せどりにおすすめの会計ソフト3選【確定申告もカンタン】

本ページはプロモーションを含みます。

せどりの記帳や確定申告の準備のために、会計ソフトを検討している方も多いかと思います。

会計ソフトはたくさんの種類が存在しているため、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、せどりにおすすめの会計ソフト3選を紹介したいと思います。

会計ソフトを使うことで、せどり記帳作業が一気に効率的に、そして確定申告もスムーズになりますよ。

本記事を読んで、会計ソフト選びの参考にしてみて下さい。

目次

会計ソフトとは

会計ソフトは、企業や個人が会計の業務を行う際に利用するソフトウェアのこと。

主に、仕訳の入力、収支の管理、会計関連書類の作成など、会計に関するさまざまな処理を効率的かつ正確に行うことができます。

会計ソフトは、クレジットカードや銀行口座とも連携ができるので、自分で手入力する手間は極力避けることができるメリットがあります。

確定申告も便利になることから、個人でビジネスをしているなら欠かせないツールといえます。

会計ソフトは、「クラウド型」と「インストール型」の2種類に分けることができます。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

クラウド型インストール型
インストール不要必要
ネット環境必要不要
利用端末パソコン・タブレット・スマホで利用可能(OSを問わずに使える)パソコンのみで、Windows向けが多い
利用方法ChromeやSafariなどのブラウザから利用。端末を問わない。パソコンにインストールして利用。その端末でしか利用できない
初期費用不要ソフト本体の購入代金
月額費用月額または年額の利用料金が必要税制改正に対応するため
毎年のバージョンアップ費用が必須

クラウド型の会計ソフトなら、導入コストを抑えることもでき、初心者でも気軽に導入できるるのでおすすめです。

インストール型の会計ソフトは、買い切りなので月額・年額の利用料金がかからないメリットがあります。しかし、インストール型会計ソフトは、法改正への対応など、基本的に毎年のバージョンアップが必要なので、結局は費用がかさむことになります。
こういった理由も踏まえて、クラウド型の会計ソフトにしておいたほうがいいです。

せどりで会計ソフトを導入するメリット

時間とコストの節約

会計ソフトを導入することで、帳簿付けの時間とコストを大幅に節約することができます。

なぜなら会計ソフトには、仕訳の自動化や、クレジットカードや銀行口座との連携、機械学習による自動仕訳機能など、記帳や帳簿の作成を効率化するための機能あるからです。

せどりをしていると、売り上げや販売数が増えれば増えるほど記帳すべき量も多くなります。

それをエクセルなどの表計算ソフトを利用している場合、膨大な量の記帳を手で行う必要があり大変です。

会計ソフトを利用すれば、長い目で見ても大幅に時間を節約できるので、他の業務やビジネスに集中することができます。

計算間違いをする心配がない

手動での記帳は、計算ミスをするリスクが高まります。

これが原因で計算に間違いが発生し、収支の状況を間違えて把握してしまったり、納める税金の計算を間違えてしまうことにもつながります。

会計ソフトを使えば、データを入力するだけで自動的に計算が行われるので、そのようなミスの心配は減ります。

確定申告が楽になる

せどりで年間の利益が20万円を超えると確定申告が必要ですが、会計ソフトは申告書の作成にも役立ちます。

多くの会計ソフトでは、確定申告の書類作成にも対応していて、必要な情報を入力するだけで確定申告書の作成ができるようになっているからです。

確定申告を自分だけでやろうとするとかなり大変ですが、会計ソフトを利用すれば大幅に楽になります。

「せどりを始めたばかりで、確定申告が必要かどうかわからない」という方でも、帳簿をつけることだけはしておきましょう。せどりが軌道に乗って確定申告が必要になるかもしれません。

それに、帳簿付けをすることでビジネスの状況を判断する材料になり、今後の改善にもつながるからです。

せどりにおすすめの会計ソフト3選

せどりにおすすめの会計ソフトは以下の3つ。

クラウド会計ソフトfreee

freeeは、Freee株式会社が運営するクラウド型会計ソフトで、シェアNo.1として約100万社が利用する、最も選ばれている会計ソフト。

クラウド会計ソフトfreee

対応金融サービスNo.1を誇り、銀行口座やクレジットカードの読み込み機能を備えているため、入力の時間短縮やミスの防止が可能です。

操作画面は初心者にもわかりやすく、専門用語が少ないので、会計の知識がなくても使用できます。

また、資金繰りレポートなどのレポート機能にも優れていて、基本的な会計業務だけでなく、キャッシュフローの確認や損益状況の把握などもできるメリットがあります。

料金プランは以下のとおりです。

スタータースタンダードプレミアム
年払い11,760円(月980円)23,760円(月1,980円)39,800円(月3,316円)
月払い1,480円2,680円年払いのみ
クラウド会計ソフトfreeeの料金プラン

シェアNo1の実績や使いやすさから見ても、どの会計ソフトにするか迷ったら、会計ソフトFreeeを選ぶのがおすすめです。

関連記事:イチオシ!せどりの会計ソフトはfreeeで決まり!確定申告もサクッとできる

マネーフォワードクラウド

マネーフォワードクラウド会計は、株式会社マネーフォワードが運営するクラウド型会計ソフトで、業界シェア第2位の実績を誇っています。

クラウド会計ソフト「マネーフォワード」

必要最低限の機能でリーズナブルな「パーソナルミニプラン」など、様々なプランが用意されています。

自動入力や自動仕訳機能により、入力時間の短縮やミスの予防が可能で、マネーフォワードのシリーズ製品との連携を活用すると、業務効率の向上が期待できるのもメリット。

また、初心者向けの学習コンテンツや税理士、会計士の紹介サービスを提供しているので利便性は高いです。

個人向けの料金プランは以下のとおりです。

パーソナルミニパーソナルパーソナルプラス
年払い9,600円(月800円)11,760円(月980円)35,760円(月2,980円)
月払い980円1,280円
クラウド会計ソフト「マネーフォワード」の料金プラン

弥生オンライン

弥生会計オンラインは、弥生株式会社が運営するクラウド型会計ソフトで、マネーフォワード、freeeと並ぶ業界の三大クラウド会計ソフトの一つです。

弥生会計 オンライン

入力機能が充実しており、銀行口座やクレジットカード、POSレジからの読み取り入力やスマートフォンでのレシートの読み込み入力が可能です。

さらに、自動で入力されたデータはAIが仕訳し、使うほどに精度が上がります。

プランは、白色申告と青色申告で分かれています。

やよいの白色申告フリープランベーシックプラントータルプラン
年払い無料10,120円16,800円
弥生会計 オンラインの料金プラン
やよいの青色申告セルフプランベーシックプラントータルプラン
年払い9,680円15,180円26,400円
弥生会計 オンラインの料金プラン

まとめ

せどりにおすすめの会計ソフト3選を紹介してきました。

おすすめの会計ソフトをまとめると、以下の3つです。

せどり記帳作業が一気に効率的になりますし、確定申告もスムーズになるので、ぜひ利用してみて下さい。

どれにするか迷ったら、シェアNo1のクラウド会計ソフトfreeeが使いやすくておすすめですよ。

会計ソフトに興味がある方は、ぜひ一度利用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独立6年目の中古メディアせどらー。本・CD・DVDがメイン。副業で本せどり開始→CD・DVDの多ジャンルへ→2年後独立。マイナージャンルが得意。

目次