アプリ・ツール

【レビュー】プライスターリサーチの使い方や実際に使ってみた感想を紹介!

2020年11月12日

プライスターのアプリ版には「プライスターリサーチ」という独自のリサーチ機能があります。

プライスター公式サイト

プライスターを使っているなら無料で使えるので、気になっている人も多いはず。

  • プライスターリサーチの使い方を知りたい
  • プライスターリサーチを使った感想を知りたい

といった方の参考になるように、プライスターリサーチの使い方や、実際に使ってみた感想を紹介したいと思います。

プライスターリサーチの使い方

プライスターリサーチの使い方を解説します。

商品を検索する

商品を検索するには以下の方法があります。

  • キーワード、JAN、ASIN、ISBNを入力
  • バーコード読み込み
  • 外部スキャナ(ビームなど)

今回は、店舗仕入れて一番利用するカメラスキャンを紹介します。

アプリ右上の検索アイコンをタップするとカメラモードに切り替わります。

検索アイコンをタップ

カメラで商品のバーコードを読み込むと、リサーチが始まります。

カメラで商品のバーコードを読み込む

意外と読み込みスピードも早く、スピーディーな検索ができます。

商品スキャン後には商品写真の下にASINが表示されます。

商品写真を押すとASINのコピーができるので、他のサイトでリサーチするときなどに利用できます。

検索結果表示

販売SPEED指標

プライスターリサーチの特徴となるのが「販売SPEED」指標。

この指標は、商品が売れるまでの速さを表したプライスター独自の指標です。

「販売SPEED」指標

販売SPEEDは10段階の目安があります。

  • 10-9 :すごく速い
  • 8-6 :速い
  • 5-3 :普通
  • 2-1 :ゆっくり
  • 0   :見送り

この販売SPEEDを参考に、「検索対象から外す」か「より詳しく仕入れ判断する」といった選択が可能です。

アマゾンランキング

現在のAmazonランキングが表示されます。

現在のAmazonランキング

あくまで「現在の」ランキングなので、ロングテール商品でも売れた直後だとランキングが高くなっています。

より正確な仕入れ判断をするのであれば、Keepaなどを使ってチェックする必要があります。

損益分岐点

目安というのは、現在の販売価格からAmazon手数料を引いた価格が表示されます。

損益分岐点の目安

表示価格より安い価格で仕入れると利益となるので、損益分岐点の目安に利用できます。

Amaoznリンク、Keepaリンク

AmaoznへのリンクとKeepaへリンクが表示されます。

AmaoznリンクとKeepaリンク

Amazonリンクをタップすると、Amazonの商品ページが表示されます。

Keepaリンクをタップすると、Keepaの商品ページが表示されます。

より正確な仕入れ判断をしたいときは、Keepaを利用したほうがいいです。

Keepaのデータを表示できる

ユーザー設定から、リサーチ機能の設定で

  • プライスターリサーチ
  • Keepa

のどちらかを選択できます。

 

Keepaを選択すると、検索結果には「販売SPEED」ではなく、Keepaが表示されるようになります。

Keepaのグラフが表示されるのはKeepa有料会員のみです。

iPhoneにダウンロードされているブラウザから、Keepaにログインした状態でアプリ版プライスターを起動する必要があります。

インストアコードにも対応

プライスターアプリでは、以下の店舗のインストアコードを読み取ることができます。

  • ブックオフ
  • TSUTAYA
  • GEO

特に設定は必要なく、そのままインストアコードを読み込むだけです。

プライスターリサーチを実際に使ってみた感想

プライスターリサーチを実際に使ってみた感想を紹介します。

プライスターリサーチだけで仕入れ判断するには不十分

実際に使ってみて思ったのは、プライスターリサーチのみで仕入れ判断をするには不十分だということ。

プライスターリサーチの販売SPEEDはあくまで目安でしかありませんし、現在のAmazonランキングを頼るのも危険です。

より精度の高い仕入れ判断をしていくには、

  • 過去にどのくらいの相場で売れたのか
  • 長期間の相場の変動

などを判断していく必要があります。

プライスターリサーチだけでは、こういった判断はできません。

ただし、Keepaと組み合わせることで、十分な仕入れ判断ができます。

プライスターリサーチは以下の機能は備えているので、Keepaと組み合わせれば、店舗せどりの検索アプリとしては十分に使っていけます。

  • Amazonリンクがあるので、1タップでAmazon商品ページを表示できる
  • 利益計算ができる
  • インストアコードにも対応

検索アプリとしては、せどりすとプレミアムやアマコードプロには劣りますが、経費を抑えて店舗せどりをしたい場合にはおすすめです。

シンプルかつ直感的で使いやすい

プライスターリサーチは、シンプルかつ直感的で使いやすさは抜群です。

最低限の機能に抑えているので、無駄がありません。

動作もサクサクして、スムーズに操作することができます。

リサーチから出品までプライスターのみで完結できる

プライスターリサーチは、検索してそのまま出品できるので、リサーチから出品・販売までプライスターのみで完結できます。

わざわざセラーセントラルから出品する必要がないので、余計な手間を省くことができるのはメリット。

せどりで使う有料ツールは、プライスターの月額5280円(税込み)と有料Keepaの15ユーロのみでOKということになります。

固定費を抑えたいせどらーにとっては、おすすめの組み合わせになります。

プライスターリサーチまとめ

プライスターリサーチの使い方や、実際に使ってみた感想を紹介してきました。

プライスターリサーチだけの仕入れは、正直厳しいというのが結論です。販売SPEEDで回転の目安はわかるものの、本当にその価格で売れているのかわからないため、仕入れミスもでてきます。

ただし、「プライスターリサーチ+Keepa(有料)」の組み合わせであれば、十分なリサーチが可能です。

検索アプリとしては、アマコードプロせどりすとプレミアムのほうが優れていますが、5500円の月額料金がネック。

せどり初心者の場合や、そこまでツールにお金がかけられない方は、「プライスター+有料Keepa」の組み合わせがおすすめです。

プライスター公式サイト

気になる人はぜひ試してみてください。

参考【最強ツール】プライスター利用レビュー!機能やメリット・デメリットも解説

価格改定ツールNo.1として君臨する「プライスター」。 プライスター公式サイト プライスターが気になっている人の中には、 ...

続きを見る

参考【仕入れ力アップ】せどりにおすすめの超便利アプリ8選!

これからせどりを始めてみたいけど、どんなアプリが必要なの? せどりが効率化できるおすすめのアプリを教えて欲しい! 店舗せ ...

続きを見る

この記事を書いた人

くりすぷ

せどり歴6年(独立4年)の中古メディアせどらー。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→独立後ブログで収入を複数化。せどりはマイナージャンル、プレミアが得意。せどりで稼ぐ情報をメインにブログ、ポイ活についても発信しています。

>>プロフィール詳細

-アプリ・ツール
-