せどり全般

【せどりの販路】最初はAmazon一択!他の販売先は慣れてきたらでOK

これからせどりを始める人にとって、仕入れた商品はどこで販売すればいいの?と疑問に思っている人も多いと思います。

  • せどりをするなら販売先はどこがいいの?
  • やっぱりAmazon?それともフリマ?
  • そもそも販路は1つがいいの?複数がいいの?

選択肢がたくさんあって迷ってしまいますよね。

結論からいうと、

  • まずはAmazonから始める
  • 慣れてきたら販路を広げてみる

というのがおすすめ。

本記事では、せどりの販路について、各販路(Amazon、ヤフオク、メルカリ)の特徴を交えながら、最初はAmazonがいい理由を解説したいと思います。

各販路のメリット・デメリット(Amazon、ヤフオク、メルカリ)

まずは、各販路(Amazon、ヤフオク、メルカリ)のメリット・デメリットについて解説します。

Amazon

Amazonのメリット・デメリットを解説します。

【Amazonのメリット】

  • 圧倒的集客力と販売力
  • FBAを利用できる
  • せどりツールが豊富

 

【Amazonのデメリット】

  • 手数料が高い
  • 理不尽な返品がOK
  • 出品規制が多い

Amazonはせどりの販売先としてやはり優秀です。

手数料は高いのですが、圧倒的集客力と販売力があります。それに便乗できるのは、せどり初心者でも大きな味方になってくれます。

ヤフオク

ヤフオクのメリット・デメリットを解説します。

【ヤフオクのメリット】

  • 手数料が安い
  • 自由にセットを組める
  • スマホで手軽にできる
  • オークション形式で予想よりも高値になることも

 

【ヤフオクのデメリット】

  • 自己発送になる

Amazonとは違い自由に商品のセットを組めるのもメリット。まとめ売りなども可能です。

オークション形式にすれば、想像より高値で販売できたりします。

メルカリ

メルカリのメリット・デメリットを解説します。

【メルカリのメリット】

  • 手数料が安い
  • 自由にセットを組める
  • スマホで手軽にできる

 

【メルカリのデメリット】

  • 値下げ要求がめんどくさい
  • いまだに挨拶メッセージが多い
  • 自己発送になる

近年利用者の増えているメルカリですが、せどりの販売先として利用している人も多いです。

ただし、値下げ要求があったり、いまだに購入後の挨拶メールが届いたりでちょっと面倒なところはあります。

最初の販路はAmazon1つに絞るべき理由

最初の販路はAmazon1つに絞ったほうがいいです。

理由は以下です。

  • Amazonせどり向けツールが豊富
  • FBAを使えば時間を節約できる
  • 最初から複数の販路を持つと管理が大変だから

Amazonせどり向けツールが豊富

Amazonせどり向けのツールが豊富なので、店舗・電脳ともに仕入れがしやすいです。

Amazonせどりに特化したツールは、検索ツール、ランキングチェックツール、価格改定ツールなどさまざま。

例えば、メルカリやヤフオクだとキーワード検索しなければいけないのでかなり手間がかかります。

それに対しAmazon向けアプリを使えば、スマホでバーコードを読み込めばAmazon出品者との価格差、利益計算、売れ行きなどサクッと確認することができます。

ツールの豊富さのメリットがあります。

関連記事:専業せどらーが選ぶ店舗せどりに必要なおすすめアプリ7選【無料・有料の厳選】
関連記事:電脳仕入れの効率が飛躍的にアップするツールを紹介【無料・有料の厳選】

FBAを使えば時間を節約できる

FBAを使えば商品の梱包・発送から返品・返金の対応まで、すべてAmazonが代行してくれます。

FBAを利用することによって、大幅に時間が節約できるので、本業が忙しくてあまり時間が取れないという人でも問題ありません。

実際に私も副業時代、仕入れ量が増えるにつれて自己発送の量が多くなってしまい、梱包・発送で時間を取られていましたが、FBAを使うことによって一気に解消されました。

最初から複数の販路を持つと管理が大変だから

Amazon、ヤフオク、メルカリと複数の販路にすると、

  • 出品
  • 在庫管理
  • 発送
  • 売り上げ管理

など、各販路ごとに管理しなければ行けないので大変になってきます。

なので、まずはAmazonに焦点を絞って販売をした方が管理も楽になります。

それに、価格改定ツールを使えば、

  • 在庫管理
  • 価格改定
  • 売り上げ集計

など自動で行ってくれるので便利です。

Amazon販売に慣れてきたら、ヤフオク、またはメルカリなどで

  • Amazonで売れない商品やAmazonにカタログがない商品
  • Amazonとそんなに価格が変わらない商品(手数料が低い分、利益が取りやすい)

を販売していくようにするといいと思います。

まとめ

せどりの販路は最初はAmazon1択にした方がいい理由を解説してきました。

販路を1つにすると依存度が高くなって、アカウント停止された時のダメージは大きいというデメリットはあります。

しかし、最初は複数販路にすると管理が大変です。それにAmazon販売であれば、ツールが豊富、FBAが利用できるので時間の節約になります。

せどり初心者にとっても大きな味方になってくれます。

まずはAmazon1本に絞って展開、それから余裕ができてきたら、ヤフオク、メルカリと広げていくほうがいいです。

関連記事:【Amazonせどり】FBAの出品から納品までを画像付きで解説!

-せどり全般