アプリ・ツール

プライスターアプリの機能や使い方を解説【出品から納品まで一括管理が可能】

人気No1の価格改定ツールのプライスター

そんなプライスターにはアプリ版も用意されており、商品検索から出品、FBA納品までできる機能が搭載されています。

iPhone用プライスターアプリ

Android用プライスターアプリ

本記事では、プライスターアプリの機能や使い方を紹介したいと思います。

プライスターアプリの機能と使い方

プライスターアプリの機能と使い方を解説します。

リサーチ機能

プライスターアプリは、店舗仕入れでの検索ツールとしても利用することができます。

 

検索は以下の方法が可能。

  • キーワード、JAN、ASIN、ISBNを入力
  • バーコード読み込み
  • 外部スキャナ(ビームなど)

 

プライスターの検索機能では以下のことができます。

  • 商品を検索する
  • 検索結果表示
  • ランキングの変動を確認
  • Keepaのデータも表示できる
  • インストアコードにも対応

検索結果で、ランキングや売れ行きを確認したり、損益分岐点からどのくらい利益がでるのか把握できるので、店舗仕入れでも使っている人が多いですね。

バーコード読み取りは以下の店舗のインストアコードにも対応しています。

  • ブックオフ
  • TSUTAYA
  • GEO

ただし、検索アプリとしてはアマコードやせどりすとの方が優れているので、使う人を選ぶ機能ではあります。

プライスターリサーチについては以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:【プライスターリサーチレビュー】使い方や実際に使ってみた感想を紹介!

出品機能

バーコードを読み取った商品は、

  • プライスターの出品予約ページに登録できる
  • Amazonに直接出品できる

ようになります。

検索した商品をタップして、出品方法を選択します。

 

出品内容を設定します。

 

あとは「出品を確定」を押せば、出品は完了です。プライスターとAmazonに出品登録されます。とても簡単ですね。

 

在庫確認

プライスターアプリでは、出品した商品を一覧で確認することもできます。

また、出品した商品に対して、以下の設定を変更できます。

  • 価格の
  • ポイント
  • 高値ストッパー
  • 赤字ストッパー
  • 仕入れ価格
  • 価格追従モード

設定変更後の粗利や利益率が見れるのもメリットです。

 

注文一覧

売れた商品を一覧で確認することができます。

仕入れ価格を設定していない場合は、商品を長押しすると仕入れ価格の入力欄が表示されます。

仕入れ価格を入力すると、一覧画面に反映されるので、粗利などを確認することができます。

商品をタップすると、在庫商品の編集(在庫がある場合)や追加納品をしたい商品情報を編集することができます。

FBA納品

アプリ版プライスターでは、FBAの納品プランを作成したり、商品ラベルや配送ラベルを印刷することができます。

納品プランの作成

納品プラン作成画面を開くと、プライスターで出品した商品一覧が表示されるので「登録する」ボタンをタップすれば納品プランが自動で作成されます。

 

1タップで納品プランの作成が完了します。

 

商品ラベルと配送ラベルの印刷

プライスターアプリから、商品ラベルや配送ラベルを印刷することもできます。

納品プラン一覧ページから、ラベルを印刷したい納品プランを選択します。

 

「配送ラベル印刷」または「商品ラベル印刷」をタップすれば、印刷画面へ移ります。

 

プライスターアプリの機能や使い方:まとめ

プライスターアプリの機能や使い方を紹介してきました。

プライスター公式サイト

プライスターの検索機能はややイマイチですが、その他の機能に関してはかなり便利です。

スマホだけで管理できるというのは嬉しいポイントですね。

ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事:プライスターの感想!優れた機能やデメリットを解説【Amazonせどり価格改定ツール】

-アプリ・ツール
-