せどり全般

車なしの人が店舗せどりをする場合の対策法【電車せどりも悪くない】

2020年9月28日

利益率高めの仕入れがしやすい店舗せどり。

しかし、仕入れ量が多くなったりすると持ち運びが大変になるのがデメリット。

やはりせどりをするなら車があった方がいいのは確かです。

維持費などかかりますが、

  • 移動が楽
  • 荷物をたくさん運べる
  • 遠征もしやすい

など、メリットは大きいです。

しかし、車がないからといって店舗仕入れができないわけではありません。

私は都内の電車せどりでも5年以上せどりをやっていますし、専業としても3年以上稼いできました。

そこで本記事では、車がないせどりをする時の対応策を紹介したいと思います。

車がない人が店舗せどりをする場合の対策法

車がない人が店舗せどりをする場合の対策法を紹介します。

配送サービスを利用する

仕入れ先の店舗の中には、配送サービスを行っている店舗は多いはずです。

配送サービスが利用できるのであれば、仕入れ量や商品の大きさに気を使う必要はありません。

購入金額に応じて配送料が無料になる店舗もあれば、購入金額にかかわらず配送料がかかる店舗もあります。

自宅に配送するまでに時間がかかりますが、利用しない手はないですね。

どうしても早く出品したい商品だけ持ち帰って、他は自宅まで配送といった感じでもOKです。

小型商品を対象にする

車を持っていない人が店舗仕入れをするなら、仕入れ対象を持ち運びのしやすい小型商品に絞るのもおすすめです。

例えば、

  • メディア系商品(CD、DVD、ゲームソフトなど)
  • PC周辺機器
  • ヘルス&ビューティー

などです。

サイズが小さければ、配送を気にすることもないですし、よっぽどの大量仕入れでない限り手で持って帰ることもできます。

それでもそれなりの量になるとキツイですが(笑)

街中の運送会社を利用する

1日仕入れを回っている中で荷物が多くなってきたら、街中にあるヤマト運輸や日本郵便に持ち込んで、自宅まで発送するのも1つの手です。

段ボールが手に入るのであれば、コンビニから発送するのもアリです。

配送料がかかってしまうのはネックですが、身軽で仕入れをしたほうがはるかに効率的です。

仕入れルートの近くに配送できる場所があるか確認しておくといいでしょう。

コインロッカーを使う

駅の近くであればたいていコインロッカーがあります。

コインロッカーをうまく使うことで、荷物の負担を減らすことができます。

ただし、コインロッカーをアテにしていると「たまに満タンで使えない」といったこともあるので注意が必要です。

バッグは大きめにする

車がないせどらーにとって、荷物を持ち運びするバッグは重要です。

できるだけ大きめのリュックがオススメです。リュックであれば両手が空くのでリサーチの邪魔にもなりません。

せどらーによってはキャリーバッグを使っている人もいます。収納量で言えばキャリーバッグに軍配が上がりますが、移動に不便なので私は使っていません。

電車移動は有意義な時間

私は都内でせどりをしているので、移動手段は基本は電車です。近場の店舗はクロスバイクで行ったりもしますが。

よく言われるのが「店舗へ行くまでの移動時間は無駄な時間」だということ。

私はこうは思いません。

なぜなら、

  • 電脳リサーチの時間に当てられる
  • インプットの時間にできる

といったことができるからです。

電車移動中は電脳リサーチをしたり、Amazon Audibleで音声読書をしたり、Kindleで読書をしたりすれば有意義に過ごすことができます。

Amazon Audible(オーディブル) 

むしろ家にいるより集中できます(笑)

もちろん、ただただボーッと電車の中にいたのでは無駄ですが、せっかくの隙間時間なので有効に使いましょう。

電脳仕入れも検討しよう

配送をうまく利用したり、仕入れターゲットを小型商品にすれば、車がなくても問題なくせどりで稼いでいくことはできます。

ただし、それでもある程度の限界が出てくるのと、体力的な問題も出てきます。それに電車移動の時間を有意義に使えるといっても、すべての移動時間を有意義に過ごせるわけではありません。

これらの問題を根本的に解決するには、やはり電脳仕入れを取り入れることです。

完全移行とまではいかなくても、電脳仕入れの割合を増やしていくというのがいいと思います。

2割〜3割でも電脳にするだけでも、違ったせどりを展開していくことができます。

例えば週5回店舗仕入れに行っていたのを、週3回は店舗仕入れで週2日は電脳仕入れにする、といった感じにするだけでもせどりの展開がラクになります。

以上、車がない人が店舗せどりをする場合の対策法の紹介でした。

-せどり全般