2024年最強はこれ!Amazonせどりのおすすめ価格改定ツールランキング

本ページはプロモーションを含みます。

Amazonせどりで稼いでいくために欠かせないのが価格改定ツールです。

自動で価格改定してくれるだけではなく、売り上げ管理、在庫管理、電脳仕入れサポート、評価依頼メール送信など様々な機能を利用できるのが魅力。

価格改定ツールが気になっている人の中には、以下のように思っている方も多いかと思います。

  • そもそも価格改定ツールはどんなメリットがあるの?
  • どの価格改定ツールを選んだらいいか迷っている
  • おすすめの価格改定ツールがあれば教えて欲しい

そこで本記事では、数ある価格改定ツールの中から特におすすめの価格改定ツールを比較・ランキング紹介します。

価格改定ツール選べに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Amazonせどりにおける価格改定ツールの必要性

Amazonせどりにおける価格改定ツールの必要性

まず初めに、Amazonせどりで価格改定ツールを導入する必要性について解説します。

スピーディーな価格改定が可能

せどりの販売管理の中で、重要なことの1つが価格改定です。

価格改定の基本は値下げですが、値下げをすることで早く売れる確率が高まります。

例えば、以下の2つの商品(新品)が出品されているとします。

  • 1900円の商品
  • 2000円の商品

どちらを購入するかと聞かれれば、少しでも安い1900円の商品を買いますよね。

中古の場合はこの限りではありませんが、状態が変わらなければ安い商品から売れていくので、常に安い価格をキープすることで売れやすい状態を保つことができます。

逆に言いうと、価格改定をしない、または価格改定のスピードが遅いということは販売機会の損失にもつながるということです。

例えば以下のように、他の出品者が値下げをしているのに自分だけ価格改定が遅れると、他の出品者より不利な状況が長くなることになります。

  • 1900円(ライバルA)
  • 1900円(ライバルB)
  • 2000円(自分) ←自分だけ不利

当然のように商品は売れにくくなるわけなので販売機会の損失になり、キャッシュフロー悪化の原因にもなってしまいます。

価格改定ツールを使うことで価格改定スピードが圧倒的に早くなるため、販売機会の損失を最小限にすることができます。

作業をトータル的に効率化できる

価格改定ツールは自動で価格改定をしてくれるだけでなく、Amazonせどりの作業を効率化できる多くの機能を利用できます。

  • 評価依頼メール(サンクスメール)の自動送信
  • スピーディーな出品機能
  • 売上・利益集計のグラフ化
  • 在庫管理
  • その他たくさんの機能

評価依頼メールなどの単純作業を自動化できたり、出品作業がスピーディーに行えるなど、Amazonせどりにおける作業をトータル的に効率アップしてくれます。

これまで「ちょっとやるのが面倒だな」「この作業は手間で時間がかかる」と感じていた作業も、価格改定ツールの導入によって大幅に短縮されるメリットがあります。

カートを取りやすくなる

新品を販売する上で重要になるのがカートの取得です。

Amazonの購入者の多くは、カートに表示されている商品を購入するので、Amazonのカートを取れるかどうかが売上に大きく影響します。

カートを取るにはいくつかの要素がありますがその1つが価格です。

最安値にしているとカートを取りやすくなるため、常に最安値を保つ状態が望ましいです。

たくさんの商品を1つ1つ手動で価格改定していたのでは、他のセラーに遅れをとってしまいカート取得率も悪くなります。

そこで価格改定ツールの高速自動改定を利用することで、最安値を保ちやすくできます。

価格改定ツールの選び方

価格改定ツールの選び方

価格改定以外の機能も充実していること

価格改定ツールは、自動で価格改定しくれるだけのツールというイメージが強いかと思いますが、そんなことはありません。

自動価格改定以外の機能もたくさん搭載されていて、これらを最大限活用することで作業効率が大幅にアップします。

そのため、価格改定以外の機能も充実していることは、かなり重要な要素になってきます。

例えば、「サンクスメール自動送信」「かんたん出品機能」「出品コメントテンプレート保存」「注文管理」「在庫管理」「売上分析機能」といった機能です。

そのため、自動価格改定以外の機能にも注目して、せどりの効率化につながるツールを選びましょう。

サポート体制が充実している

サポート体制が充実していることもかなり重要です。

