本せどり

中古本のクリーニング方法と必要なものを紹介!

2020年5月9日

ブックオフで買ってきた本や、家に長年置きっ放しの本など意外と汚れているもの。

  • 本のクリーニング方法が知りたい
  • フリマで少しでも高く売りたいから綺麗にしたい

このように思っている方もいるかと思います。

そこで本記事では、「本のクリーニング方法が知りたい」といった方に向けて、本のクリーニング方法を紹介したいと思います。

中古本のクリーニング方法

中古本のクリーニングの方法を紹介していきます。

そこまで神経質にならないで、簡単に済ませてしまえばOK。

中古本のクリーニングは、そこまで神経質にならず簡単にすませることがポイントです。

紙の本はデリケートなので、強引にクリーニングしてしまうと逆に傷めてしまうことも。

カバーのヨゴレ

本のクリーニングは、基本的にはカバーの汚れを拭き取ってあげればOKです。

「ビニール製のカバー」と「紙製のカバー」でクリーニング方法が異なります。

ビニール製のカバーの場合

パッと見では汚れがなさそうでも、軽くでいいので拭いておくことをおすすめします。

汚れはなさそうに見えて、いざ拭いてみたら結構汚れがついていた

こういったことはよくあります。

ブックオフのような大手業者だからといって、しっかりクリーニングしているわけではありません。

実際はテキトーなので、中古ショップで買った場合は、軽くクリーニングしたほうがいいです。

カバーの汚れを落とすだけでも、見た目の綺麗さがだいぶ変わりますよ。

使うものは、以下の2点がおすすめ。

  • 除菌スプレー(パストリーゼ77)
  • キッチンペーパー

私は「パストリーゼ77」というアルコール除菌スプレーと、普通のキッチンペーパーを使っています。

この2つを使っているのには理由があります。

パストリーゼを使う理由としては、拭いたあとの乾燥がとても早いから。

ウェットティッシュや他の除菌スプレーだと、乾くのを待ったり、乾拭きをして水分をふき取る必要があります

しかし、パストリーゼは数秒で乾燥するので、余計な手間と時間を省くことができます。

普段の生活で使う除菌スプレーとしても優れもです。

created by Rinker
Peekaboo
¥1,366 (2022/07/05 06:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

キッチンペーパーを使う理由としては、アルコールスプレーを使っても破れないからです。

ティッシュペーパーだとすぐに破れてしまい、何枚も使うことになるのでちょっと面倒。キッチンペーパーはアルコールスプレーを使っても、破れることなく何回も使えます。

紙製のカバーの場合

紙製のカバーの場合は、アルコールスプレーを使うと傷めてしまうので、ほとんどクリーニングしません。

どうしても綺麗にしたい場合は、消しゴムを使います。

ただし、紙製のカバーはデリケートなので、あまり力を入れず様子を見ながら汚れを落とすのがポイント。

また、カラー印刷されている部分を消しゴムでこすると、色落ちてしまうので注意してください。

シールはがしについて

古本ショップで本を買うと、カバーに値札シールが貼ってあることがありますよね。

たいていの場合、簡単に剥がせるシールを使っているので問題ありませんが、お店によっては剥がしにくいシールを使っていることも。

シールを剥がすには、以下の2つの方法がおすすめ。

  • シールにドライヤーを当てながら剥がす
  • ライターオイルを使って剥がす

まず、ドライヤーを使う方法ですが、シールをはがす部分にドライヤーの熱を当てながら、ゆっくりめくる感じにやると綺麗にはがれます。ほとんどの場合は、この方法で済ませてしまいます。

本だけでなく、日常で買い物をしたときにはがしにくいシールがあった場合は、この方法を使うと便利です。

もう1つの方法が、シールにライターオイルを湿らせてしばらく放置すれば簡単にシールをはがせます。

書き込み

古本の場合、中に書き込みがあることも。また、古書店などでは見開きに値段が書いてあることも。

鉛筆で書かれている書き込みであれば、消しゴムで消すことができます。

面倒で時間がかかる作業なので、手間と考慮してやったほうがいいです。できれば購入の際に、しっかり確認しておきたいところです。

タバコ臭

タバコ臭は落ちにくくかなり厄介。

タバコ臭を落とすなら、以下の2つの方法がおすすめ。

  • 本と消臭剤を袋に入れて数日放置
  • 本のなかに新聞紙を挟んで数日放置

下の写真のように、ビニール袋の中に本と消臭剤を入れて、ビニール袋をとじた状態で数日放置すれば、タバコ臭を消すことができます。

  • 下の写真では本が閉じた状態ですが、実際は開いた状態で置いたほうが効果的です。
  • 私は少し香り付いた消臭剤を利用していますが、一般的には無臭のもがおすすめされています。

新聞紙を使う場合は、新聞紙を本と同じ大きさにカットして、ページの間に挟んでいきます。全てのページに挟めると効果的ですが、面倒な場合には数ページごとに1枚でもOKです。

最後にカットしていない新聞紙で本を包み込んで数日放置します。これでタバコ臭をたいぶ消すことができます。

まとめ

中古本のクリーニング方法を解説しました。

手間をかけて「漂白剤でシミを落とす」「ヤスリで日焼けを落とす」といったようなこともできます。

ただし、本を傷めてしまうリスクや、手間がかかりすぎてしまうので、基本的にはカバーのクリーニング程度でいいかなと思っています。書き込みやタバコ臭があれば、随時対応するといった感じですね。

以上、中古本のクリーニング方法の紹介でした。

この記事を書いた人

くりすぷ

せどり歴6年(独立4年)の中古メディアせどらー。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→独立後ブログで収入を複数化。せどりはマイナージャンル、プレミアが得意。せどりで稼ぐ情報をメインにブログ、ポイ活についても発信しています。

>>プロフィール詳細

-本せどり