本せどり

本せどりで稼ぐコツを解説!初心者でも稼ぎやすいジャンルで月10万円も達成可能

2019年11月10日

せどりの入門として今でも人気のある「本せどり」。

副業として手軽に始められることや、仕入れ単価が安いので資金の少ない方にもおすすめとして紹介されることが多いですね。

本せどりはオワコンだと言われがちですが、まだまだ稼げるジャンルなので、副業で月10万円も十分に目指せるジャンルです。

  • 本せどりが気になっている
  • 本せどりで稼ぐためのコツが知りたい

こんな方のために、本記事では「本せどりで稼ぐためのコツ」について解説します。

そもそも本せどりって今でも稼げるの?

本せどりの現状

  • いまどき紙の本の需要なんてあるの?
  • もう本せどりなんて古いでしょ
  • 本せどりってオワコンって言われてるじゃん

こんな風に思っている方も多いかもしれません。

しかし、本せどりはいまでも稼ぎやすいジャンルです。

そもそも本せどりは何年も前から終わったと言われていますが、いまだに終焉を迎える気配はありません。

私は本せどり以外にも中古CD、中古DVD、たまにゲームソフトといった感じで手広くやっていますが、CD、DVDに関しては、値付けが厳しくなってきていて、数年前に比べてそう簡単には稼げなくなってきています。

それに対し本せどりの場合、私が本せどりを始めた2016年から大きな変化はなく、稼ぎやすさの安定感は群を抜いてます。

本せどりが稼ぎやすい理由

本せどりが今でも稼ぎやすい理由としては、以下のとおりです。

  • 流通が多いのでどんどん値下げされる
  • プレミア価格が導入されていない
  • 定期的にセールが行われる

なんといっても本の流通量は多く、トコロテン(値下げ)で仕入れやすいのがメリット。

店舗側も買い取りがたくさんあるため、棚に入りきらないほど多くなってくると品出しすらできない状態になってしまいます。そんなときどうするかというと「値下げ」です。ブックオフでは「トコロテン」と言われるものですね。

さらに定期的なセールも開催されることが多いので、仕入れのチャンスとなります。

通常の価格だと利益が取れない商品でも、トコロテンやセールで値下げされれば利益が取れる商品になります。それが大量に値下げされるわけですから、利益が取りやすくなります。

また、ブックオフなどの店舗においては、プレミア価格が導入されていないので定価未満での販売価格になっています。

例えば、定価3000円の本が、Amazonでは1万円で取引されている商品があるとします。普通であれば、ネット相場が1万なのだから、店舗でも7000円とか8000円で販売してもいいくらいです。

しかし、プレミア価格は導入されていないので、定価以内の2400円で仕入れることができたりします。

これって、めちゃくちゃ美味しい状況です。他のジャンルでは、こういったことは通常あり得ません。

本せどりのメリット

本せどりのメリットは以下のとおり。

  • 仕入単価が安い
  • 利益率が高い
  • リスクが少ない
  • 商品サイズが小さい
  • 検品・梱包が楽

本せどりの最大のメリットは、仕入れ単価が安く利益率が高いこと。

キャッシュフローも健全に保ちやすいですし、せどり初心者でも安心して取り組めます。

また、プレミア商品も多く、低額仕入れで高利益が狙えたりもするので、高利益ロングテール商品の仕込みにも最適です。

本せどりのデメリット

本せどりのデメリットは以下のとおり。

  • 重い
  • ライバルが多い
  • 商品数が多すぎる
  • 薄利になりがち

本せどりは薄利になりがちなので、取り扱う商品数がどうしても多くなってしまいます

重い上にたくさん扱わなければいけないので、重労働になりがちです。

検索について(目利きvsビーム全頭)

本せどりの仕入れ方法として、大きく分けると2つ。

『目利き』と『ビーム全頭』があります。

目利きとビーム全頭どちらがいいのか昔から論争がありますが、結論からいって正直どちらでもいいです。

どちらでも稼げます。

どちらにするかは、自分が「本せどりでどう稼いでいきたいか」で決めればいいと思います。

 

