せどり全般

【現役せどらーが語る】せどりはやめたほうがいいと言われる5つの理由

2021年5月30日

副業としても人気の高まっている「せどり」ですが、

  • せどりはやめとけ
  • せどりはやめたほうがいい

と言われることも多いです。

せどりは他のビジネスに比べて稼ぎやすくはあるのですが、ネガティブな一面もあります。

  • せどりに興味があるんだけどやめたほうがいいの?
  • せどりはやめたほうがいいって言われる理由が知りたい

このように思っている人も多いかと思います。

そこで本記事では、現役せどらー目線で「せどりはやめたほうがいい」と言われる5つの理由を解説したいと思います。

せどりはやめたほうがいいと言われる5つの理由

せどりはやめたほうがいいと言われる5つ理由を解説します。

肉体労働でしんどい

せどりは肉体労働的な側面が大きいです。

特に店舗せどりの場合、店舗に行くための移動や仕入れた商品の持ち運びがあります。

車を持っていればいいですが、車を持っていない場合はかなり疲れます。

仕入れに行った後も、出品作業・梱包・発送、他にも在庫管理、価格改定などやることはたくさん。

どれも地味な単純作業なのでつまらないです(笑)

仕入れた商品が多ければ多いほど、負担は大きくなってくるので「それなりに若ければいいけど、歳を重ねてから長く続けるのはしんどいな」と感じます。

※ネットで仕入れる電脳せどりの場合、仕入れた商品は家まで届くので仕入れの労力は軽減できますが、それ以降の作業は店舗せどりと同様です。

参考

AmazonFBAを利用すれば、発送以降の作業をAmazonにお任せできるので、多少の負担は軽減することができます。

また、出品作業・梱包・発送などは、外注化することで解決することも可能です。

稼げない(割に合わない)

せどりは「稼げないので割に合わない」と感じる人も多いです。

そもそもせどりは簡単には稼げません。

せどりに興味を持った人は、YouTube、ブログ、ツイッターなどがきっかけかと思いますが、いとも簡単に利益商品を仕入れているように見えます。

しかし、いざ自分がやってみたら、

  • 最初は全然仕入れられない
  • 慣れてきても3時間検索して利益はたったの1500円
  • 膨大な量の商品を検索するから疲れる
  • 仕入れ以降もやることは多い

といった感じで「がんばった割に稼げない」となることが多いです。

実際に私も、YouTubeやブログを見て「せどりって稼げそう」と始めたタイプですが、稼げるようになるまでは苦労しました。

せどりは簡単に稼げると思いがちですが、地道に泥臭い作業をしないと稼いでいくことはできません。

先ほども書きましたが、せどりはやることが多くつまらない作業が多いです。

誰でも簡単に稼げるビジネスではありませんし、「割に合わない」と感じる人も多くなります。

資産性がない

せどりは「資産性がないからやめたほうがいい」という意見もあります。

ブログやYouTubeの場合、収益化ができてしまえば、しばらく放置していても収益を得ることができます。

しかしせどりの場合、在庫として持っている商品がなくなったら、それ以上利益を上げていくことはできません。

せどりで稼いでいくためには、「仕入れ→出品」をずっと繰り返していく必要があります。

体調を崩して仕入れが出来なくなれば、収入はストップしてしまいます。

参考

市場には同じ商品がたくさん出回っているので、1つ利益の取れる商品を見つけたら、繰り返し仕入れて販売して利益を取っていく「リピート仕入れ」が可能です。リピートできる商品のリストが増えれば増えるほど、超効率的に仕入れが出来るようになってきます。

決して資産性があるとは言えませんが、ちょっとした資産性のある仕入れは可能です。

部屋のスペースを圧迫する

せどりは在庫を抱えるビジネスなので、部屋に仕入れた商品を置いておかなければいけません。

仕入れ量が増えれば増えるほど、家のスペースを圧迫します。

商品を一時的にでも置いておくスペース、作業をするスペースなど確保しておく必要があります。

プライベートな空間が狭くなりますし、家族がいる場合は不満に思われることもあります。

家の中に積みあがった在庫をみて「うわー、この量を出品しなきゃいけないのか」と嫌な気持ちになることも。

世間のイメージが悪い

せどりは、世間からのイメージはかなり悪いです。

最近では、転売ヤーの買い占めや高額販売がよくテレビやネットで取り上げられるようになってきました。ツイッターでも転売ヤーがトレンド入りすること度々目にします。

せどらーと転売ヤーの違いはさておき、世間からしたらやっていることは同じです。

こうなってくると、まわりの人にも「副業でせどりをやってる」「せどりで生計を立てている」とは言いにくいです。

実際に私も、ごく限られた人にしかせどりをやっているとは言っていません。

「周りにも言いづらいビジネスをしていく」という覚悟も必要になってきます。

せどりはなぜ人気があるのか?

ここまで「せどりはやめたほうがいいと言われる理由」を紹介してきました。

とはいえ、副業としておすすめされることも多く、雑誌でも良く紹介されています。

実際に副業でせどりを始める人も多いですよね。

なぜ、せどりが副業でも人気があるのか?

  • 簡単に始められる
  • 他のビジネスに比べてハードルが低い
  • 結果がでるのが比較的早い
  • 情報も多い

こういった理由があるからです。

これまで説明してきたように、せどりにはネガティブな面があるものの、「他のビジネスに比べれば稼ぐハードルは低い」「収益化も早い」といったメリットがあるからです。

どういった要素を重視するかにもよりますが、せどりを選択する人も多いです。

せどりはやめたほうがいいと言われる理由まとめ

「せどりはやめたほうがいい」と言われる理由を、現役せどらー目線で解説してきました。

せどりに対してネガティブなイメージを持つ人は多いですが、ネガティブな意見を持っている人が多いからこそチャンスとも言えますね。

とはいえ、せどりは簡単に稼げるわけではありませんし、泥臭い作業もしていかなければいけません。

もちろん、本記事で紹介したようなネガティブ要素が嫌で、実際に辞めていく人もいます。

逆にネガティブな要素がありつつも、せどりで稼いでいるせどらーもたくさんいます。

自分と合う合わないはあると思うので「せどりのネガティブなことはあまり気にならない」「ちょっと興味があるからせどりをやってみたい」という方は、まずは試しに始めてみることが大事です。

以上、せどりはやめたほうがいいと言われる5つの理由の解説でした。

参考【完全初心者向け】Amazonせどりの始め方を現役せどらーが解説!

副業として人気の高まっている「せどり」。 他のビジネスに比べてビジネス構造がシンプルで、比較的スピーディーに結果が出やす ...

続きを見る

中古メディアで稼ぐ無料メルマガ配信中

「他人と差を付けるスキル」や「せどりで長く稼ぐ思考」が学べる無料メルマガを配信中です。

>>無料メルマガ登録はこちら

-せどり全般