せどり全般

【せどりの損切りについて】タイミングやコツについて解説!

せどりをしていく以上、どうしても避けられないのが「損切り」。

せっかく仕入れたのに、赤字で売らなければいけないのは精神的にイヤなものですが、損切りをしないでほったらかしにしていると、

  • さらに赤字額が大きくなる
  • キャッシュフローが悪化する

といったことにもなりかねません。

本記事ではそんな損切りについて解説したいと思います。

損切りしないとキャッシュフローの悪化につながる

できれば損切りはしたくないものですが、損切りをしないことで、

  • さらなる赤字になる
  • 資金の停滞を招く

といったことになりかねません。

例えば、3000円で仕入れた商品を6000円で売ろうとしたけど、相場が下がって3000円になってしまった場合、この時点で損切りをしておけば1000円の赤字です。

さらに相場が下がって2000円になったら、赤字は2000円に膨れ上がります。

早めに損切りをしておけば赤字額は小さくて済んだものの、損切りをしなかったことで赤字額が膨れ上がってしまうことはよくあることです。

もちろん相場が回復する可能性もありますが、戻るかどうかはわかりませんし、相場が戻るのに時間がかかります。

相場が戻ると確信があれば待ってもいいですが、これは資金に余裕がある人の手段になります。

相場が戻ると確信があっても資金に余裕がない人の場合、資金が停滞してしまいます。

損切りのタイミングとコツ

損切りのタイミングとコツを紹介します。

損切りのタイミング

損切りのタイミングに正解はないのですが、「仕入れ判断のときの想定販売期間を超えたら」のタイミングが1つの目安になります。

例えば、「この商品は2ヶ月あれば売れそうだな」と仕入れ時に判断したのであれば、2ヶ月経っても売れなかったら損切りをする感じです。

あらかじめ損切りラインを決めておくことで、気持ち的に割り切ることができます。

例えば「この商品は2ヶ月あれば売れそうだな」と判断して仕入れた商品が2ヶ月たっても売れなかった場合、何も考えていないと損切りしたくない気持ちが出てきてしまいます。

なので、仕入れ判断の時に「想定期間内で売れなかった場合はどうするか」を決めておきます。

この商品は2ヶ月あれば売れそうだな。もし2ヶ月で売れなかったら、損切りしてでも資金を回収しよう

といった感じですね。

仕入れの段階で損切りのタイミングを決めておけば、感情を揺さぶられることなく損切りがしやすいです。

損切りのコツ

損切りのコツは感情を挟まないことです。

人間の感情的にどうしても損失に対して敏感になってしまいます。

「この商品は仕入れ値が高かったし、今の相場で売ったらかなりの損失だな」と思って、そのまま放置しちゃうことってありませんか?

私は過去に何度もあります(笑)

さっさと売り切って資金を回収したほうがいいのはわかっているけど、損切りができないことってありますよね。

そんなときは、感情を挟まないように価格改定ツールに任せるというのも1つの手段です。

私の場合は、手動で価格改定する商品と価格改定ツールで自動的に価格改定する商品に切り分けていますが、手動の場合は損切りしたくない気持ちが出てきてしまいます。

その点、価格改定ツールは勝手に価格改定してくれるので、自分の感情を挟む必要もありません。

うまく価格改定ツールを取り入れることで、損切りをしやすくするというメリットがあります。

関連記事:【せどりの効率大幅アップ】価格改定ツールの人気おすすめ3選

損切りを減らすには

損切りをできるだけ減らすための方法を紹介します。

それは、定期的な価格改定をして販売機会の損失を防ぐことです。

損切りを防ぐ何かしらの魔法はなく、基本的なことをしっかりやるしかありません。

相場や出品状況というのは常に変化しているので、価格改定をしていないと相場に取り残されてしまうことになります。

出品当初は相場が8000円だったにもかかわらず、徐々に相場が落ちていき5000円になってしまった、というのはよくあります。

ライバルたちが5000円で出品しているのに、自分だけ8000円で出品していたのでは明らかに不利です。

定期的に相場や出品状況を確認して、そのときの相場に合わせた価格改定をしていくことが大切です。

まとめ

せどりにおける損切りのタイミングやコツについて解説してきました。

せどりで避けなければいけないのは、仕入れ資金が回収できず資金ショートしてしまうことです。

損切りは気分の良いものではありませんが、キャッシュフローを考えれば避けては通れない道です。

実際に損切りをしっかりしていた方が、キャッシュフローは安定しますし、手元にお金は残ります。

損切りと言ってもほんの一部の商品にしか過ぎませんし、損切りも含めトータルで利益が出ればOKと考えていきましょう。

-せどり全般