アプリ・ツール

【レビュー】電脳リサーチツールDELTA GIGA(デルタギガ)の機能

仕入れ判断ツールとして定番の「NEWタイプDELTAトレーサー」の開発チームが手掛ける、電脳リサーチツール「DELTA GIGA(デルタギガ)」

「DELTA GIGA(デルタギガ)」は、NEWタイプDELTAトレーサーの上位版にあたり、NEWタイプDELTAトレーサーに電脳リサーチ機能が追加されたもの。

本記事では、「DELTA GIGA(デルタギガ)」の機能について紹介したいと思います。

そもそもNEWタイプDELTAトレーサーって何?という方は、こちらの記事「デルタトレーサー完全解説!せどりの仕入れ必須ツールでおすすめ!」を参考にどうぞ。

DELTA GIGA(デルタギガ)の基本情報

DELTA GIGA(デルタギガ)とは

DELTA GIGA(デルタギガ)は、デルタトレーサー開発チームが手がけるネットショップ全頭リサーチツールです。

対象ショップは、楽天市場、ヤフーショッピングで、1分間で1300件の高速リサーチができるのが特徴。(ただし、商品ページにJANコード登録のない商品はリサーチ対象外)

Webツールなので、24時間・365日休むことなくリサーチを行ってくれます。わざわざツールを立ち上げておくといったことも不要なので、パソコンやスマホの電源を切っていてもOK。

電脳リサーチツールでは、セドリオンが有名で私も使っていますが、ツールを立ち上げておかなければいけないのがデメリット。

DELTA GIGA(デルタギガ)はWebツールなので、リサーチをかけたあとはほったらかしでいいのが嬉しいところ。

料金

DELTAGIGAの利用料金は、月額9,800円(税込)です。

※DELTAGIGAには、NEWTYPEデルタトレーサー(月額2,200円・税込)も含まれています。

DELTA GIGA(デルタギガ)の機能

DELTAGIGAは、NEWTYPEデルタトレーサーの上位版の位置づけなので、デルタトレーサーのWebサイトから利用することができます。

 

DELTAGIGAは、以下の3つの機能を備えています。

DELTA GIGAの機能

  • ネットショップリサーチ
  • Amazonハック(ライバルリサーチ)
  • 楽天ハック(ストアリサーチ)

いずれの機能も1分間に1300件の高速リサーチができます。

また、検索結果には「利益率」「販売価格帯」「ランキング」などのフィルター機能があるので、検索結果からさらに絞り込みが可能です。

ネットショップリサーチ

ネットショップリサーチ機能は、デルタトレーサーのデータベースに蓄積されている1000万点以上のAmazon商品データをもとに、楽天市場とYahoo!ショッピングから、10%以上差額の取れる商品を抽出する機能です。

すでにDELTAGIGAでリサーチ済みの商品一覧が、常時13,000点以上表示されます。

 

 

商品データの上部には、以下のデータが表示されます。

  • Amazon商品情報
  • 各種ネットショップリンク
  • Amazon価格
  • Keepaグラフ

 

商品データの上部には、以下のデータが表示されます。

  • ネットショップ登録情報
  • 利益額
  • 利益率

 

この一覧から、フィルタリングを行い、自分の条件にある商品を絞り込んで検索していく流れになります。

 

フィルタリングは以下の項目で行うことができます。

フィルタリング項目

  • 検索キーワード
  • 除外キーワード
  • ショップ指定(楽天市場 or Yahoo!ショッピング)
  • ストアコード
  • Amazon在庫切れのみ表示
  • 除外カテゴリ(3つまで指定可能)
  • 利益率(%~%)
  • 新品価格(円~円)
  • 中古価格(円~円)
  • 新品出品者数(件~件)
  • 中古出品者数(件~件)
  • ランキング(位~位)
  • 並び替え(ランキング、価格、出品者数)

10%以上差額の取れる商品に絞られていることで、少なからずむやみやたらに検索をしていくより、はるかに効率的な絞り込みがされています。

フィルタリングをすることで、利益商品のリサーチの効率化に繋がりやすいです。

Amazonハック(ライバルリサーチ)

いわゆるセラーリサーチ機能ですね。

指定したライバルセラーの出品情報を全て取得して、楽天市場、Yahoo!ショッピングとの価格比較を行います。

セラーIDを入力して、リサーチをすればOKです。

 

 

検索結果一覧が表示されます。

 

あとはフィルタリングで条件を指定して、絞り込み検索をすればOKです。

価格差がある商品を抽出することによって、利益が取れるのであればそのまま仕入れが可能となります。

手動によるセラーリサーチより圧倒的に早いのがメリットですね。

ちなみにですが、ライバルリサーチの検索結果一覧は、過去にリサーチした全てのセラーリサーチ結果が表示されます。

特定のセラーだけ見たい場合は「セラーを絞り込む」ボタンでセラーを指定しましょう。

 

また、商品情報はCSV出力が可能です。

利益商品のリピートリスト構築などに利用できますね。

楽天ハック(ストアリサーチ)

楽天市場に出店しているストアのIDを指定すれば、そのストアの全商品とAmazonとの価格比較を行ってくれる機能です。

ストアIDを入力して「入力したショップをリサーチ」ボタンをクリックします。

 

検索結果一覧が表示されます。

 

あとはAmazonハックと同様に、フィルタリングで条件を指定して、絞り込み検索をすればOKです。

まとめ

DELTA GIGA(デルタギガ)の機能について紹介してきました。

同様のツールにセドリオンがありますが、セドリオンに比べても検索スピードは圧倒的に早いです。

今後もアップデートは重ねていき、以下の機能を搭載予定とのこと。

今後の開発予定

  • 家電量販店など15店舗以上のネットショップに対応
  • ​JAN登録のない商品のデータ取得
  • フィルター「FBA出品者なし」に対応
  • 比較対象設定「新品最安値、カート、2番安」に対応
  • 最終販売価格に対応(在庫切れ商品の過去の販売価格を参照する)
  • 中古商品に対応

細かな条件設定やフィルタリングが可能になりそうです。

今後のアップデートも期待したいところです。

関連記事:せどりの効率アップに最適なおすすめツール9選!

-アプリ・ツール