必要アイテム

せどりのFBA納品向け!おすすめダンボールと注意点を解説!

2021年1月23日

せどりのFBA納品をしている方のなかには、こんな疑問をもった人もいると思います。

  • せどりのFBA納品用のダンボールって買ったの方がいいの?
  • FBA納品におすすめのダンボールを知りたい
  • ダンボールを安く買えるとこを知りたい

こんな疑問に答えたいと思います。

結論からいうと、FBA納品向けのダンボールは買ったほうがいいです。

私はせどりを5年続けていますが、FBA納品するダンボールは一度ももらいに行ったことはありません。

本記事では、せどりのFBA納品で使うダンボールは買った方がいい理由や、安く買えるおすすめのダンボールを紹介したいと思います。

FBA納品向けのダンボールは買った方がいい理由

冒頭でもお話しましたが、FBA納品用のダンボールは買った方がいいです。

無料でもらうには手間と時間がかかる

ダンボールを買うにはお金はかかるので「ダンボールごときにお金はかけたくない」と思う方もいるかもしれません。

しかし、ダンボールをもらうための手間や時間も考える必要があります。

ドラッグストアなどにダンボールをもらいにいけば、無料で手に入れることができますが、それなりに手間がかかります。それを繰り返していると、結局大きな時間のロスになってしまいます。

欲しいサイズのダンボールがいつでも手に入るとは限りませんし、車を持っていない人にとってはかなりキツイです。

ダンボールを購入することのメリット

ダンボールを購入することのメリットは、以下のとおりです。

  • ダンボールを取りに行く手間がかからない
  • 持ち運びの必要がない
  • サイズが統一されている

ダンボールをもらいに行く手間はかからないので、なにより時間の節約になります。

また、サイズが統一されているので、自分が扱っている商材に対して、収納量の目安がつけやすいです。

例えば、以下のような感じです。

  • DVD-BOXだった、120サイズで〇〇商品くらい
  • 単行本だったら、100サイズで〇〇商品くらい

それに、同じサイズを複数納品する場合など、配送業者さんにとってもスムーズに作業ができます。サイズが違うと、わざわざ玄関前でダンボールのサイズを測られて、時間がかかってしまうことも。

そういった手間をかけるより、ダンボールをネットで買ってしまった方が効率的です。

時間の節約という意味でも、ダンボールは購入したほうが時間を有効に活用できます。

ダンボールを買わなくてもいい場合

ただし、以下のような場合にはダンボールを買う必要はありません。

家の近くにドラッグストアがあって、仕入れ先としている

家の近くの仕入れ先で、ついでにダンボールをもらえる場合などはたいした手間もかかりません。

ドラッグストアやホームセンターなど、ダンボールをもらえる店舗があると便利です。

仕入れのついでにダンボールをもらうだけなので、時間を無駄にせずにすみます。

電脳で届いたダンボールが再利用できる場合

電脳せどりをしている場合は、届いたダンボールをそのまま利用するのもアリです。

大きめで丈夫なダンボールであれば、そのままFBA納品用として使えばOKなので、無料かつ手間もかかりません。

実際に私も電脳で届いたダンボールを再利用することもあります。

FBA納品におすすめのダンボール

FBA納品におすすめのダンボールを紹介します。

ダンボールワン

おすすめは、楽天市場の「ダンボールワン 楽天市場店」です。ダンボール・梱包資材の通販サイトでは、国内トップシェアで人気もあります。


もちろん他のサイズも取り揃えています。

料金の目安は、以下のとおり。

  • 100サイズ20枚入りで約2500円、1枚あたり約125円
  • 120サイズ20枚入りで約4000円、1枚あたり約200円

枚数をまとめて買うとさらに安くなります。楽天ポイントも還元されるので、実質価格はさらに安いです。

お買い物マラソンの買い回り店舗数も稼げるので、買い回り対策としてもおすすめです。

プライスターショップ(160サイズ)

また、160サイズのダンボールを買うならプライスターショップもおすすめ。

プライスターショップは、プライスターが運営しているせどりの備品を買えるオンラインショップ。

160サイズのダンボールが、11枚セット(内1枚は外箱)で2980円(税込・送料込み)です。プライスター利用者はぜひ利用してみてください。

プライスターショップを使ってみた感想【せどりの備品・消耗品が安く買えます】

※プライスター会員専用のサービスとなっているので、プライスターショップを利用するにはプライスターとの契約が必要となります。

プライスター公式サイト

FBA納品に使うダンボールの注意点

FBA納品に使うダンボールの注意点を解説します。

FBA納品するダンボールのサイズと重量制限

FBAに納品するのに使うダンボールには、サイズと重量の制限があります。

小型・標準サイズ

  • 輸送箱の三辺が50cm x 60cm x 50cm(長さ×幅×高さ)より小さく、重量が30kg以下
  • かつ、輸送箱の三辺が18.1×10.0×2.5cm(長さ×幅×高さ)より大きく、0.15kg以上

大型サイズ

  • 寸法の合計が216cm以内であること
  • 重量が40kg未満

参考リンク:Amazonへの個口配送

上記のサイズや重量を超えた場合は、受領拒否の対象になってしまうので注意が必要です。

FBAで受領不可になるダンボールの状態

FBAでは、ダンボールの状態によっては受領不可になることがあります。

  • 商材に合わせて段ボールを組み合わせ、箱のサイズを大きく、または小さく加工したダンボール
  • 別の段ボール箱を蓋代わりに使用したダンボール
  • 破損したダンボール
  • 複数のダンボールがまとめられている(袋や紐などでダンボールをまとめるのはNG)

ダンボールに余計なカスタマイズをするのはNGです。

また、輸送中にダンボールが破損しないように、ある程度の強度があるダンボールを使うようにしましょう。

まとめ

せどりのFBA納品で使うダンボールは買った方がいい理由や、安く買えるショップを紹介してきました。

ダンボール買う場合、1枚あたりの金額は大したことがなくても、それが積み重なると大きな金額になるという意見もあります。

しかし、何より時間の節約になるので、他のことに有効に使った方がいいです。

FBA納品を安くする方法も紹介しているので、こちらも合わせてお読みいただければと思います。

関連記事:せどりでFBA納品の送料を安く抑える方法を解説

関連記事:せどりに必要なものリスト【歴6年の現役せどらーが厳選】

この記事を書いた人

くりすぷ

せどり歴6年(独立4年)の中古メディアせどらー。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→独立後ブログで収入を複数化。せどりはマイナージャンル、プレミアが得意。せどりで稼ぐ情報をメインにブログ、ポイ活についても発信しています。

>>プロフィール詳細

-必要アイテム