ビーム全頭スタイルの特徴

  • 作業自体は地味で検索時間もかかるが、棚にある商品からもれなく利益商品を取るスタイル
  • 結果はすぐに出やすい
  • ビームを購入する初期費用はかかる

 

目利きスタイルの特徴

  • 自分の商品知識を活かして、ピンポイントで利益商品を狙うスタイル
  • 商品知識や相場を覚えなければいけないので、熟練するまでに時間がかかる
  • 検索時間は少なくて済む

自分に合う方を選べばOKです。

本せどりで稼ぐためのコツ:ジャンル別の特徴

本せどりは、いくつかのジャンルに分けることができますが、各ジャンルの特徴について解説していきます。

単Cせどりについて

100円〜200円で販売される「単C」。

単Cの特徴は次のとおりです。

  • 仕入れ価格がかなり安い(100円〜200円)
  • 利益は取れるが薄利
  • お宝商品に出会う可能性は低い

単Cは稼げないということはありませんが、効率的ではありません。

なぜなら、1冊あたりの利益額が低くなってしまい、大きく稼ごうとすると量をこなさなければいけないからです。

まったくの本せどり初心者で、金額的リスクを抑えたい場合は単Cせどりもアリです。

単Cせどりの狙い目としては、以下の2つ。

  1. プロパー棚からトコロテンされてきた商品
  2. ロングテールだけど高利益が狙える商品

まず、単Cの一番の狙い目が、プロパー棚からトコロテンされてきた商品です。

単純に値下げされてきた商品なので、利益がとりやすいです。

また、ロングテールだけど高利益が狙える商品も積極的に狙うのも1つの戦略です。

というのも仕入れ値が100円、200円であればキャッシュフローを悪化させる可能性は低いからです。自分の使える資金と相談しながら、高利益ロングテール商品も狙ってみてください。

ただし、それでも薄利多売を強いられることになるので、1ヶ月〜2ヶ月くらい経験を積んだら、プロパーの雑誌や単行本に移行することをおすすめします。

単Cせどりについては、単Cせどり攻略法【非効率だけど経験を積むのにおすすめです】という記事で詳しく解説しています。

雑誌せどりについて

本せどりで最も稼ぎやすいのが「雑誌せどり」。

雑誌は基本的には再販されず、専門性の高い本もあるためプレミア要件を満たしやすいです。

しかも仕入れ金額も安いので、絶対に外せないジャンルです。

雑誌せどりは特にムック本がおすすめ。

ムック本は1つのテーマに特化したものや専門的な内容のものが多いので、プレミア商品も多くとにかく稼ぎやすいです。

特に以下のジャンルはプレミア商品も多く、稼ぎやすいので要チェックです。

  • 医学書
  • 車・バイク
  • 楽譜・バンドスコア
  • イラスト・設定資料集
  • 専門書

雑誌せどりの攻略法やおすすめジャンルは、【ブックオフ攻略:雑誌せどり編】仕入れのコツや狙い目ジャンルを紹介!という記事で解説しています。

単行本せどりについて

単行本は雑誌に比べてやや難易度が上がります。

なので、まずは雑誌せどりで経験を積んでから、幅を広げる意味で単行本に取り組むことをおすすめします。

雑誌は装丁が派手なのもあり、見た目で覚えやすいですが、単行本はそこまで覚えやすいものではありません。

ビームを使うか、使わないのであれば地道に棚の商品を覚えるのが結局は近道です。とはいうものの、ジャンルを絞ることでも結果は出やすいので、以下のジャンルはチェックしてみてください。

