せどり全般

【仕入れの成功と失敗】思い出に残った商品を紹介してみる

2020年4月22日

電脳仕入れリストをつくるために、かなり前の販売履歴を見ているのですが、「この商品懐かしいなぁ」というのがいくつか出てきます。

  • 初めて売った高利益商品
  • 痛い目をみた商品

など、いろんな商品があります。

本記事では、ちょっとした思い出のある商品を、いくつか紹介しようと思います。

思い出に残った商品を紹介してみる

初めて仕入れたもの

本せどりを始めて、一番最初に仕入れたもので、管理帳の一番最初に書かれている商品です。

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン

2750円仕入れ→3210円販売

赤字です(笑)

「500円くらい利益出るじゃん」と、気分良く家に帰ったものの、いざ出品しようと調べてみると、利益がでないことが判明。

店舗の価格とAmazon最安値の差しか見ていなくて、手数料のことを全く考えていない仕入れ。

しかもランキングも悪い。

たいした赤字ではないものの、仕入金額2750円で失敗したことで、精神的ダメージは大きかったです。

これでプロパー単行本が怖くなり、単Cせどりから修行を積むことになります。

初めてのプレミア本【救世主】

初めて仕入れることができたプレミア本。

ランボルギーニ・ガヤルド (NEKO MOOK 1251 ROSSOスーパーカー・アーカイブス 3)

1260円仕入れ→9800円販売

東北のディーラーさんが購入してくれました。

1冊で7000円近く利益が取れたので、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

ちなみにこの商品には、もう1つの思い出が。

4つめの評価で「1」をもらって、評価率が75%になってしまい、本業の仕事中にもかかわらず、相当落ち込んでいた時のこと。

その「1」の評価をもらった数時間後に売れてくれたのがこの商品。

落ち込んでいた気持ちを救ってくれた救世主です。

ちなみに、後にもう1回仕入れて売っています。

DVD恐怖症に陥れた珠玉の2品

せどりを始めて3週間たったころ、メインは単Cだったにも関わらず、ジャンルの幅は広いほうがいいだろうということで、中古DVDにチャンレンジ。

ネットで調べてみると、韓国ドラマはライバルも少ないし、利益が取りやすいとの情報が。

そこで、いつも会社帰りに通っていた店舗でリサーチすることに。

すると意外にも簡単に利益が取れそうな商品が見つかりました。

「あれ?中古DVDって意外と簡単なの?」

仕入れたのはこちら。

最高の結婚 DVD-BOXI

最高の結婚 DVD-BOXII

両方とも仕入れ値は4950円。

当時の相場だと、両方とも約9000円くらいで売れそうな感じでした。

赤枠のあたり。

しかし、問題はランキングが悪かったこと。

1商品当たりの利益額の大きさに目が眩んだのか、ランキングを甘く判断してしまいました。

写真も載せて、コメントでも綺麗さをアピールするも、評価数も少なく自己発送なのもあってか、売れない売れない。

当時の自分にとっては、大きな仕入れ金額だったにも関わらず、自分の商品が売れない上に、相場は下がるばかり。

売れるのに3か月、結果としては完全に失敗仕入れ。

  • 4950円仕入れ→6400円販売
  • 4950円仕入れ→6200円販売

結果はほぼプラマイゼロで、大きな赤字というわけでありません。

しかし、売れないにも関わらず相場が下がり続けることによる精神的ダメージは大きく、売れるのを待つまでもなくDVD恐怖症に。

当時の自分にはリスクが大きいと感じたので、もうしばらく本で修行を積むことになります。

今となっては稼ぎ頭のDVDせどりですが、一度は撤退しています(笑)

予想は外れたけど当たりではある

思い込みは良くないと気づかせてくれた商品。

日本昔ばなし ~ にんげんっていいな

2450円仕入れ。

この商品は、「ハッチポッチステーション ~ベスト・オヴ 江戸川サリバンショー~」の商品のすぐ近くに置いてあったもの。

自分の中では、

  • NHK関連は利益商品が多い
  • 昔のアニメは利益商品が多い

という知識はありました。

棚をザっとみたとき、「ハッチポッチステーション」はもしかしたらプレミアの可能性があるかもと、なんとなく感が働いたので、検索すると見事プレミア。

2950円で仕入れましたが、当時の相場は7000円くらい。

結果的には5000円くらいの販売になってしまったので、利益は少なかったですが、当たりを付けるという意味では上出来。

しかし「にんげんっていいな」のほうは、あまりにもメジャーすぎるし、たいした価格ではないだろうと思っていました。

まあ、もしかしたらちょとは利益取れるかもしれないし、一応調べてみるかと検索すると、相場は3万円。

3万円で売れた形跡はなかったのですが、7000円台なら安定して売れた形跡が。

「3万でも売れるのか?」と疑問はありましたが、とりあえず相場に乗って出品していたら、無事3万円で販売することができました。

思い込みは良くないなと、この商品から学ばせてもらいました。

  • タイトルで勝手な判断はしない
  • 自分で価格の上限値を作ってはいけない

ちなみに過去4回売っています。

一撃とは何か

一撃とは何かを教えてくれた商品で、仕入れ値、販売額、利益額いずれも過去最高の商品。

スーパードンキーコング2

99800円仕入れ→262100円販売
利益:12万円

ブックオフで見つけたときは、スタッフが0を1個間違えたのかと思いましたが、モノレートを見ると超プレミア商品であることが判明。

規格番号やネットの画像まで確認しながら、本物であることを確認したり、10万円の仕入れにチャレンジできるのか、悩むこと15分。

仕入れを決断。

レジに持って行ったら、スタッフさんが値札をみて、これぞ教科書通りという2度見をしていました。

運よく2週間で売れてくれたのですが、この2週間は本業に集中できませんでした。

セラーセントラルアプリを確認しまくり(笑)

とにかく売れてくれて一安心しました。

この商品は、駿河屋でもう1度仕入れるチャンスはあったのですが、その時は仕入れ値が13万円で、Amazon相場が21万くらい。

5万円近くの利益が狙えましたが、相場の下落リスクを考えた結果、13万円での仕入れは見送りました。

しばらく後に店舗をのぞくと、もうなくなっていたので誰かが購入したのでしょう。

まとめ

これまで販売してきた中で、思い出に残っている商品をいくつか紹介してきました。

初心者の頃で精神的ダメージが大きかった商品は、やはり記憶に残るものです(笑)

最近では、思い出になるような商品の仕入れというのは、ほとんどありません。

何かを仕入れるにしても、リスクは考えているので、仮に失敗したとしても落ち込みは少ないです。

いくら高利益を取ったからといって、スーパードンキーコング2を超えることはありません。

またいつか、刺激的な商品に出会えたらいいなと思っています。

-せどり全般