けるようにする。海外にいても電脳仕入れはできるので、1つの選択肢ではありますが、これはこれでハードルは高いです。

こんな感じで、せどりだけでは実現するのは難しいと考えています。

私の場合、海外にいてもある程度の収入を確保できる手段が必要となってきます。

そのためには、場所を選ばずに稼げるアフィリエイトの比率を高めていくこと。

毎日とはいいませんが理想の1日を過ごすことができますし、海外にいても稼ぐことができます。

アフィリエイトで月20万円くらい稼げれば、年に2〜3ヶ月くらいの滞在は現実味を帯びてきます。

去年からアフィリエイトには取り組んでいて、当ブログ、アフィリエイトブログ、趣味ブログ(休止中)の3つを運営しておりちょっとした収入はありますが、比重をもっともっと大きくしていく必要があります。

模索の時期

以前この記事「【専業せどらーのその後】将来稼げなくなったときの新しい選択肢を見つけた!」を書いたときに思ったのですが、いろんな可能性があるんだから、もっと生き方を模索してもいいのではないかと。

あとこの記事で軽く紹介した年間100万円で生活している人は、収入源を複数(3つくらいがいい)持つことを推奨しています。

私もこの意見には賛成ですが、いまのところ「せどり」と「アフィリエイト」2つしかありません。

3つくらいあると安心できるのかなと思っているので、もう1つ収入源を見つけたいところ。

専業せどらーとして稼げなくなった時の最低ラインは見えている。

であれば、あとは理想の生活の実現に向けて前進したほうが楽しみもある。

副業時代は、専業せどらーはリスクがあるからなりたくはないけど「もしせどりだけで生活できるならいいな」とは思っていました。

実際に専業になってしまったわけですが(笑)

あと少しで独立して3年。

せどりって、仕入れて販売することの繰り返しなので、非常にシンプルで楽ではありますが、刺激も少なくなってきているのが現状です。

「こんな生活がしたい」という目標がないと、何となくで過ごしてしまいます。

繰り返しますが、せどりは楽しいですし、専業せどらーとしての今の生活に不満があるわけではありません。十分満足しています。

しかし、いろいろ模索していく時期にきているのかなと思っています。

もちろん、すぐには変えていくことはできないので、いろいろチャレンジかなとは思いますが。

-WORK