特に、以下の点は重要視したいところです。

  • 情報発信が活発であること
  • 定期的にツールのアップデートがあること
  • サポート窓口が充実していること

日頃から情報発信が活発で、ツールのアップデートに積極的、Amazonの仕様変更に伴う対応も迅速なツールは安心して利用することができます。

使いやすさ

価格改定ツールを選ぶ際は、直感的に利用できるデザインで、操作性もシンプルなツールを選ぶこともポイント。

というのも、価格改定ツールは機能が多いため、使いやすさが悪いとストレスになりがちだからです。

できるだけ定期的に改良を加えている活発なツールを選ぶといいです。何年も更新が入っていないようなツールだと、デザインも古臭くて使いにくいからです。

また、アプリ対応しているかどうかでも利便性が変わってきます。

アプリ対応のツールであれば、外出先からでもリアルタイムで在庫管理や売上状況の確認ができるからです。

Amazonせどりにおすすめの価格改定ツールランキング

Amazonせどりにおすすめの価格改定ツール比較

Amazonせどりにおすすめの価格改定ツールをランキング形式で紹介します。

スクロールできます
ランキング価格改定ツールおすすめ度特徴月額料金無料期間改定スピードサポートアプリ版公式サイト・SNSの更新状況運営会社
1位プライスター・機能の総合力・人気ともにNo1
・アプリ版あり
・ユーザー限定サービスあり
5,280円30日間5分(最短2分)・メール
・LINE
・チャット
・電話
・ツイッター
株式会社カプセルZ
2位マカド!・電脳リピート機能が優秀
・1円値下げ機能
4,980円30日間5分・メール
・問い合わせフォーム
合同会社チルダワーク
3位セラースケット・Amazonアカウント停止の予防
・リーズナブル
2980円〜20日間5分・メール
・電話
株式会社 Pop Sicle
4位ECザウルス・最速2分の高速価格改定
・機能はベーシック
6,468円30日間5分(最短2分)・メール
・LINE
一般社団法人日本起業家育成機構
5位アマストリーム・機能が豊富
・年間契約でリーズナブル
5,280円30日間5分・メール合同会社App5
6位ウォッチベル・過去の詳細な販売チャート表示
・手動価格改定
3,980円30日間手動・問い合わせフォームインベイズ株式会社
7位D-plus・リーズナブル
・価格トラッキング機能あり
・機能はベーシック
3,980円〜30日間5分・メール
・LINE
株式会社NOVASTO
8位Cappy・リーズナブル
・特定のセラーを追従
3,980円30日間5分・メール株式会社REMINE

価格改定ツールの中でも一番人気のプライスターは、機能性も十分でサポートも充実しています。

1位:プライスター

プライスター
月額料金5,280円(税込)
基本機能自動価格改定、かんたん出品、在庫管理、サンクスメール、売上集計
特化機能スマホアプリ版あり、ユーザー限定4つの機能、月間ランキング、アプリ通知
価格改定スピード5分(最短2分)
サポートメール、LINE、チャット、電話、ツイッター

プライスターは人気No1の価格改定ツール

運営歴も10年以上と長く、ユーザー数も11,000人と他の価格改定ツールを圧倒しています。

月額利用料は5,280円(税込)。

プライスター公式サイト

Amazonせどりを総合的にサポートしてくれる、以下の機能が搭載されています。

プライスターの主な機能
  • かんたん出品機能
  • 高速価格改定
  • 売り上げ・在庫管理機能
  • 電脳リピート仕入れ機能
  • Google Chrome拡張機能
  • サンクスメール機能
  • アプリ版プライスター(リサーチ、在庫管理、出品も可能)

価格改定のスピードも5分(最短2分)と文句なし。最短2分は価格改定ツールの中でも最速なので、とにかく改定スピード重視の方には最適です。

また、上記の機能以外にも、プライスターユーザー専用のサービスもあります。

プライスター急便プライスターが立ち上げたFBA納品専門の物流サービス。
160サイズ以下、30kg未満の荷物であればFBA納品の送料が最安で980円から発送可能。
プライスターショッププライスター会員専用のネットショップで、せどりで使う備品や消耗品を扱っているネットショップ。意外とリーズナブルなのもメリット。
Google Chrome拡張機能Amazon商品ページにプライスターの拡張機能用ページを表示。販売スピード表示、損益分岐点、ライバル価格表示、商品のサイズ情報、出品制限表示、かんたん出品機能などが利用可能。
自己発送商品のヤマト発送自己発送で売れた商品を、ヤマト運輸を利用して簡単に発送できるサービス。

