【雑記】直近の仕入れ、DVDせどらー減ってる?、事件はボックスの中で起きている

本ページはプロモーションを含みます。
目次

直近の仕入れ

2023年も12月に突入。残り1ヶ月ですが、がっつり店舗仕入れに行く予定です。

直近の店舗仕入れでは、仮面ライダー、バンドスコア、女性向けのライブDVD、スピリチュアルな人のDVD、宗教の函もの、隣国のアーティストのDVDなどを仕入れ。

近場の店舗では本も積極的にリサーチしていて、登記、陶器、ジャズ、冷戦関連、トコロテンも数冊仕入れています。

店舗での本の仕入れは何年もおろそかにしていたのですが、悪くない手応えがあります。あとは流通やタイミング次第といったところでしょうか。

変則的な仕入れとしては、ラベルの貼り間違えがあり1,210円→3,300円のものをゲット。大した利益ではありませんが、手堅く売れるのでラッキーでした。

そして、1巻の収納ボックスに3巻入りのBlu-rayもゲット。最近このパターンの仕入れがちょくちょくある気がします。少し回転は遅いですが、1万円→3万円で手堅いかなと。

あとは、5巻揃いのDVDをまとめて仕入れてボックスなしで販売できるやつも仕入れできました。2,000円→5,000円くらいで販売できそうです。回転もいい商品なので、そこまで時間もかからず売れるはず。

こうして仕入れ内容を文字にして書くと、内容盛りだくさんの仕入れをしているように感じますが、実際には仕入れ数は少ないです。もっと仕入れできるように、できるだけ店舗に通って効率を上げるようにしていかないといけません。

DVDせどらー減ってる?

ここ1ヶ月の店舗せどりで仕入れたDVDの内容を見るに、店舗のDVDせどらーは減っていると感じています。

というのも、12月の仕入れでも9月・10月・11月ラベルのDVDを仕入れることができているからです。もちろんトレンド商品でもありません。

DVDせどらーがたくさんいれば、私みたいな視点を持ったせどらーも少なからずいるはずで、これらの商品は残っていないはず。

それに以前も書きましたが、Amazonの出品状況を見ても個人のDVDせどらーが減っているように思えます。DVDのブックオフ店舗仕入れが厳しくなっていることが影響しているのかもしれません。

とはいえ、まだまだ利益商品はありますし高利益の狙えるジャンルです。店舗の状況は厳しいですが、ライバルは少ないので「悪くない状況」といえます。

私としてはチャンスと捉えていて、拾えるものはしっかり拾っていくことで十分に利益をとっていくことができると思っています。

事件はボックスの中で起きている

以前ブックオフで仕入れた「踊る大捜査線」のDVD-BOX。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 FINAL SET [DVD]

帯なしで、ボックスにバーコードも規格番号も記載されていないためか、2950円の値札だけが貼ってあったので仕入れました。

相場は7,000円以上で安定しているので、余裕で利益が狙える商品ですね。

ただこの商品、出品しようと中身を確認したら本来入っているセット内容ではなく、全然バラバラの中身でした。踊る大捜査線の商品ではあるものの、このまま出品するわけにはいきません。

「やられた〜」と思いつつヤフオクで販売しようかとも考えましたが、よくよく見ると単巻でも高めのBlu-rayがあったり、どの商品も1,000円〜2,000円で販売できそうだったのでバラして売ることに。

結果的に仕入れ時に予想していた販売額を上回り、多めに利益が取れました。

※もしかして、ブックオフのスタッフは中身が違うことを分かっていて2950円の値札にした?

SNSでも発信しています

SNSでも発信をしているので、お気軽にフォローしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独立6年目の中古メディアせどらー。本・CD・DVDがメイン。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→2年後独立。マイナージャンルが得意。

目次