エポスカードはポイント還元1.5%以上!せどりで無料のクレジットカード最強!

本ページはプロモーションを含みます。

せどりの必須アイテム「クレジットカード」ですが、たくさんあるクレジットカードの中でどのカードを選べば一番お得なのか。

こんな疑問を抱えている人は多いと思います。

私も副業せどらー時代から専業せどらーになってからも、いくつかのクレジットカードを作ってきました。そんな中で、無料かつポイント高還元率のクレジットカードがあります。

それが「エポスゴールドカード」です。

エポスカード公式サイト

  • 無料で持つことができる
  • ポイント1.5%還元とクレジットカード屈指の還元率を実現できる
  • 日常生活でもお得な特典が豊富

「無料のクレジットカードでは最強」といっても過言ではないくらいのポテンシャルを秘めたカードで、せどりのメインカードとしても使えます。

本記事では、そんなエポスゴールドカードについて紹介したいと思います。

目次

ポイント還元率1.5%を実現するサービスとは

エポスカードにはゴールド・プラチナ会員限定のサービスとなりますが「選べるポイントアップショップ」というサービスがあります。

選べるポイントアップショップとは?

300以上のいろいろなショップから、よく利用するショップを最大3つまで登録することで、エポスカード利用時のポイントが『最大3倍』になるサービスです。

エポスカードは、通常のポイント還元率が0.5%と低いのがネック。

しかし、選べるポイントアップショップを利用することで、ポイント還元率1.5%とクレジットカード屈指の還元率を実現することができます。

何よりも嬉しいのが、「選べるポイントアップショップ」の対象ショップは、せどりの仕入れ先の定番ショップをほとんど網羅していることです。

  • ブックオフ
  • ドンキホーテ
  • エディオン
  • コジマ
  • ジョーシン電機
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • ソフマップ
  • タワーレコード
  • トイザらス
  • イオン

まだまだ対象店舗は多いです。

せどりの仕入れ対象となるあらゆる店舗で、ポイント還元率が1.5%となるのは非常に魅力ですね。

年間利用額に応じたボーナスポイントもあり

エポスゴールドカードには、年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。

年間50万円以上2,500エポスポイント
年間100万円以上10,000エポスポイント

せどりをしていれば、年間100万円以上の利用は、ハードルが高いというわけではありません。

実はこのエポスカードは、せどり初心者のような仕入れ額が少ない人の方がお得だったりします。

例えば、選べるポイントアップショップ対象店舗で年間100万円の仕入れをした場合、以下のようにポイントを獲得できます。

年間100万円仕入れの場合

エポスポイント15000ポイント + ボーナスポイント10000ポイント

= 合計25000ポイント(還元率2.5%)

年間200万円仕入れの場合

エポスポイント30000ポイント + ボーナスポイント10000ポイント

= 合計40000ポイント(還元率2.0%)

ポイント還元率は最大で2.5%を実現できます。

使えば使うほど還元率は1.5%に近づいていくように下がりますが、それでもかなりの還元率を実現できることがお分かりいただけると思います。

エポスゴールドカードを年会費無料で利用する方法

気になるゴールドカードの年会費ですが、直接申し込んだ場合は年会費5,000円がかかってしまいます。

しかし、次の条件のどちらかを満たせば、エポスゴールドカードを年会費無料で持つことができます。

  • インビテーション入会で年会費永年無料
  • エポスノーマルカードを年間50万以上の利用で、翌年以降は年会費無料

ノーマルカードから作成してインビテーションでゴールドカードを取得するのが、年会費もかからないのでおすすめです。

エポスゴールドカードのインビテーションの目安は、以下の2つと言われています。

  • 利用期間は半年~1年
  • 決済額は50万円以上

ちなみに私の場合、エポスノーマルカードの発行からゴールドカードのインビテーションが来るまでの実績は、利用期間はちょうど6ヶ月で、利用合計金額は113万円でした。

毎月5万円くらいの決済を続けていれば、半年から1年以内にインビテーションをもらうことができるかなと思います。

エポスカードのデメリット

エポスカードのデメリットを紹介します。

高額利用者には不向き

エポスカードのデメリットの1つが、限度額が低いこと。

私の場合ですが、エポスノーマルカードで50万円、エポスゴールドカードで100万円の限度額しかありませんでした。(現在はエポスプラチナカードを使っているので限度額が300万円あります)