プライスターは、Amazonせどりの出品から販売、在庫管理から発送サービスまで、トータルしてサポートしてくれるのが魅力です。

アプリ版もあり、商品のリサーチ機能があるので、商品のリサーチから出品、販売、管理までプライスターだけで完結できるのもメリット。

プライスターは価格改定などの基本機能はもちろん、その他の機能を含めトータル的に優秀です。

どの価格改定ツールにしようか迷っているのであれば、プライスターを使えばまず間違いありません。

また、プライスターはサポート・マニュアルが充実しているので、価格改定ツールの利用が初めての人でも安心できます。

プライスター公式の「プライスターの使い方ブログ」では、機能ごとに画像付きでわかりやすく使い方が解説されているので困ることはありません。

サポート手段もツイッター、LINE、メール、電話、チャットボットなど豊富なのも嬉しいところ。返信も早く、丁寧な対応で安心できますよ。

プライスターについてもっと詳しく知りたい方は、プライスター徹底レビュー!歴3年の愛用者が便利機能やデメリットを解説を参考にしてみてください。

2位:マカド!

マカド!
月額料金4,980円(税込)
基本機能自動価格改定、出品機能、在庫管理、サンクスメール、売上集計
特化機能電脳リピート、LINE通知
価格改定スピード5分
サポートメール、問い合わせフォーム

マカド!もプライスター同様、人気の価格改定ツールで業界No2の人気を誇ります。

実際に私は2年ほどマカド!を利用してきましたが、かなり優秀なツールです。

月額は4,980円(税込)となっています。

マカド!公式サイト

Amazonせどりを総合的にサポートしてくれる以下の機能が搭載されています。

マカド!の主な機能
  • かんたん出品機能
  • 高速価格改定
  • 売り上げ・在庫管理機能
  • 電脳リピート仕入れ機能
  • サンクスメール機能

基本機能や使い勝手も十分ですが、なかでも電脳リピート仕入れ機能が優れています。

マカドの販売履歴一覧には、楽天、ヤフー、メルカリ、ヤフオクへのアイコンリンクが付いています。

このリンクを押せば、各サイトの商品一覧ページが表示されるので、販売履歴から簡単にリピート仕入れをすることができます。

「電脳仕入れを強化したい」という人には特におすすめです。

また、プライスターにはない「1円値下げ機能」がついています。

1円値下げ機能は賛否両論ありますが、1円でも安くして最安値をキープしたいという人もいるでしょう。そんな時は「マカド!」が役立ちます。

ただし、アプリ版がなかったり、FBA納品サポートや自己発送サポートがないので、総合的な機能面ではプライスターに劣ります。

電脳仕入れを強化したい、1円値下げ機能を使いたいという人は「マカド!」の選択がおすすめです。

マカド!についてもっと詳しく知りたい方は、こちら「せどりツール「マカド!」レビュー!機能やメリット・デメリットを解説!」も参考にしてみてください。

3位:セラースケット

セラースケット
月額料金2,980円(税込)/ 5,480円(税込)
基本機能自動価格改定、出品機能、在庫管理、サンクスメール、売上集計
特化機能アカウント停止予防、キャッシュフロー管理、リサーチツール「ワカルンダ」
価格改定スピード5分
サポートメール、電話

セラースケットは、Amazonアカウント停止の復活・予防サービスですが、別料金をプラスで価格改定機能も利用できます。

セラースケット公式サイト

まず、Amazonアカウント停止の復活・予防サービスとしてのセラースケットの料金プランは以下のとおり。

  • スタンダード:2,480円(税込)
  • プレミアム:4,980円(税込)

サービス内容としては以下のとおり。

  • アカウント停止に繋がる危険な商品が仕入れる前に分かる
  • メーカー取り締まりや真贋調査の速報を通知
  • アカウント復活サポート

上記の料金に+500円で価格改定機能を使うことができます。

価格改定込みの料金プランは以下のとおり。

  • スタンダード:2,980円(税込)
  • プレミアム:5,480円(税込)

スタンダードプランを利用すれば、格安で価格改定機能を利用することができます。

スタンダードとプレミアムの違いは以下のとおり。

  • スタンダードコース・・・アカウント停止リスクの検知や情報共有がメインで、サポートなし
  • プレミアムコース・・・アカウント停止リスクの検知・情報共有から相談・サポートまでしてくれる

