高く売れるCDの特徴は?CDを高く売るコツについても紹介!

本ページはプロモーションを含みます。

「手元のCD売りたいけど、どうやったら高く売れるの?」と悩んでいませんか?

せっかく自分で買ったCDであれば、どうせなら高く売りたいですよね。

とはいえ、いざ売ろうと思っても「どうすれば高く売れるのか分からない」という方は多いかと思います。

そこで本記事では、高く売れるCDの特徴について解説しながら、CDを高く売るための方法について詳しく紹介していきます。

「CDを高く売るためのポイントを知りたい」という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

高く売れるCDの特徴

高く売れるCDの特徴について詳しく解説します。

CDの販売価格は、さまざまな要素によって決まりますが、いくつかの特徴が高値で取引される傾向があります。

初回限定盤CD

初回限定盤は高価格で売買されることが多いです。

というのも以下の2つの理由があるからです。

  • 通常盤と比べて生産量が限られているため、供給が少なくなるとプレミア化しやすい
  • 限定盤だけの豪華パッケージだったり特典が付属するため

まず、初回限定盤は生産量が限られているため、その時点で希少性は高いです。そして、供給が少ないことから市場への出回りが少なくなりやすく、プレミア化しやすい傾向があります。

初回限定盤には、特典として豪華なブックレットやDVD、ポストカードやポスターなどが付いている場合が多く、ファンやコレクターにとって非常に魅力的な商品となります。

廃盤CD

また、廃盤になったCDも高額で取引されることがあります。

廃盤CDは、レコード会社がすでに生産を終了したCDなので、入手困難なため希少性が高くなるからです。

一度廃盤になってしまったCDは、基本的に再販されることはありません。

そのため、アーティストの熱狂的なファンやコレクターにとって価値が高くなるため、高額で取引される要因となります。

特に人気のあるアーティストのCDが廃盤になると、需要は高いものの供給は限られているため、価格が上昇する傾向にあります。

ただし、廃盤で相場がプレミア化している商品でも、再販されることはあります。それに伴いオリジナル版のほうの相場が下がることもあります。

インディーズ時代のCD

インディーズ時代のCDも高価で取引されることがあります。

インディーズとは、独立系のレコード会社によって制作・販売されたCDや自主制作CDのことを指します。

これは、アーティストがメジャーレーベルに所属していない時期の作品なので、販売数が限られていることが多いです。

そのため、アーティストが後に有名になって需要が高まっても、入手困難なため価値が上がりやすいです。

ライブ会場限定のCD

ライブ会場限定のCDも高値で取引されることがあります。

これは、アーティストがライブ会場でのみ販売されるCDであり、通常の販売ルートでは手に入れることができません。

アーティストのライブは、特別なイベントであり、その場でしか手に入らない限定アイテムとしての価値が高いです。

また、ライブ会場限定のCDには、ライブ音源や未発表曲などの特典が付いている場合もあります。

発売から間もないCD

プレミア価格で売れるというわけではありませんが、定価に近い価格で売るのであれば発売から間もないCDも高く売れやすいです。

発売から1〜2ヶ月以内であれば、中古市場の出回りが少ないため、中古相場が新品に近いからです。

中古市場に出回りが増えてくると徐々に価格は下がっていく傾向があるので、発売直後のCDを売りたい場合は、できるだけ早く売ったほうが高値で売れます。

高額CDの一例

参考として高額CDの一例を紹介します。

ゲームサントラで有名なのは「ドンキーコング2のサントラ」で、20万円でも取引されています。

ドンキーコング2のサントラの落札価格

ゲームサントラは高額商品が多く、

  • スーパーマリオRPG
  • がんばれゴエモン
  • 星のカービィ
  • レーシング・ラグーン
  • サイレント・ヒル
  • ぷよぷよ

などは特に高額で取引されています。

他にも邦楽では、

  • 岩崎宏美 ROYAL BOX~スーパー・ライヴ・コレクション~
  • 松本伊代 スウィート16 BOX(DVD付)
  • キャンディーズ・タイムカプセル

など、ボックス系商品、限定生産盤などが高額で取引されています。

CDを高く売るコツ

付属品が揃っていると高く売れる

まず、CDをできるだけ高値で売りたいのであれば、付属品を揃えておくことが重要です。

コアなファンやコレクターにとっては、付属品完備のCDに価値を見出す場合が多く、他の商品より高くても「付属品完備」のCDが欲しいという人が多いからです。

CDの付属品としては、帯、歌詞カード、ブックレット、初回特典(ポスター、特典DVD、ステッカーなど)があります。

これらの付属品が揃っている場合と欠品している場合では、販売価格に大きな差が出ることが多いです。

意外と帯を捨ててしまっている人も多いですが、コレクターの方には帯があるだけでも価値があるものです。

そのため、できるだけ付属品を保管しておくようにしましょう。

商品をキレイにする

また、CDや付属品汚れている場合は、綺麗にしておくことも大切です。

CDの場合だと、盤面に指紋の跡がついていたり、ケースが汚れていたりすることが多いです。

クリーニングする際は、以下のアイテムを使うのがおすすめ。

この2つを使うと汚れをキレイにすることができますよ。

関連記事:【簡単】CDをクリーニングする方法と保管方法を紹介!

