アプリ・ツール

【おすすめ】せどりの会計ソフトはFreeeで決まり!

2021年6月20日

  • 日々の帳簿づけをラクにしたい
  • せどりにおすすめの会計ソフトはないの?
  • 確定申告をもっと簡単に終わらせたい

こんな悩みを解決してくれるのが、会計ソフトFreeeです。

クラウド会計ソフトFreee

Freeeは、日々の帳簿づけをオンライン上でできるクラウド会計ソフト。帳簿づけだけでなく、確定申告の書類も簡単に作れます。

本記事では、せどりの会計ソフトにおすすめなFreeeについて解説したいと思います。

せどりにおすすめの会計ソフトFreeeのメリット

せどりでFreeeを使うメリットを解説します。

クレジットカードや銀行の支払いを自動で取り込める

クレジットカードや銀行口座をfreeeと同期しておけば、自動で明細を取り込んでくれるので、手入力の必要がありません。

手入力の時間が節約できる上に、入力ミスも防ぐことができます。

メモ

事業用とプライベート用を一緒にしているクレジットカードだと、後から経費と生活費に分ける必要があるので、事業用とプライベート用にクレジットカードを分けておきましょう。

仕分けは自動で行ってくれる

Freeeでは、自動で明細を取り込んでくれる上に、仕訳(勘定科目に分類して記録すること)も自動で設定してくれます。

実際の画面だとこんな感じです。

  • 銀行口座にASPからの入金(アフィリエイトの売り上げ)があれば、「売上高」として設定されます。
  • クレジットカードの明細に駿河屋からの請求があれば、「仕入高」として設定されます。

自動仕訳は、まずFreeeの「予測仕訳」で設定されているので、その中で間違っているものがあれば修正するという流れです。

学習機能があるので、使えば使うほど精度が上がっていきます。

あらかじめ勘定科目を設定しておくこともできます。

例えば、以下のような感じですね。

  • 「振込 アマゾンジヤパン」とあれば、売上高に自動入力
  • 「ゲオオンラインストア楽天市場店」とあれば、「仕入れ高」に自動入力

自動仕訳機能はめちゃくちゃ便利です。

レポート分析が優秀

Freeeのレポート機能はかなり優秀です。

資金繰りレポートをみれば、毎月のキャッシュフローが一目瞭然です。

キャッシュフローの管理が疎かになりがちな人にはおすすめな機能ですね。

他にも、

  • 取引先別の収益額、収益比率の推移
  • 取引先別の仕入れ額、仕入れ比率の推移
  • 取引先別の損益

といったように、Freeeのレポート機能は、資金管理の分析に役立ちます。

毎月の支出、収入、経費などの集計も一覧で見れるので、「ちょっと経費多かったから、削減できるところがないかチェックしよう」とか、「最近キャッシュフローが悪いから、対策を立てよう」といったように、レポート機能を利用して多角的な分析をすることができます。

Amazonと連携も可能

セラーセントラルと連携して、売上・手数料データをfreeeに取り込むことができます。

ここまで必要ないかもしれませんが、商品ごとの手数料などもまとめて見ることができます。

Freeeのおすすめプラン

Freeeのプランは3種類あり、各プランごとの機能は下記の通りです。

スターター スタンダード プレミアム
年払い 980円 / 月(11760円 / 年) 1980円 / 月(23760円 / 年) 3316円 / 月(39800円 / 年)
月払い 1180円 / 月 2380円 / 月 年払いのみ
確定申告書の作成・出力
銀行口座やクレジットカードとの同期
請求書の作成
領収書の写真から
仕訳データ自動取得
×(月5枚まで)
消費税申告 ×
月次推移/資金繰り/売掛/買掛レポート ×
メール・チャットサポート
電話サポート × ×
データ移行代行サービス × ×
税務調査サポート補償 × ×

おすすめは、スタンダードプランです。

どのプランも、銀行口座やクレジットカードとの自動連携、確定申告書の作成はできますが、スタンダートプランは、資金繰りレポートなどの機能が使えることと、消費税申告にも対応しているからです。

レポート機能は不要、まだ消費税対象でない、といった場合であれば「スターター」プランで十分かと思います。

「毎月の売り上げ分析をしっかりやりたい」といった場合は、スタンダートプランを利用して、レポート機能をうまく活用することをおすすめします。

まとめ

せどりの会計ソフトにおすすめなFreeeについて解説してきました。

せどり的には、「レポート機能による資金管理・分析」「確定申告書類の作成」はかなり便利に感じました。

普段の記帳もスピーディーになるのもメリットです。

スマホアプリもありますし、会計・簿記の知識がなくても館単に使うことができるのもメリット。

無料で使うこともできるので、まずは無料で始めてみるといいかと思います。私も無料で使い勝手を確認してから、有料プランに切り替えました。

クラウド会計ソフトFreee

気になる人はぜひ利用してみて下さい。

-アプリ・ツール