アプリ・ツール

【レビュー】イーリサの機能や使い方を解説【無料で初心者向け】

2022年1月29日

Keepa、デルタトレーサー、リーファなど有料ツールが主流になりましたが、そこへ登場したのが無料で利用できる「イーリサ」です。

仕入れ判断ツールとしては、必要十分な機能がついているので、無料で利用できるのは嬉しいところ。

  • Keepa、デルタトレーサーの代わりになるツールを探している
  • 無料で使える仕入れ判断ツールを使いたい

こういった方にもおすすめのツールとなっているので、本記事を参考にぜひ利用してみてください。

イーリサの基本情報

イーリサとは

イーリサは、Amazonに出品されている商品の「価格変動」や「ランキング推移」などをチェックできるツールです。

  • どのくらい利益が取れる商品なのか
  • 過去にはどのくらいの相場で売れているのか
  • ライバル出品者数はどのくらいいるのか

こういったことをチェックできるので、Amazonせどりにおける仕入れ判断をイーリサ1つで行うことができます。

 

利用料金

イーリサの利用料金は無料です。

モノレート閉鎖後、Keepa、デルタトレーサー、リーファなど仕入れ判断ツールは有料なのが当たり前になりましたが、イーリサは無料で利用できます。

※将来的には有料化の予定があります。現在使えている機能は無料で使えて、追加機能部分が有料化されるとのことです。

ちなみにですが、デモサイトも用意されているので、実際にどんな感じなのか試してみることができます。

イーリサ・デモサイト

 

登録方法

イーリサの登録は、イーリサ公式サイトからできます。

イーリサ公式アカウント

登録方法は、以下の2つ。

  • メールアドレスで登録する方法
  • Googleアカウントを連携する方法

どちらか好きな方法で登録しましょう。

 

イーリサの機能や使い方

イーリサの機能や使い方を解説します。

検索方法

イーリサの検索は、以下の3つに対応しています。

  • 商品名
  • ASIN
  • JANコード

イーリサのトープページを開いて、商品を検索していきます。

検索ボタンを押すと商品情報が表示されます。

イーリサの検索結果で見れる情報は以下です。

  • 商品情報
  • 損益分岐点
  • 利益計算
  • 各種グラフの表示
  • 他ショップ情報
  • 各種グラフのテキスト表示

これから、順に解説していきますね。

商品情報を表示

イーリサで検索をすると、商品情報が表示されます。

  • 商品画像・商品説明
  • 中古・新品の最安値
  • 出品個数
  • ランキング降下回数
  • Keepaのグラフ

Web版の画面で説明しますが、スマホ版でもスクロールして表示されるだけなので、表示内容は同じです。

この画面では、「Keepaのグラフ」と「新品・中古の最安値」をチェックして、仕入れ対象になるかどうかを判断をすることができます。

この時点で仕入れ対象外であれば、他の商品を検索しましょう。

仕入れができそうであれば、もう少し詳しい情報をチェックしていく流れになります。

 

その下には、以下の情報が表示されます。

出品一覧を開いてライバルの出品状況を確認しましょう。

また、他サイトへのリンクが表示されているので、電脳リサーチの横展開にも利用できます。

 

損益分岐点

コンディション別に、損益分岐点が表示されます。

仕入れ値と比べることで「利益が取れる商品なのかどうか」をパッと見で判断できます。

 

利益計算

利益計算機能も付いています。

損益分岐点からの計算だとざっくりになりがちなので、より正確な利益を計算できます。

 

各種グラフの表示

仕入れ判断をする上でも重要になる各種グラフも表示されます。

表示されるグラフの種類は以下の3つ。

  • 価格推移(コンディションごと)
  • 出品者推移(コンディションごと)
  • ランキング推移

「コンディション別」や「期間別」に表示を変更できるので、商品によって変えながら仕入れ判断を行いましょう。

 

他ショップ情報

「ヤフーショッピング」と「楽天市場」で販売されている商品から、安い順に一覧表示されます。

※中古がある場合は、中古も含まれて一覧表示されますが、途中から価格が順不同になるので、どういった基準かはわかりません。

 

各種グラフのテキスト表示

各種グラフのデータがテキスト表示されます。

このテキスト表示の使い方としては、「出品者数の増減」と「価格の変動」を併せてチェックすることで、いつ売れたのかをより正確に把握することができます。

例えば、上記の画像の赤枠で囲ったところを見てみます。

  • 2022/1/20、中古最安値13,090円、出品者数2人
  • 2022/1/21、中古最安値17,920円、出品者数1人

出品者数が1人減って、最安値の価格が上がっていますね。

これは「中古最安値が売れて、次の価格に最安値が繰り上がった」ことを意味しています。

他にも、ランキングの波形が動いているところで、「新品が売れたのか」「中古が売れたのか」を判断する材料にもなります。

 

イーリサのメリット

無料で使える

なにより無料で利用できるのがメリット。

モノレート閉鎖以降、仕入れ判断ツールは「Keepa」「デルタトレーサー」「リーファ」などが候補でしたが、どれも有料となっています。

Keepaは無料でも使えますが、機能が限られるのであまり意味はありません。

こういった状況のなか、無料で利用できるのがイーリサなので、特にせどり初心者の方におすすめできるツールです。

 

イーリサのデメリット

広告が入る

無料ツールなので仕方がないことですが、ところどころ広告が入るので邪魔です。

とくにスマホだとスクロールの最中に広告がでてくるので、リサーチの邪魔でしかありません。

 

まとめ

イーリサの機能やメリット・デメリットを紹介してきました。

  • 無料で仕入れ判断ツールを使いたい
  • シンプルなツールがいい
  • Keepaやデルタトレーサーの代わりを探している

こういった方におすすめできるツールです。

せどり初心者の方は、あまり資金を使えないという方も多いかと思いますので、最初の仕入れ判断ツールとしてもおすすめできます。

参考【2022年決定版】せどりツールのおすすめを目的別に紹介!

せどりを始めたばかりの人の中には、 せどり初心者だけど、どんなツールをつかったらいいかわからない 仕入れが効率的にできる ...

続きを見る

この記事を書いた人

くりすぷ

せどり歴6年(独立4年)の中古メディアせどらー。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→独立後ブログで収入を複数化。せどりはマイナージャンル、プレミアが得意。せどりで稼ぐ情報をメインにブログ、ポイ活についても発信しています。

>>プロフィール詳細

-アプリ・ツール