汚れのあるCDとキレイなCDでは、販売できるコンディションがかわるため価格が変わってきます。

ただし、CDはデリケートなので、無理に綺麗にしようとして傷をつけたりしないように慎重に扱いましょう。

また、ケースにヒビが入っている場合は、新品ケースに交換しておくといいです。ケースにヒビが入っていると価値が大きく下がるためです。

それに需要のあるCDの場合、ケースを新品に交換して綺麗なことをアピールしたほうが、より高値で売れやすいメリットもあります。

CDケース(サンワサプライ BD DVD CDケース)は1枚あたり数十円程度なので、負担もかかりません。

ただし、CDによってはオリジナルケースが存在し、そのケース自体に価値を見出す人もいるので中です。

また、新品で購入したけど未開封といったCDもあるかと思いますが、未開封は特に高くなります。

まとめ売りをする

CDの中には全集やシリーズになっているものもあります。

こういったCDは単体で売るよりも、まとめて売った方が価値が上がることが多いです。

いくつか売りたいCDがある場合は、小出しにせずに一気にまとめて売ることを検討してみてください。

ただし、一部欠品している場合は価値が下がってしまうので、できるだけ揃った状態で販売することがポイントです。

また、1枚1枚の価値が低い場合、同じアーティストのCDをまとめて売ることで、高値で販売できることも多いです。

例えばですが、「ミスチルのアルバム15枚セット」といった感じでセットにして販売すると、まとめて買いたいファンの方に購入してもらえることが多いです。

CDを売る方法

CDを売るなら大きく分けて2つです。

自分で売るか、中古ショップに買い取ってもらうかです。

一番高く売りたいなら自分で売る

一番高く売るなら、ヤフオクやメルカリなどで販売することです。

「自分で売る場合」と「中古ショップの立場」を考えれば理由がわかります。

例えば、中古相場が2,000円のCDの場合を見てみます。

自分で売る中古ショップ
中古市場の相場で売ることができる

例)2,000円で売る
安く購入して、中古市場の相場で売る

例)1,000円で買い取って2,000円で売る

このように、中古ショップは買い取ったCDをまた販売して利益を取る必要があるので、中古市場で販売しても利益が取れる価格でしか買取をしません。

一方で自分で販売する場合は、中古相場の価格で直接売れるため、手元にお金が多く残ります。

自分で売る場合のデメリットとしては、以下の点があります。

  • 出品や発送の手間はかかる
  • 売れるまでに時間がかかることがある

これらのデメリットは気にしないから、できるだけ手元にお金を残したいという方は、自分でCDを売った方がいいでしょう。

フリマとヤフオクでは販売形式が異なるので、簡単に説明しておきます。

ヤフオクで売る

ヤフオクは、基本的にオークション形式での出品になります。

そのため、需要の高い商品や出回りの少ないレア商品などは、多くの落札者が入札を繰り返し、出品した価格より高値で販売できるチャンスがあります。

ヤフオクは古くからCDの出品が多いという特徴もあるので、CDを自分で売るならまずはヤフオクがおすすめです。

ヤフオクで高く売るコツについては、ヤフオク出品で高く売るための8つの秘訣【初心者必見】を参考にしてみてください。

フリマで売る

フリマアプリには、メルカリ、ラクマ、PayPayフリマなどがあります。

フリマは、定額の出品となり自分が決めた価格で販売できます。