高単価商品を扱っている人や、毎月何百万も仕入れに使うパワーセラーには向いていません。

そういった場合は、他の限度額の大きなクレジットカードの方がおすすめです。

ゴールドカード取得まではポイント還元率が低い

エポスノーマルカードは、選べるポイントアップショップのサービス対象外なので還元率は0.5%となります。

ポイント還元率的には、メリットの感じないクレジットカードになってしまいます。

それでも豊富な特典があるのでお得なクレジットカードと言えますが、ゴールドカード作成までは我慢が必要です。

ポイントの使い道が制限される

エポスポイントの使える先は以下のとおりです。

  • エポスVisaプリペイドカードに移行
  • ネット通販のポイント割引
  • 商品券・ギフト券へ交換
  • 他社ポイントに交換
  • グッズへの交換
  • マルイでのショッピング割引

エポスポイントは楽天ポイントやTポイントのように、どこでも使えるようなポイントではありません。

そのため、ポイントの使い先が限定されてしまうのがデメリット。

貯めたエポスポイントは、以下のような使い方が現実的かなと思います。

  • ネット通販ポイント割引を利用
  • VISAプリペイドカードにチャージして使う
  • ギフトカードに交換
  • マイルに交換

ネット通販のポイント割引とは、ネットショッピングの利用料金をポイントで割り引いてくれるサービスで、ポイントを現金同様に利用できます。

ネット仕入れをする人には、十分利用価値があります。

また、VISAプリペイドカードにチャージして利用すれば、VISA加盟店であればどの店舗でも利用できるのでこちらもオススメです。

ちなみに私は、エポスポイントはマイルに交換しています。

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードは、1ポイントあたりのANAマイル還元率が0.6%となっています。

「選べるポイントアップショップ」と「年間ボーナスポイント」を考慮して、年間100万円を利用すると25000ポイント(還元率2.5%)ゲットできますが、これをマイルに交換すると「25000 × 0.6 = 15000マイル」です。

100万円の利用に対して15,000マイルを獲得できるので、実質マイル還元率1.5%。利用額が大きくなれば還元率は下がっていきますが、それでもマイル還元率1%以上はかなり優秀です。

エポスカードをお得に作成する方法

エポスカードをお得に作成する方法を紹介します。

エポスカードをお得に作成するには、 ポイントサイトのハピタスを経由して作成するのがおすすめです。

以下のように、ハピタスポイントがたっぷりもらえます。

ハピタスに掲載されているエポスカードの情報

本記事を書いている時点では、ポイントアップキャンペーン中で6,000ポイントにアップしていましたが、通常であれば3,000ポイント前後もらえます。

ハピタスポイントで貯めたポイントは、現金に交換したりマイルに交換したりと使い道豊富なので、この機会にゲットしましょう。

ハピタス公式サイト

せどりをしているなら、ハピタスの利用は必須ですよ。

ハピタスでポイントを貯める手順
  1. ハピタスに登録する
  2. ハピタスを経由してエポスカード公式サイトでカードを作成する
  3. 後日、ハピタスポイントが還元される

このような流れなので、ハピタスの利用方法は簡単です。ハピタスは無料で利用できるので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

せどりに使う無料のクレジットカードで、一番のおすすめのエポスカードを紹介しました。

選べるポイントアップショップを利用すれば、ポイント還元率1.5%はかなりの魅力。

ポイントの使い道がちょっとイマイチですが、ポイント還元率もクレジットカード屈指なのでぜひ利用してみてください。

関連記事:せどりにおすすめのクレジットカードを厳選!カード選びの基準も解説!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独立6年目の中古メディアせどらー。本・CD・DVDがメイン。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→2年後独立。マイナージャンルが得意。

目次