アプリ・ツール

【専業せどらー厳選】せどりで使うべき価格改定ツールおすすめ3選

2021年1月11日

Amazonせどりを総合的にサポートしてくれる価格改定ツール。

価格改定ツールを使うのと使わないのとでは作業効率が格段に違うので、是非とも取り入れたいツールです。

価格改定だけではなく、売り上げ管理、在庫管理、電脳仕入れサポート、評価依頼メール送信など様々な機能を利用できるのが魅力。

  • 価格改定ツールにはどんなものがあるの?
  • おすすめの価格改定ツールが知りたい

といった方に向けて、本記事ではおすすめの3つの価格改定ツールを紹介したいと思います。

どのツールも実際に使ってみたことのあるツールなので、ぜひ参考にしていただければと思います。

せどりで使うべき価格改定ツールおすすめ3選

せどりで使うべき価格改定ツールおすすめ3選を紹介します。

プライスター

プライスター

プライスターは人気No1の価格改定ツールです。ユーザー数も1万人以上と他の価格改定ツールを圧倒しています。

月額利用料は5280円(税込)。

プライスター公式サイト

Amazonせどりを総合的にサポートしてくれる、以下の機能が搭載されています。

  • かんたん出品機能
  • 高速価格改定
  • 売り上げ・在庫管理機能
  • 電脳リピート仕入れ機能
  • サンクスメール機能
  • アプリ版プライスター(リサーチ、在庫管理、出品も可能)

また、上記の機能以外にも、プライスターユーザー専用のサービスもあります。

  • プライスター急便
  • プライスターショップ
  • 自己発送商品のヤマト発送
  • 出品代行が探せる「プライスターパートナー」

プライスターは、Amazon販売の管理から発送サービスまで、トータルしてサポートしてくれるのが魅力です。

他の価格改定ツールよりやや高いですが、価格改定ツールを飛び越えたサービスを提供しているツールはプライスター以外にありません。

実際にマカド!からプライスターに乗り換えて現在も使っていますが、もう他の価格改定ツールには移れないと感じています。価格改定などの基本機能はもちろん優秀ですし、プライスター急便などの配送サービスもめちゃくちゃお得で便利です。

プライスター急便やプライスターパートナーなど、せどりをサポートするサービスを常に考えている企業なので、今後の新サービスにも期待できます。

どの価格改定ツールにしようか迷っているのであれば、プライスターを使えばまず間違いはありません。

プライスターについてもっと詳しく知りたい方は、こちら「【価格改定ツール最強】プライスターを徹底解説!せどりで必須のおすすめツール!」も参考にしてみてください。

マカド!

マカド!

マカド!もプライスター同様、人気の価格改定ツールで業界No2の人気を誇ります。

実際に私は2年ほどマカド!を利用してきましたが、かなり優秀なツールです。

月額は4980円(税込)となっています。

マカド!公式サイト

Amazonせどりを総合的にサポートしてくれる以下の機能が搭載されています。

  • かんたん出品機能
  • 高速価格改定
  • 売り上げ・在庫管理機能
  • 電脳リピート仕入れ機能
  • サンクスメール機能

マカド!は、電脳仕入れ機能が特に優れています。

マカドの販売履歴一覧には、楽天、ヤフー、メルカリ、ヤフオクへのアイコンリンクが付いています。

このリンクを押せば、各サイトの商品一覧ページが表示されるので、販売履歴から簡単にリピート仕入れをすることができます。

電脳仕入れを強化したいという人には特におすすめです。

また、プライスターにはない「1円値下げ機能」がついています。1円値下げ機能は賛否両論ありますが、1円でも安くして最安値をキープしたいという人もいるでしょう。そんな時はマカド!が役立ちます。

ただし、アプリ版がなかったり、FBA納品サポートや自己発送サポートがないので、総合的な機能面ではプライスターに劣ります。

電脳仕入れを強化したい、1円値下げ機能を使いたいという人はマカド!の選択がおすすめです。

マカド!についてもっと詳しく知りたい方は、こちら「せどりツール「マカド!」レビュー!機能やメリット・デメリットを解説!」も参考にしてみてください。

ウォッチベル

ウォッチベル

ウォッチベル(WatchBell)は、モノレートの開発陣が手掛ける価格改定ツールです。

月額は3980円(税込)となっています。

ウォッチベル公式サイト

ウォッチベルは価格改定ツールとはいうものの、価格改定は手動で行います。

商品ごとに「過去の詳細な販売チャート」が表示されるので、チャートを見ながら最適な価格を導き出し、価格設定するのをサポートしてくれます。

商品は最安値だけが売れるわけではありません。状況によっては相場より高くても売れます。にもかかわらず最安値で売ってしまったのでは利益の取りこぼしになってしまいます。

ウォッチベルは、以下のようなタイプのせどらーに向いています。

  • 最安値でガンガン売り切るというタイプではない人
  • 商品状態やライバル状況を考慮して、高値販売を狙っていくタイプの人
  • 過去相場などを分析して、より適正な価格で値付けをしていくタイプの人

もちろん、在庫管理や売り上げ分析機能などもあるので、商品管理という意味でも効率アップは期待できます。

ウォッチベルについてもっと知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

【ウォッチベル(WatchBell)レビュー】機能や使ってみた感想を紹介!

価格改定ツールのおすすめの3選まとめ

せどりの効率がアップする価格改定ツールの人気おすすめ3選を紹介してきました。

月額がかかるので躊躇しがちですが、実際に使ってみると「普段の作業がこんなにも楽になるのか!」と実感できるはずです。

どのツールも30日間無料で利用できるので、まずは無料期間に使い倒してみるのがおすすめです。合わなければ解約すればOKです。

こんな選択がおすすめ

・Amazonせどりの総合的なサポートを求めるならプライスター【迷ったらコレ】

プライスター公式サイト

・1円値上げ、電脳仕入れを強化したいならマカド!

マカド!公式サイト

・相場分析を駆使して高値販売を狙っているスタイルならウォッチベル

ウォッチベル公式サイト

ぜひ参考にしていただければと思います。

-アプリ・ツール
-, ,