ブログ運営

【現役が比較解説】アフィリエイトとせどり・転売はどちらが稼げる?

2021年5月13日

おすすめの副業として人気の「アフィリエイト 」と「せどり・転売」。

どちらもおすすめの副業として紹介されることが多いですよね。

実際のところ「アフィリエイトとせどり・転売はどちらが稼げるの?」と気になっている人は多いと思います。

そこで、現役でせどりとアフィリエイトで稼いでいる立場から「アフィリエイトとせどり・転売はどちらが稼げるのか」について解説したいと思います。

せどり・転売の特徴

せどり・転売の特徴を解説します。

結果が出るのは早い

せどりは、他のビジネスに比べて結果が出るのが早いという特徴があります。

せどり簡単な流れ

  • 商品を仕入れる
  • 商品を販売する
  • 売れれば入金される

上記のように、需要のある商品を仕入れて販売すれば、入金までのサイクルが早いです。

相場はいくらで、どのくらいの頻度で売れるのか、利益はどのくらい見込めるかを判断するツールも揃っているので、売れる商品を仕入れて販売すればいいだけです。

もちろん利益商品を探すのが大変なのですが、2~3か月で月に3万円を達成することも可能です。

肉体労働

せどり・転売は以下のような作業をする必要があります。

チェックリスト

  • 商品を仕入れる
  • 出品作業をする
  • 梱包・発送をする
  • 在庫管理・価格改定

店舗で商品を仕入れる場合は、店舗へ行ったり、店舗間の移動も発生します。

また、スキルが上がってきて仕入れ量が増えてくると、作業量が増えるので体力も必要になってきます。

せどり・転売で稼げていても「肉体労働がしんどくてやめた」という人もちらほら聞ききます。

在庫が必要

商品を仕入れて販売するわけなので、在庫を持たなければいけません。

在庫を一時的にでも保管するスペースが必要になりますし、売れなければお金にならない在庫になってしまうリスクもあります。

在庫の保管スペースに関しては、自宅に十分なスペースがあればいいですが、そうでない場合は自宅のスペースを圧迫することになってしまいます。

こういった場合は、Amazonの「FBA(フルフィルメント by Amazon)」や、メルカリの「あとよろメルカリ便」といったサービスを使えば解決できます。

これらのサービスは手数料はかかるものの、Amazonに商品を保管することで、発送や梱包、返品作業などを代行してくれるサービスです。

キャッシュフローリスクがある

せどり・転売ではキャッシュフロー管理をしっかりしていないと、手元からお金が減っていってしまうリスクがあります。

仕入れにはお金がかかりますし、売れなければただ単にお金が出ていくだけになってしまいます。

それに、クレジットカードである程度まとまった額を仕入れたけれど、引き落とし日までに資金が回収できなかった場合、手元からお金が減っていくことになります。

世の中のイメージが悪い

せどり・転売は世の中のイメージが悪いです。

最近では、ニュースなどにもよく取り上げられるようになってきました。せどり・転売を副業としている人もたくさんいますが、それ以上にせどり・転売を嫌っている人はたくさんいます。

せどり・転売をしてもまわりの人には言わないほうがいいでしょう。

アフィリエイトの特徴

アフィリエイトの特徴を解説します。

場所を選ばず作業ができる

アフィリエイトは、なんといっても場所を選ばずに稼げるのが魅力。

  • 在宅でもOK
  • 各地を転々としながらでもOK
  • 海外にいながらでもOK

ノートパソコン1台あれば作業ができるので、1つの場所にとらわれずに作業ができます。

初期費用が少ない

アフィリエイトをするには、サイトの運用費がかかってきます。

最低限でも以下の2つが必要になります。

  • サーバー代
  • ドメイン代

両方合わせて年間で15,000円くらいなので、1か月あたり1300円が目安になります。

初期費用としては安いので、金銭的負担もかからず気軽に始められます。

半持続的な収入が得られる

永続的な収入というのはさすがに無理ですが、一度収益化できれば、しばらくは継続して収入を得ることができます。

もちろん、作業を怠ってしまえば徐々に収益は下がってしまいますが、定期的なメンテナンスのみで稼いでいる人も多いです。

例えば「病気になってしばらく仕事ができなくなってしまった」という場合でも、自分が動かずとも収入が入ってきます。

いままで書いてきた記事が自動で収益を生み出してくれるので、資産性のある収入体系を構築することができます。

在庫が不要

せどり・転売とは違い、在庫を持つ必要がないので「在庫リスク」がありません。

アフィリエイトで稼げなくても、赤字になるのは「サーバー代」と「ドメイン代」くらいです。

「仕入れた商品が売れなくて、大赤字になってしまった」なんてことになる心配もありません。

大きなリスクを背負わずに、運営していくことができるのもメリットです。

稼げるようになるのに時間がかかる

アフィリエイトの一番のデメリットが、稼げるようになるまでに時間がかかることです。

早くても半年、長いと1年くらいは覚悟しなければいけません。

実際に私もアフィリエイトに本腰を入れてから、1万円を稼ぐのに1年近くかかりました。

結果が出るまでに時間がかかるため、モチベーションの維持が大変です。

  • 本当に結果がでるのだろうか?
  • 本当に稼げるようになるのだろうか?

先がなかなか見えない状態を続けていく必要があります。

スピード重視ならせどり、半自動的な収入が欲しいならアフィリエイト

アフィリエイトとせどり・転売はどちらが稼げるのか、結論からいうとどちらも稼げます。

どちらもメリット・デメリットは違うので、自分に合うほうに取り組むのが正解です。

せどりがおすすめな人

  • 早く結果を出したい人
  • お金の管理がしっかりしている人
  • 梱包・発送などの作業が苦にならない人

せどりに興味がある人は、こちら「【完全初心者向け】せどりのやり方を現役せどらーが解説!」を参考にしてみてください。

アフィリエイトがおすすめな人

  • 半自動的な収入体系を作りたい人
  • 長い期間稼げなくても心が折れずに作業が続けられる人

アフィリエイトに興味がある人は、こちら「【初心者でも簡単】WordPressブログの始め方を解説!」を参考にしてみてください。

どちらかが正解ということはないので、両方やるのもいいかと思います。

-ブログ運営