【初心者必見】ヤフオクの出品で注意すべきポイントを解説!

本ページはプロモーションを含みます。

「こらからヤフオク出品を始めようと思っているけれど、注意すべきことってあるの?」と気になっている方もいるかと思います。

初めてヤフオクに出品をする方にとっては、どんな点に気をつけるべきなのか気になりますよね。

ヤフオクの出品では、いくつかの点に注意しないと低評価をもらうことになってしまったり、トラブルの原因になってしまうこともあります。

そこで本記事では、ヤフオク初心者が出品で注意すべきポイントを解説します。

本記事を参考に、トラブルになるリスクを防ぎ、スムーズな取引をしていきましょう。

目次

ヤフオク初心者が出品で注意すべき点

ヤフオクを利用して商品を出品する際、以下の注意点を心がけることで、トラブルを避けることができます。

商品説明は詳しく書く

商品説明は、状態や付属品などできるだけ詳しく書きましょう。

商品説明を読んだ購入者の期待と実際の商品の状態にギャップがあると、低評価やトラブルの原因になってしまうからです。

例えばフィギュアを出品する場合に、使用感、キズや塗装の剥げなど、細部まで詳しく記述しなければ、購入者は商品の現状を正確に把握できません。

購入者が「綺麗な商品」と誤解して購入すると、目立つ傷や想像以上の使用感がある場合などに「商品説明と異なる」というクレームが生じる可能性が高まります。

また、付属品や特典の有無もしっかり書いておくことも大切です。

例えば、初回限定版のブルーレイを出品する場合、帯やブックレット、特典のポストカードなど、付属品の有無を明記しなければ、購入者は「付属品・特典はすべて含まれる」と期待して購入するかもしれません。

しかし、実際にはポストカードが欠品していた場合、「ポストカードがついてくると思っていた」というクレームが生じるリスクがあります。

そのため、商品説明は詳しく書くことで、購入者とのギャップをなくし、トラブルの原因を防ぐことにつながります。

丁寧な梱包をする

丁寧な梱包をすることで、商品破損のトラブルや、購入者から低評価をもらうリスクを防ぐことができます。

例えばCDを発送する時は、プチプチに入れたり、ダンボールで挟んだりしてケースの破損を防ぐように梱包します。

封筒にそのままCDを入れてしまうと、配送の途中でケース割れの恐れもあるからです。ケース割れで購入者に届くと「ケースが割れていた」と低評価をもらってしまいます。

今回はCDを例にしましたが、どのジャンルの商品にしても、配送途中に商品が傷まない梱包を心がけることが大切です。

入札者評価制限をかける

購入者とのトラブルをできるだけ避けたいのであれば、入札者評価制限を設定することも1つの方法です。

入札者評価制限とは、評価が一定レベル以上の人のみ入札できるように、出品者が設定できるオプションのこと。

商品の出品ページで設定することができます。

入札者評価制限は、以下の3つ制限を設定することができます。

  • 総合評価で入札を制限する:評価の合計が-1以下の利用者は入札できなくなります。
  • 悪い評価の割合で入札を制限する:「非常に悪い」「悪い」の評価の割合が多い利用者は入札できなくなります。
  • 入札者認証制限:SMS認証などを完了していない利用者は入札できなくなります。

これらの制限を設定することで、評価の悪い購入者からの入札を防ぐことができます。

購入率はわずかに落ちてしまうかもしれませんが、評価の悪い購入者とのトラブルを防ぐことにつながります。

発送はできるだけ追跡可能な方法にする

ヤフオクでは様々な配送方法に対応していて、多くの配送方法は「追跡あり」になっています。

しかし、「ゆうメール」などの追跡がない配送方法も利用できます。

追跡なしの配送方法を利用すると、「商品が届いていない」という連絡をもらった時に配送されたかどうかを確認できません。

この際、確認できる手段がないとトラブルの原因になってしまうので、できるだけ追跡可能な発送方法にしましょう。

追跡可能な配送方法には、クリックポストやレターパックなど、安価でも追跡が可能な方法があります。

これを利用すれば、商品の配達状況を確認することができ、安心感を持って取引を進めることができます。

質問にきちんと回答する

ヤフオクの出品者として「質問にきちんと回答する」ことは非常に重要です。

購入者は商品に関する不明点を解消するために質問をするわけですが、質問にあいまいに返答してしまうと、購入者が不十分な情報をもとに商品を購入することになります。

その結果、商品が手元に届いた際に「言っていたことと違う」と感じてしまうと、クレームの原因となる可能性が高いです。

そのため、質問に対してはできるだけ具体的な回答を心掛けることが大切です。

具体的な回答をすることで、お互いの認識にズレがないようにすることができます。

明確な回答をすることで、出品者としての信頼性も高くなるメリットがあります。

発送予定を過ぎないようにする

発送が遅いと低評価の対象になりやすいです。

そのため、出品時に設定した発送期限は必ず守るようにしましょう。

もし発送が遅れそうな場合、早めに購入者にその旨を伝えておくといいです。

普段仕事で忙しく発送の時間が取りにくい場合は、発送までの期間を長めに設定しておくか、落札を木曜・金曜あたりに設定して、週末に発送できるようにするなど工夫をしましょう。

ヤフオク!ガイドラインを守る

ヤフオクには、すべての利用者が安全かつ快適に取引を行える環境を保つために、ガイドラインが設定されています。

これに違反すると、アカウントの停止や削除といったペナルティが科されるリスクがあります。

ガイドラインに違反するようなことは、しないように注意しましょう。

ヤフオク出品で注意すべきトラブル

ヤフオクを長くやっていると、稀にトラベルに巻き込まれる事例もあります。

以下は特に注意が必要なトラブルの例です。

すり替えトラブル

ヤフオクだけでなく、フリマアプリでは「すり替えトラブル」があります。

すり替えトラブルとは、商品を購入後、違う商品や状態が悪いものとすり替えて返品を求める不正行為のことです。

商品をすり替えて返品されても、「相手がすり替えた」と証明することは難しく、泣き寝入りとなる可能性が高いです。

そうそうあるトラブルではありませんが、その際の対策として、以下のようなことが効果的です。

  • 商品説明欄に「すり替え詐欺対策をしている」といった文言を入れる
  • プロテクションタグ」を利用して、商品の状態を写真で残しておく

オークション外取引の誘導

稀にですが、「ヤフオクを通さず直接取引したい」とオークション外での取引を持ちかけられる場合があります。

ヤフオクのシステムを利用せずに直接取引を行うことは、利用規約違反なので注意です。

トラブルの原因にもなりやすいので、オークション外での取引はしないようにしましょう。

まとめ

ヤフオク初心者が出品で注意すべきポイントを解説してきました。

主なポイントは、商品説明を詳しく書いたり、質問に正確な返答をするなど、購入者との間に認識のズレがないようにすることが大切です。

出品を始める前に、この記事で紹介したポイントを再確認し、スムーズな取引ができるようにしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独立6年目の中古メディアせどらー。本・CD・DVDがメイン。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→2年後独立。マイナージャンルが得意。

目次