中古CD・DVDせどり

中古CD・中古DVDのクリーニング方法を紹介【意外と簡単】

2019年10月17日

中古CDや中古DVDを買うと、ものによってはヨゴレが付いていたりするので綺麗にしたいもの。

中古CDや中古DVDのクリーニングって面倒くさそう

こういった方に向けて、CD・DVDのクリーニング方法を紹介したいと思います。

面倒くさそうと思われる人も多いかもしれませんが、実はとても簡単です。

ぜひ参考にしていただければと思います。

CD、DVD・Blu-rayのクリーニング

CD、DVD、Blu-rayのクリーニング方法を紹介したいと思います。

ディスクケースのクリーニング

ディスクケースは、アルコールスプレー(パストリーゼ77)とキッチンペーパーでケースを拭いて終わりです。

キッチンペーパーを使う理由は、ティッシュだとすぐに破けてしまうのですが、キッチンペーパーであれば丈夫なので破れることもないのがメリット。

ケースのヨゴレを落とすのにおすすめなのが、パストリーゼ77

ドーバー パストリーゼ77は、乾くのがめちゃくちゃ早いので、乾燥待ちをする必要がないのでおすすめです。

ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付き 500ml

 

ケース交換についてですが、

  • スレキズが多い場合
  • 破損がある場合
  • ヤケやヨゴレがひどい場合

といった場合は、新品のケースを交換したほうが良いかと思います。

CDの交換用ケースに使っているのは、サンワサプライの「サンワサプライ BD DVD CDケース」。

サンワサプライ BD DVD CDケース 1枚収納×10 クリア FCD-PN10C

 

DVDケースはボックス商品など、一度に複数枚使う場合があるので、まとめて購入しています。

DVD/CDトールケース 1枚収納 白 ロゴ無し50枚セット

DVD ケース 14mm 黒 1枚収納 100枚入

こちらの商品は品質も良くおすすめです。

 

ディスクのクリーニング

ディスクのクリーニングクロスは、サンワサプライのクリーニングクロスを使用しています。

ディスクに付いたほこりや指紋を綺麗にふき取ることができます。

また、洗濯もできるので長く使うことができるのもメリットです。

大きめなので、半分か4分の1にカットしてから使うとちょうどいいですし、より長く使えますよ。

サンワサプライ 超極細繊維ハイテククロス 液晶画面/スマホ/メガネ/CD・DVD/レンズ 30×40cm 大判タイプ DK-KC5

 

クリーニングクロスだと強めのヨゴレは完全に落とすことができません。

そういった場合は液体クリーナーがおすすめ。ちょっと高いですが、液体クリーナーとして定評があるのがレイカの「バランスウォッシャー」。

ディスクの研磨は必要?

私は研磨をしたことがありませんし、必要ないと思っています。

研磨機も持っていません。

多少のスレ程度であれば、そのまま出品していますし、ディスクのスレでクレームがきたこともないです。

もし盤面のスレが多いときや、目立つキズがある場合は、以下のことをすれば問題ありません。

  • 再生の確認をすること
  • スレがある旨をコンディション説明欄に記載する。そして、再生済みで問題ないことを記載する

再生に問題がないことを、コンディション説明欄に記載しておけば、基本的には問題ありません。

なかには、ディスクの細かなスレに対しても神経質なお客さんはいますが、そういったお客さんはごく一部なので、あまり気にする必要はありません。

また、研磨機はデメリットも多いです。

  • 購入費がかかる
  • 場所を取る
  • テクニックが必要
  • 研磨時間がかかる

また、テクニックも必要になってくるので、研磨機で研磨したからと言って、必ず綺麗になるかというとそうでもないです。

よく研磨跡が残っているディスクを見かけますよね。

盤面がピカピカになることもあれば、そうでないこともあります。

そういったことに時間を費やすのであれば、そのまま出品したほうがいいです。

盤面についた研磨跡をとるには?

仕入れた商品で、研磨跡が残っているディスクがありますよね。

ディスクの縁にうろこ状のモノが残っていたり、盤面に曇りができていたり。

これは、先ほど紹介した「ドーバー パストリーゼ77」をティッシュに含ませて軽くなぞります。その後、クリーニングクロスで拭き取ることでかなり綺麗にすることができます。

アルコールスプレーでディスクをクリーニングすると、傷めてしまう可能性もあるので、できればディスク用のクリーナーを使った方がいいです。

ディスクの縁についたうろこ状のモノも簡単に取ることができます。

 

ディスク盤面の曇りなんかも取ることができます。

写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、かなり綺麗にすることができます。

注意点として、レーベル面にアルコールスプレーをかけて拭き取ってしまうと、色落ちしてしまうこともあるので気をつけてください。

また、アルコールスプレーは使いたくないという人は、先ほど紹介した「バランスウォッシャー」を利用するといいです。

まとめ

今回はCD、DVD・Blu-rayのディスク系商品のクリーニングに必要なものを紹介しました。

イメージと違って、そこまで手間がかかっていないかと思います。

ただし、最低でも除菌スプレーやウェットティッシュなどで、商品を軽く拭き取るくらいはした方がいいです。見た目は綺麗でも、いざ拭き取って見ると結構汚れていることも多いです。

中古店で売っている商品はクリーニングがされていると思われていますが、クリーニングをしていない店舗がほとんど。表面がべたついている商品は、汚れが付着している可能性が高いです。

少しでも参考にしていただければと思います。

ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付き 500ml
サンワサプライ 超極細繊維ハイテククロス 液晶画面/スマホ/メガネ/CD・DVD/レンズ 30×40cm 大判タイプ DK-KC5

-中古CD・DVDせどり