  • 法律
  • 音楽
  • 心理学
  • 宗教
  • 医学
  • 経営

単行本の攻略法については【ブックオフ単行本せどり】仕入れのコツや狙い目ジャンルを紹介!で解説しています。

本せどりのリサーチのコツ

本せどり初心者の人へのアドバイスとしては、まずは検索するジャンルを絞ることが大切です。

まずは自分の中で稼げるジャンルを構築していって、徐々に広げていくことを意識してみて下さい。

最初からなんでもかんでも検索しようとすると、退場コースが濃厚です。

例えば次のような感じです。

  • まずは雑誌を対象とする
  • 対象ジャンルは、医学書、音楽関連、車・バイク、美術に絞る

慣れてきたら、雑誌のジャンルを広げたり、単行本にも取り組んでみるなど、徐々に対象を広げていくほうがいいです。

あくまで例ですが、このようにまずは対象を絞って、とにかく検索していくことが大切です。

【本せどり】基礎から稼ぐためのコツ:仕入れ編

トコロテンを狙う

トコロテンを狙うのは本せどりの基本にもなります。

ブックオフではしばらく売れない本は、値下げをして売り切ろうとします。そういった商品は利益が取れる可能性が高いので要チェックです。

トコロテンの値引き額は、店舗によるところが大きいので、大きな値引きがあったり、たいして値引きされていなかったりとまちまちです。

これは店舗によるので、自分の通っている店舗がどんな感じでトコロテンしているか把握しておく必要はあります。

しかし、こんな感じで一気に割引される場合もあるので、是非とも狙いたいところです。

この商品の場合、950円で仕入れて7800円で売れてくれました。

高額商品になれば、値引き額も大きくなりやすい傾向にあるので利益が取りやすくなります。

トコロテンのデメリットは、いつ行われるかわからないことです。なので、トコロテン頼りの仕入れをしていたのでは、不安定な仕入れになってしまうので注意です。

トコロテンの値引額や頻度は店舗によって異なるので、店舗の特徴を見抜くことも大切です。

本せどりの狙い目!トコロテンについて解説【初心者でも稼ぎやすい】

 

ウルトラセール

ブックオフでは年に数回、本全品20%オフになるウルトラセールを開催します。

20%オフのセールになると、本せどらーをブックオフでたくさん見かけるように、稼げるイベントになります。

ライバルは多いですが、何かしら仕入れられるイベントなので、参加してみる価値はあります。

ウルトラセールで効率的に仕入れる方法は、【ブックオフせどり】ウルトラセールで効率的に仕入れる方法!で解説しています。この記事をお読みいただければ、本せどり初心者でも仕入れができるはずです。

10%オフクーポンを利用

セール期間中(セール後もしばらく貰える店舗もあり)は「本10%オフクーポン」がもらえます。

このクーポンを利用すれば、多少仕入れやすくなるので、こちらも利用してみるのがいいです。

ブックオフのセールが始まると、メルカリやヤフオクで割引クーポンが売られるので、これを購入してみるのもありです。

赤カートを狙う

ブックオフで見かけたことがあるかと思いますが、品出しされる前の商品が並んでいる赤いカート。

ここは、他のせどらーが見ていない可能性が高いので、真っ先に利益商品が取りやすいです。

注意点として、赤カートを検索することを嫌がる店舗もあるので、確認しておいた方がいいです。

個人経営のローカルな書店を狙う

おじいちゃんがやっているような、街の小さな本屋さんなんかは狙い目です。

基本的にこういった店舗にはせどらーは来ません。

会社員時代は、会社の近くに老夫婦が経営している小さな古本屋さんがあって、小説とか古書はそれなりの値段を付けているのですが、その他のビジネス書などの単行本はすべて100円というオイシイ値付けだったりもしました。