ザックリいうと個別相談、アカウント停止時のサポートがあるかどうかです。

気になる価格改定ツールとしての機能ですが、以下のように基本的な機能は備えています。

セラースケットの主な機能
  • 5分間隔の自動価格改定
  • サンクスメール送信
  • かんたん出品機能・納品プランの作成
  • 売上管理表示

他にも「アカウント停止リスクの高い商品」を知らせる機能があります。

ただし、ベーシックな機能しか利用できないので、価格改定ツールとは物足りなさはあります。

最低限の機能でいいから、リーズナブルに利用したい人におすすめです。

関連記事:セラースケットとは?料金や価格改定の機能を解説!

4位:ECザウルス

月額料金月額は6,468円(税込)/ 年額64,680円(税込)
基本機能自動価格改定、出品機能、在庫管理、サンクスメール、売上集計
特化機能なし
価格改定スピード5分(最速2分)
サポートメール、LINE

ECザウルスは、価格改定スピードが速いことが特徴となっている価格改定ツールです。

ECザウルス公式サイト

価格改定スピードに関しては、ライバルが価格を変更してから平均5分・最速2分といったスピードを誇ります。

ECザウルスの月額は6,468円(税込)と、他の価格改定ツールに比べて高めの価格です。

支払い方法を年払いにすれば、年額64,680円(税込)で利用できるため、月額5,390円とお得になります。

また、「カート獲得可能最高値設定」という機能も特徴。

これは、過去のカートの最高値データを取得し、カート獲得ができる最高値まで価格を上げてくれる機能です。

単純に最安値にしたり、ライバルの価格に合わせるわけではないので、その時の最適な価格で販売し利益を最大化できるメリットがあります。

その他、ECザウルスには以下のような機能も搭載されています。

ECザウルスの主な機能
  • かんたん出品登録
  • CSV一括出品
  • 過去1週間のカート取得率確認
  • 売れた商品の他サイトリンクあり
  • 売上管理表示

そこまで機能は多いわけではありませんが、ベーシックな内容となっています。

5位:アマストリーム

月額料金月額5,280円(税込)/ 年間登録で2,980円(税込)
基本機能自動価格改定、出品機能、在庫管理、サンクスメール、売上集計
特化機能商品リサーチ機能
価格改定スピード5分
サポートメール

アマストリームはAmazon特化型の総合管理ツールです。

アマストリーム公式サイト

知名度は低いですが、Amazonソフトウェアパートナーとなっています。

価格は月額5,280円(税込)、年間登録だと2,980円(税込)とリーズナブルに利用可能。

価格改定機能、かんたん出品、在庫管理・レポートなどの他に、店舗・ネットのリサーチ機能があるなど豊富な機能があるのが特徴です。

アマストリームの主な機能
  • かんたん出品機能
  • 価格改定
  • 売り上げ・在庫管理機能
  • サンクスメール機能
  • 店舗リサーチ
  • Webサイトリサーチ

また、アマストリームのGoogle Chrome拡張機能を使えば、他モールへのリンク表示、利益計算など電脳リサーチの効率アップに繋げることができます。

とにかく機能は豊富でプライスター並に多機能ですが、利用者が少ないのか情報が少ないのはデメリット。

6位:ウォッチベル

ウォッチベル
月額料金3,980円(税込)
基本機能在庫管理、売上集計
特化機能オリジナルグラフ
価格改定スピード手動
サポート問い合わせフォーム

ウォッチベル(WatchBell)は、モノレートの開発陣が手掛ける価格改定ツールです。

月額は3,980円(税込)となっています。

ウォッチベル公式サイト

ウォッチベルは価格改定ツールとはいうものの、価格改定は手動で行います。

商品ごとに「過去の詳細な販売チャート」が表示されるので、チャートを見ながら最適な価格を導き出し、価格設定するのをサポートしてくれるツールですね。

基本的には、過去の販売チャートを見ながら最適な価格を見つけて、手動で価格設定していく流れになります。

最安値グラフのチャートをクリックすれば、販売見込み価格に反映されるので、その価格で利益がいくら取れるのかチェックすることができます。

そのまま出品価格に反映することもできるので、手入力の手間を省くこともできます。

ウォッチベルの主な機能
  • 詳細チャートによる手動価格改定
  • 売上分析
  • 自分以外の出品者の価格チャート表示

商品は最安値だけが売れるわけではありません。状況によっては相場より高くても売れます。

にもかかわらず最安値で売ってしまったのでは利益の取りこぼしになってしまいますよね。

ウォッチベルは、以下のようなタイプのせどらーに向いています。

  • 最安値でガンガン売り切るというタイプではない人
  • 商品状態やライバル状況を考慮して、高値販売を狙っていくタイプの人
  • 過去相場などを分析して、より適正な価格で値付けをしていくタイプの人

