せどり全般

せどりでMacBookを使うのはありなのか【結論:問題なし】

2020年11月25日

せどりをする上でパソコンは欠かせませんが、

  • せどりに使うノートパソコンが欲しいけどMacBookってどうなの?
  • せどりで使うならWindowsがいいんじゃないの?
  • せどりでMacBookを使うのはありなの?

こんな疑問を持っている人もいるかと思います。

結論から言うと、MacBookでも問題はありません。

私はデスクトップPCとMacBook両方を使っていますが、MacBookも十分に活躍してくれています。

そこで本記事ではということについて解説したいと思います。

せどりでMacBookを使うのはありなのか

結論からいうと、問題ありません。

ただし、一部の人には影響があるので、そこについても解説していきたいと思います。

せどりのパソコンはmacOSでもOK

よく「せどりで使うPCはWindowsがいい」と言われますが、決してそんなことはありません。

macOSのデメリットは、Windows専用の電脳ツールが使えないことです。先ほど説明した「一部の人には影響がある」というのは、Windows専用の電脳ツールを使っている人のことです。

ちなみに、私が使っている電脳ツールで、Windowsに依存しているのは以下の2つだけです。

  • BidMachine
  • セドリオン

もちろん使えた方がいいですが、なくても大きな影響はありません。

また「在庫管理表はエクセルを使っている」という人でも、Googleのスプレッドシートを利用すればOKです。

スプレッドシートはブラウザで利用できるので、Widnows・macOS関係なく利用できますし、デバイスを選ばずに手軽に利用することができます。

そもそも、せどりで使うツールはブラウザ上で動作するものばかりなので、Windowsに依存しているものはほとんどありません。

  • 電脳仕入れはできる(Keepa、デルタトレーサー、モノサーチなど)
  • 価格改定ツールも使える(プライスター、マカド!)
  • ドキュメント管理もできる(スプレッドシート)

どれもWindowsには依存していません。これらのツール類があれば、せどりで稼いでいくことはできます。

実際にMacbookで上記の作業をしていても、特に不自由なく作業ができています。

ノートパソコンのメリットも活かせる

ノートパソコンの場合、持ち運びができるので場所を選ばずに作業をすることができます。

  • 電脳仕入れ
  • 価格改定
  • 在庫管理表の記入作業

実際に私はこういった作業をMacBookで行っています。(デスクトップPCですることもありますが)

私の場合、家だとなかなか集中できないタイプなので、カフェに行って作業をすれば仕事がはかどります。

家で集中できなくて怠けてしまうより、カフェで集中的にやったほうがはるかにいい結果になっています。

  • 場所を選ばずに作業をしたい
  • 家だとなかなか集中できない

上記のような人はMacBookでも全然OKです。

MacBookを使おう!

「せどりで使うノートパソコンはMacBookでも問題なし」ということについて解説してきました。

MacBookを使うデメリットとしては、以下の2点。

  • 画面が小さいので作業効率はやや落ちる
  • Windows系のツールが使えない

「こんなデメリットはあまり気にならない」というのであれば、MacBookでも全然問題ありません。

こんな人におすすめ

  • 場所を選ばず作業をしたい
  • 家だと集中できなくてサボりがち
  • Windows専用の電脳ツールを使っていない

なんといっても場所を選ばずに作業ができるメリットは大きいです。ぜひ使ってみてください。

-せどり全般