一番ユーザー数が多いのがメルカリなので、フリマを利用するならメルカリがいいでしょう。

ただし、メルカリはユーザーの年齢層がヤフオクより低いため、古めの年代のCDなどはやや売れにくい傾向があります。逆に、最近のアーティストなどのCDは売れやすいです。

そういった観点からも、ヤフオクを使うのかメルカリを使うのかの1つの基準としてみてください。

【メルカリ新規登録&招待コード入力で500円分のポイントがもらえます】

招待コード:XCARNP

フリマアプリはメルカリ - メルペイのスマホ決済でもっとお得

フリマアプリはメルカリ – メルペイのスマホ決済でもっとお得

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

中古ショップに売る

中古ショップに売るメリットは、すぐに現金化できることです。

自分で売ろうとすると、需要の少ない商品などは「何ヶ月も売れない」なんてこともあります。

中古ショップに買い取ってもらうことで、早ければその場で現金化、長くても数日で現金化することができます。

ただし、中古ショップに売る方法は、自分で売るより安く買い取られてしまうのがデメリットなので、すぐに現金化したいのか、販売・発送の手間をかけたくないのかで検討しましょう。

中古ショップには、

  • なんでも扱うリサイクルショップ
  • 中古メディア中心のショップ(ブックオフ、駿河屋など)
  • CD専門ショップ

があります。

特に注意しなければいけないのが、なんでも扱うリサイクルショップです。CDの知識があるスタッフが査定をするわけではないので、価値あるCDでも安く買い取られてしまう可能性もあるからです。

【ブックオフ】公式宅配買取サービス駿河屋であれば、独自の買取データベースを持っているので、それなりに信頼して大丈夫ですが、中には格安で買い取られてしまこともあります。

一番高く買い取ってもらうなら、専門知識のあるスタッフが在籍するCD専門の買取業者がいいでしょう。

CD専門の買取業者でおすすめなのが、エコストアCD買取センターです。

エコストアCD買取センターは、CD・DVDの買取を専門に行う国内最大規模の専門店。

買取査定歴30年以上、買取枚数累計1000万枚以上という実績もあるので安心です。独自の買取データベースとCDに詳しい専門家もいるので、高く買い取ってもらえることが多いです。

エコストアレコード

「郵送・宅配CD買取」「出張CD買取」もやっているので、持ち込む手間を省くことができますよ。

関連記事:大量のCDを買取してくれるおすすめ業者8選!高額買取店の選び方も紹介

まとめ

高く売れるCDの特徴や、CDを高く売るための方法について解説してきました。

CDを高く売るなら、ヤフオクやメルカリを利用して売るのが一番高く売ることができます。

ただし、出品や発送の手間があるので自分で売るのが面倒な場合は、CD買取専門業者のエコストアレコードを利用しましょう。

ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事:CDを安く購入する方法!11のショップとお得に買うコツを紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独立6年目の中古メディアせどらー。本・CD・DVDがメイン。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→2年後独立。マイナージャンルが得意。

目次