もちろん、在庫管理や売り上げ分析機能などもあるので、商品管理という意味でも効率アップは期待できます。

ウォッチベルについてもっと知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

【ウォッチベル(WatchBell)レビュー】機能や使ってみた感想を紹介!

7位:D-plus

月額料金無料/3,980円/5,980円/9,980円
基本機能自動価格改定、出品機能、在庫管理、サンクスメール、売上集計
特化機能なし
価格改定スピード5分
サポートメール、LINE

D-plusは、プランの選択によっては他の価格改定ツールよりリーズナブルに利用できる価格改定ツールです。

D-plus公式サイト

D-plusの基本機能は以下のとおりです。

D-plusの主な機能
  • かんたん出品機能
  • 高速価格改定
  • 売り上げ・在庫管理機能
  • サンクスメール機能

そのほかにも、価格トラッキング機能があり、出品したことのある商品の価格が条件に合致したタイミングで通知してくれる機能です。

例えばプレミアになった商品や、在庫が切れた商品を通知で知らせてくれるのでリピート仕入れに便利です。

また、「出品してから○日経っても売れない」といった場合に、自動で値引きする設定ができるのも特徴です。

D-plusの価格は以下のようになっています。

  • 無料プラン(価格改定50商品まで)
  • ライトプラン:3,980円(価格改定2000商品まで、個別価格トラッキングなし)
  • スタンダード:5,980円
  • プロ:9,980円

2,000商品以内で価格トラッキングを利用しないのであれば、3,980円のライトプランを利用すると他の価格改定ツールよりリーズナブルに利用できます。

しかし、フル機能で利用するのであれば5,980円となるのでコスパがいいとはいえません。

また、公式サイトは2018年以降、ツイッターは2019年3月以降更新されていないのが気になるところ。

8位:Cappy

月額料金3,980円
基本機能自動価格改定、出品機能、在庫管理、サンクスメール、売上集計
特化機能なし
価格改定スピード5分
サポートメール

他の価格改定ツールに比べてリーズナブルなのがCappyです。

Cappy公式サイト

月額は3,980円となっていて、価格改定ツールのなかでもリーズナブルに利用することができます。

価格改定ツールの他にも、有名な出品代行サービス「せどロジ」を運営しています。

Cappyの基本機能は以下のとおりです。

Cappyの主な機能
  • 出品ツール
  • 自動価格改定
  • サンクスメール送信
  • 在庫・売り上げ管理

Cappyは、サンクスメールの設定が充実していて、出荷経路・商品コンディションに合わせた設定ができます。

在庫管理では、出品日から一定期間が経過した商品には、色をつけて目立たせることができるのも特徴。価格改定では、特定のセラーを追従することもできます。

価格改定ツールとしての基本機能はあり、それなりに便利な機能もありますが、これといった大きな特徴がないのは否めません。

また、公式サイトおよび公式のCappy使い方サイトも2018年以降更新がないのは気になるところ。

【結論】一番のおすすめはプライスター

【結論】一番のおすすめはプライスター

価格改定ツールの比較をしてきましたが、最もおすすめできる価格改定ツールはプライスターです。

プライスターが最もおすすめな理由
  • 業界最速の価格改定スピード
  • 機能性が抜群
  • 見やすいデザインで使いやすい
  • 定期的なアップデートがある
  • 情報発信が活発でサポートも充実
  • 利用者がダントツNo1の実績

価格改定ツールの中でも利用者No1だけあり、総合力が断トツで高いと言えます。サポート・マニュアルも充実していいるので、価格改定ツール初心者でも安心して利用できるのもメリット。

プライスター公式サイト

どの価格改定ツールにするか迷ったら、まずはプライスターを使ってみるのがおすすめです。無料で1ヶ月利用できるので、ぜひ利用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

せどり歴9年目の中古メディアせどらー。本・CD・DVDがメイン。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→2年後独立。マイナージャンルが得意で、店舗・電脳を駆使してせどりしてます。

目次