せどり全般

【完全初心者向け】Amazonせどりの始め方を現役せどらーが解説!

2021年5月21日

副業として人気の高まっている「せどり」。

他のビジネスに比べてビジネス構造がシンプルで、比較的スピーディーに結果が出やすいこともあり、気になっている人も多いのではないでしょうか。

  • これからせどりを始めたい
  • せどりを始めたいけど、何からやればいいかわからない
  • せどりのやり方を知りたい

といった方に向けて、本記事では「せどりのやり方」を解説したいと思います。

特に難しいことはありません。以下の4ステップで説明していきます。

せどりのやり方

  • 目標を決める
  • せどりについて理解する
  • せどりに必要なものを準備する
  • 仕入れに行く

【目標】まずは月に3万円稼ぐこと

せどりを始めたいと思っている方は「会社の給料が少ないから+αの収入が欲しい」と思っている人が大半かと思います。

実際に私も会社の給料が低かったので「月にあと数万円くらい増えたらいいな」と思い立ったのがきっかけでした。

「会社の給料が低いから、もっと収入が欲しい」と思っている人にとっては、収入が2万でも3万でも増えることはかなり大きいですよね。

なので、まずは月に3万円稼ぐことを目標としましょう。

月に3万円増えるだけでも、生活はグンと楽になるはずです。

せどりで月に3万円稼ぐことは決してハードルの高いことではありません。さらに5万円、10万円、それ以上と稼いでいくことのできるポテンシャルを秘めています。

ただし、せどりを始めてすぐに脱落していく人も多いのは事実です。誰でも簡単に稼げるわけではないので、そこだけは勘違いしてはいけません。

まずは本記事をお読みいただき、せどりをやり方を学んで、実際に行動に移していって欲しいと思います。

そもそもせどりって何?

せどりとは?

「せどりとは何か?」について説明します。

せどりとは、店舗やネットショップで仕入れた商品を、Amazonなどでさらに高く売って利益を出していくビジネスです。

せどりの簡単な流れ

  • 店舗やネットショップにある商品の中から、Amazon相場と価格差のある商品を見つける。
  • その商品を仕入れて、Amazonで販売する。
  • 売れたら利益になる。

実際の商品で説明します。

ブックオフでこちらの商品を1280円で買いました。

 

この商品をAmazonで販売してあげることで、2800円で販売することができました。

Amazonでの売り上げ実績です↓

 

この商品を売るために、Amazonマーケットプレイス(Amazonの販売システム)を利用させてもらっているので、Amazonから手数料が引かれて、私のもとには1927円が入金されます。

この1927円から仕入れ値の1280円を差し引いた、約650円が私の利益となります。

こうやって稼いていくのがせどりです。

「ちょっと薄利すぎない?」と思われた人もいるかと思いますが、中には1商品で数千円、数万円の利益が取れるようなものもあります。

例えば、こちらの法律の本ですが、2760円で仕入れて、28000円で販売しました。

米国会社法

仕入れ金額と手数料を引くと約2万円の利益です。

たった1商品で1万円以上の利益が取れたりするのもせどりの魅力です。もちろん、こういった商品はなかなか見つかりませんが、かなりおいしいですよね。

せどりの全体像、基礎知識を網羅的に学びたいという人は、以下の2冊がおすすめです。

せどりについて初心者にもわかりやすく図解もつけながら解説されているので、とりあえず一通りの知識をつけたいという方には最適です。

よくある質問

必要な資金ってどのくらい?

せどりは、資金が多ければ多いほど有利なのですが、まずは小さく始めてみるという意味で「3万円〜5万円」くらいあれば十分かなと思います。

少なすぎてもたいした売り上げに繋がらずにわずかな利益にしかなりませんし、いきなり大きな金額を仕入れに使うのもリスクに感じてしまいます。

そもそもせどりを始める資金がないという人は、家にある不用品を売ったり、節約をしたりして軍資金を作りましょう。せどりの軍資金の作り方については、こちら「せどりの軍資金をつくる方法おすすめ4選【どのくらい必要か目安も紹介】」で解説しているので参考にしてみてください。

店舗と電脳どっちがいいの?

せどりは大きく2つに分けることができます。

  • ドン・キホーテやブックオフなど、お店に行って仕入れをする「店舗せどり」
  • ビッグカメラ.comやジョーシンWebなど、ネット上で仕入れをする「電脳せどり」

どちらもメリット・デメリットはあり、どちらの方がいいというのはありません。どちらから始めるかは人それぞれですし、好きなほうでOKです。

店舗せどりの特徴

  • お宝商品が見つかりやすい
  • ライバルは基本的にそのエリアのせどらーのみ
  • 商品を手に取って確認できる
  • 店舗への移動に時間がかかる

電脳せどりの特徴

  • 24時間いつでも場所を選ばずに仕入れができる
  • 店舗へ移動する必要がない
  • 届くまでに日数がかかる
  • 全国のせどらーがライバル

ちなみに私の場合、最初は店舗せどりのみでしたが、徐々に電脳仕入れを取り入れ今ではほぼ電脳せどりのみです。時間と場所を選ばずできるのが大きなメリットだと思っています。

新品と中古どっちがいいの?どのジャンルをやればいいの?