商品の流通量は少ないですが、たまに美味しい利益商品に出会えることもあるので、こういった店舗を攻めてみるのもアリです。

仕入れ時の注意点

仕入れ時の注意点を解説します。

旧版・新版のチェック

本せどりでよくあるのが、旧版・新版のチェックを怠って仕入れをしてしまうこと。

例えばこちらの商品。

この商品は新版として、第2版のものが発売されています。

基本的には、旧版の方は相場も下がってきて回転も悪くなってきます。

もちろん旧版が売れないことはないので、相場や回転などをチェックして仕入れるようにしましょう。

書き込みに注意

中古本の場合、どうしても書き込みやマーカーの引いてある本を仕入れてしまう場合があります。

気づかずに販売してしまうと購入者さんからクレームや悪い評価をもらうことになってしまうので、仕入れ時、検品時によくチェックしておきましょう。

【本せどり】書き込みのある本の仕入れ判断【高利益なら仕入れてOK】

付属品の欠品に注意

本であっても、特典CDがついていたり、ポスターがついていたりと特典・付属品があったりします。

こちらも気づかずに販売してしまうと、クレームや悪い評価につながるので注意が必要です。

瑕疵ありでも利益が取れるか検討すること

書き込みや欠品などがあっても利益が取れないかどうかは必ず検討しましょう。

「瑕疵があると利益が取れない」と思い込んでいるせどらーは多いです。

中古商品なので「傷や汚れがあってもとにかく安く買いたい」という人は一定数います。

目の前に利益商品があるのに見逃していたのではもったいないです。

【本せどり】基礎から稼ぐためのコツ:販売編

仕入れた本を販売する際に必要な「検品」「クリーニング」「出品コメント」について解説します。

検品方法

本の検品は面倒なイメージがあるかと思いますが、実はけっこう簡単です。

チェックポイントはたくさんありますが、ほとんどがパッと見でチェックできるものばかりなので、たいした時間はかかりません。

本せどりの検品方法を徹底解説!注意すべき10のポイントを紹介!

クリーニング

また、クリーニングに関してもそこまで神経質になる必要はなく、簡単に済ませてしまえばOKです。クリーニングにおすすめのアイテムも紹介しているので、参考にしてみてください。

【本せどり】中古本のクリーニング方法を解説【手間をかけなくてOK】

出品コメント

中古品販売で重要な要素の「出品コメント」。

具体的に書いた方がいいのか、ざっくりでいいのか、それとも業者のような定型文でいいのか悩みますよね。

以下の記事では「本せどりの出品コメントは、どんな書き方をすればいいのかわからない」といった方に向けて解説しています。

【中古せどり】本、CD、DVDの出品コメントの書き方を紹介

商品の写真

写真付きで出品したほうが、写真なしの場合より有利になります。

ただし、なんでもかんでも写真を撮っていたのでは、時間がかかりすぎてしまいます。

なので「写真を撮る商品」と「写真を撮らない商品」に切り分けるのがおすすめ。

【写真を撮る商品】

  • 高値販売をしたい商品
  • 高単価商品
  • ロングテール商品

 

【写真を撮らない商品】

  • 低単価商品
  • 高回転で最安値付近で販売する商品
  • 新品と中古の価格差がない商品

詳しくはこちらの記事で解説しています。

中古せどりの出品は写真付きのほうが有利なの?写真を付ける基準も解説!

まとめ

本せどりで稼ぐためのコツとして、仕入れのポイントやおすすめジャンルを紹介しました。

本せどりは、気軽に取り組めるてイージーに見られますが、脱落していく人も多いです。

しかし、まだまだ稼げますし、「低額仕入れで高利益額・高利益率」を狙えるおいしいジャンルです。

本せどりで稼ぐためにも以下のことを意識してみて下さい。

本せどりのポイント

  • まずはジャンルを絞って検索し、徐々に広げていく
  • トコロテンを見つけたらチャンス
  • セールやクーポンを利用して安く仕入れる
  • プレミア商品を狙い高利益を狙う

私は、本せどりから始めて、CD、DVDとジャンルを広げていきました。

一時期はディスク系に傾倒していましたが、原点回帰して本せどりに力を入れているくらい、おいしいジャンルでもあります。

ぜひ参考にしていただければと思います。

-本せどり