せどりの対象は大きく分けて、新品せどりと中古せどりに分かれます。

どちらがいいとかはないので、自分の好みで選んでOKです。

新品せどりの特徴

  • 回転が速い商品が多い
  • 検品が不要
  • 縦積みがしやすい(同じ商品を複数購入すること)
  • 中古に比べて利益率は低め
  • 価格競争が多い

中古せどりの特徴

  • 利益率が高い
  • 検品〜出品までが面倒
  • 最安値じゃなくても売れる

次に、どのジャンルをやればいいのか。

ゲーム?家電?古本?

これもどれがいいとかはないので、興味があるジャンルに取り組んでみればOKです。

ただし、選ぶ際にご自身の環境は考慮しましょう。例えば、部屋が狭いのに家電を取り扱おうとすると、家のスペースを圧迫することになりますし、廊下までパンパンになってしまうなんてことにもなってしまいます。

部屋が狭いのであれば、ある程度小型のパソコン周辺機器、ヘルス&ビューティー、DVDなどを選択したほうがいいです。

仕入れた商品はどこで売ればいいの?

「仕入れた商品の販売先はどこがいいの?」と気になる人もいるかと思います。

せどりの販売先については、こちら「【せどりの販路】最初はAmazon一択!他の販売先は慣れてきたらでOK」で解説していますが、まずはAmazonでOKです。

Amazonは手数料が高いですが、メリットも大きいので、個人で大きく稼いでいこうとするとやはりAmazonが強いです。

それに、Amazonでせどりをしていく上で、ツール類が豊富なこともあります。現在、せどり向けのツールやアプリはAmazon販売を前提にしているものがほとんど。

後ほど紹介しますが、これらのツールを使うことで、リスクを最小限に抑えて利益商品を仕入れることができます。これらのツールを使わない手はないので、まずはAmazon販売に取り組むのがおすすめです。

せどりに必要なものを準備

せどりに必要なものを紹介します。

せどりをしていく上で必要なもの

せどりをするなら、以下のものは準備しておく必要があります。

必要なモノ

  • パソコン
  • クレジットカード
  • プリンター
  • 梱包資材

パソコン

まずは、パソコンを用意しましょう。

スマホだけでもできないことはありませんが、作業スピードが遅くなってしまうので、かなり非効率になってしまいます。

できればデスクトップパソコンのほうがいいです。ノートパソコンでもOKですが、デスクトップよりは効率は落ちます。

せどりは高スペックなパソコンを使う必要はないので、ある程度のスペックがあれば問題ありません。

推奨スペックとしては、以下のとおり。

  • メモリ:8GB
  • CPU:core i5以上

これでも十分すぎるくらいですが、上記のスペックを目安にするとストレスなく作業ができます。詳しくはこちら「せどりに最適なパソコンの選び方とおすすめスペックを解説!」で解説しているので参考にどうぞ。

パソコンは費用が高くつくので、今持っているパソコンはもっとスペックが低いといった場合でも問題ありません。

無理して新しく買い直す必要はないです。せどりで稼いでからでも問題ありません。

プリンター

プリンターは以下の用途で使います。

  • 商品に同封する納品書
  • 配送ラベル
  • Amazon倉庫を利用する場合の納品ラベル

コンビニとかでも印刷はできますが、めちゃくちゃ面倒です。わざわざ外出しなければいけないですし、時間がもったいないです。

プリンターは必ず持っておきたいので、購入しておきましょう。

せどりにおすすめのプリンターはこちらの記事「【コスパよし】せどりにおすすめのプリンターとその選び方を紹介」で紹介しているので参考にどうぞ。

クレジットカード

クレジットカードは、必ず1枚は作っておきましょう。

Amazonアカウントを作るときに必要になります。

それに、クレジットカードで仕入れをするメリットは大きいです。

  • ポイントがたまる
  • 仕入れ資金の支払い期間が伸びる
  • 会計が楽になる

すでに持っているクレジットカードがあれば、それでも問題ありませんが、ポイント還元率が1%以上ない場合は新しく作りましょう。

一番のおすすめは楽天カードです。

楽天カード公式サイト

せどらーにとって定番のクレジットカードで、どこで使ってもポイント還元率1%あるので、一番使い勝手のいいクレジットカードになります。

せどりにおすすめのクレジットカードは、こちら「せどりにおすすめのクレジットカードを厳選!カード選びの基準も解説!」で紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

仕入れ判断ツール

仕入れ時に必ず必要なものとして、商品の需要を判断する「価格履歴チェックツール」が必要になってきます。

  • その商品は過去にどのくらいの価格で売れているのか
  • その商品はこれまでどれくらいの頻度で売れているのか
  • どのくらい利益がとれそうなのか

これらを判断するのが価格履歴チェックツールで、このツールを使えば「需要のある売れる商品」だけを仕入れることができるので、売れない商品を仕入れてしまう心配はありません。

候補としては以下の3つです。

ちなみですが、いずれのツールも月額で2000円程度かかります。「え?有料なの?」と思うかもしれませんが、こればっかりは有料で利用するしかないので、必要経費だと割り切って利用しましょう。

今回は、デルタトレーサーを使った仕入れ判断を簡単に説明したいと思います。あくまで参考程度ですが、仕入れ判断のイメージはしてもらえると思います。

例えば「機動戦士ガンダムUC Blu-ray BOX Complete Edition (初回限定生産)」の新品が、店舗で3万円で売っていたとします。

デルタトレーサーは商品のバーコードを読み込む機能がついているので、スマホのカメラで商品のバーコードを読み込むと、以下のように商品情報を表示してくれます。

現在のAmazon価格と、手数料を引かれたAmazonからの入金額が表示されます。

現在の新品価格50485円で売れたとすると、入金は42445円になるので、3万円で仕入れた場合は利益は約12000になります。

  • 42445(入金額)- 30000(仕入れ額)=12445(利益)

この商品を3万円で仕入れた場合、約12000円の利益が取れそうだということがわかります。

では、この商品は需要があって売れる商品なのか。売れない商品を仕入れてもお金の無駄なので、需要のある商品なのかをチェックする必要があります。

需要があるかどうかは、グラフの波形具合で分かります。

ランキングが上昇すると、グラフが下で跳ねるように波打ちます。グラフの波打っている間隔が細かければ細かいほど売れている商品になります。この商品の場合は、そこそこ売れている商品になります。

では、本当に50485円で売れているか確認する必要があります。もしかしたら、今だけ相場が上がっていて50485円では売れないかもしれません。

ここで過去相場変動グラフをチェックします。

緑の線が新品最安値の過去相場ですが、ずっと5万円くらいで推移しています。その状態でランキングの波形も動いているので、新品5万円でも売れていると確認できます。

 

検索から仕入れまでは、このような流れになります。電脳せどりでもバーコードスキャンがないだけで、デルタトレーサーに商品コードを入力して仕入れ判断をしていくだけです。

※本来はもっときちんとした見方をしなければいけませんが、仕入れをする際の例としてイメージしてもらえたと思います。

ちなみに、先ほど紹介した3つのツールとも当サイトで解説しているので、参考にしてみてください。

おすすめとしては、デルタトレーサーです。アプリ版、Web版、GoogleChrome拡張機能もあり、トータルでみても機能性に優れています。

店舗仕入れでも、バーコードを読み込んで検索→売れ行きチェックを確認→利益計算まで、デルタトレーサー1つで完結できます。表示速度がやや遅いのネックですが、一番安く効率的にリサーチするという意味ではデルタトレーサーがおすすめです。

アマコードという無料検索アプリもあり、バーコードを読み込んで商品情報を表示、利益計算までできる優れたアプリです。

しかしながら、デルタトレーサーやKeepaなどを表示することができないため、もう1つデルタトレーサーやKeepaのアプリを立ち上げて検索する必要があり、結果的に手間がかかってしまいます。

仕入れをしてみよう

完全初心者向けに、せどりのやり方を解説してきました。

ツールの使い方を理解して、利益の出る商品を仕入れることができれば、あとは出品して発送するだけなので、何も難しいことはありません。

あとは行動して、経験を積んでいくだけです。

まずは不用品販売で練習しよう

とはいえ、いきなり仕入れに行くのではなく、まずは家の不用品を販売して模擬練習をしましょう。

いらなくなった、

  • CD
  • DVD
  • ブランドもの
  • 家電

など、どんなものでもいいので売ってみましょう。

メルカリ、ヤフオク、AmazonどこでもOKです。

せどりは不用品販売から始めた方がいい理由は、せどりは何からはじめるべき?不用品販売から始めた方がいい3つの理由で解説していますが、不用品を販売することで以下のメリットがあります。

  • リスクなしでネットで物を売る感覚がつかめる
  • 仕入れ資金を作ることができる
  • 世の中の需要を理解できる

せどりは売れない商品を仕入れてしまうと赤字になるリスクもありますが、自分の不用品を販売するだけならリスクはありません。

不用品を売ることでも販売経験を積むことができますし、仕入れ資金を作ることができます。

それに、ツールに慣れるという意味もあります。まずは家にある商品のバーコードを読み取って、実際に使ってみましょう。

さあ、仕入れに行こう!

不用品をいくつか販売して、ツールの使い方にも慣れてきたら、実際に仕入れに行きましょう!

準備だけしても、行動に移さなければ手元にお金が入ってくることはありません。まずは月に3万円を稼ぐことを目標として、日々の生活にプラスαを加えましょう。

本人のやる気次第ですが、せどりは副業でも月に5万、10万、それ以上の収入を実現できる可能性を秘めています。

本記事を参考にして、ぜひ行動に移していただければと思います。

-せどり全般