クレジットカード

せどりでクレジットカードの限度額が足りない時の対応方法を解説!

2021年3月15日

せどりでクレジットカードを使うときに気になるのが限度額。

  • 限度額が少なくてすぐに上限に達してしまう。何か対応策ってあるの?
  • そもそも限度額ってどのくらいあったほうがいいの?

こんな疑問を持っている人もいるかと思います。

そこで本記事では、せどりで使うクレジットカードが限度額に達してしまう時の対応策やどのくらい限度額があれば安心なのか解説したいと思います。

限度額に達してしまう時の対応策

限度額が少なくてすぐに上限に達してしまうときの対応策を解説します。

新しいクレジットカードを作る

クレジットカードの上限が足りないといった場合は、新しいクレジットカードを作るのが手っ取り早いです。

ただし、短期間に何枚もクレジットカードを作成すると、カード会社に怪しまれて作れなくなることもあるので、作るペースは2〜3ヶ月に1枚を目安にしたほうがいいです。

あと気を付けたいのが、何枚も作りすぎてしまい管理がしにくくなってしまうことです。

こちらの記事「せどり用クレジットカードは何枚が最適か【まずは3枚持ちがおすすめ】」でも解説しましたが、せどりで使うクレジットカードは多くても3枚を使い回すくらいがちょうどいいです。

それでも限度額が足りない場合は、もう2枚くらい作るのもアリだと思います。

ただし、ゆくゆくはカードの枚数を減らして3枚以内に抑えたいところです。

せどりで使うおすすめのクレジットカードはこちらの記事「せどりにおすすめのクレジットカードを厳選!カード選びの基準も解説!」で紹介しているので参考にしてみてください。

限度額の増額申請をする

限度額が最高100万円のクレジットカードを作成しても、最初から限度額が100万円ということはほぼありません。

最初は20万しかなかったり、40万だったりと人によって異なりますが、比較的少ないことが多いです。

こういった場合は、利用実績を積むことで上限を増やすことができます。

しばらく使っていると、クレジットカード会社のほうから「限度額を増額しました」と連絡がくることもありますし、自ら増額申請をすることで上限を増やすことができます。

クレジットカードを作ったばかりの場合は、実績が少ないため増額申請が却下されることもあるので、まずは3ヶ月くらいは使ってから申請したほうがいいです。

※カード会社によっては作成から3ヶ月は増額申請ができないといった制約つきの場合もあります。

また、短期間に何度も増額申請しても却下されることがあるので、増額申請が通った場合でもまた3ヶ月くらい使ってから申請するくらいのペースがおすすめです。

クレジットカードのグレードをあげる

新しくクレジットカードを作る以外にも、今使っているクレジットカードのグレードをあげることでも限度額を増やすことができます。

例えば、現在は「楽天カード(最高限度額は100万円)」を使っているけど「楽天プレミアムカード(最高限度額は300万円)」にグレードアップすることで、限度額を一気に上げることができます。

今使っている「楽天カード」の限度額は70万円だけど、楽天プレミアムカードにアップグレードしたら限度額が150万円なったというように大幅アップが期待できます。

ただし、デメリットとしてクレジットカードのアップグレードをすると年会費がかかってしまうことがほとんど。

年会費を払ってでもメリットがあるか考慮する必要があります。

利用額を繰上げ返済する

クレジットカードの利用額はあらかじめ決められた日程に引き落としがあります。

しかし、繰上げ返済をすることでクレジットカードの枠をすぐに復活させることができます。

ただし、キャッシュフローに余裕がある人向けの方法になります。

限度額はどのくらい必要?

それでは、せどりをしていく上でクレジットカードの限度額はどのくらい必要なのでしょうか?

こればっかりは取り扱いジャンルやせどりの規模にもよるので一概にはいえないところはありますが、結論としては限度額はあるだけあったほうがいいです。最低でも100万円は欲しいところです。

限度額が多ければ多いほどいい理由としては、

  • せどりの規模が順調に拡大した時でも慌てずに仕入れができる
  • 縦積み商品やトレンドの時など勝負の仕入れができる

といった理由からです。

せどりの成長スピードにもよりますが、仕入れ額が大きくなった場合でも「限度額がたりなくて仕入れを抑えなきゃいけない!」といったことを防ぐことができます。

せどりを始めたばかりの頃は仕入れ額も少ないので、そこまで限度額を気にする必要はありませんが、順調にステップアップしていけば毎月仕入れ額は大きくなっていきます。

例えば、限度額が50万しかないと平均すれば毎月25万円しか使えないわけで、このくらいの規模だとすぐに到達できてしまいます。

それなのに、限度額が足りなくて仕入れができないというのはもったいないですよね。

またトレンドや特価品の縦積みなど「これは間違いない!」といった商品に遭遇したときに、限度額が足りなくて仕入れることができないとなれば機会損失になってしまいます。

こういった機会を逃さないためにも、限度額はできるだけ大きいほうがいいです。

もちろん、限度額が多くても自分の限度額以上に使ってしまうことができるので注意が必要です。

まとめ

せどりでクレジットカードの限度額が足りない時の対応方法を解説してきました。

限度額が足りない時の対応方法をまとめます。

まとめ

  • 新しいクレジットカードを作る
  • 限度額の増額申請をする
  • グレードを上げる
  • 繰上げ返済を利用する

クレジットカードの限度額は一気に増やすことはできないので、地道に利用を重ねていくしかありませんが、他の手段として新規のカードを作るか、カードのグレードアップも考慮しましょう。

-クレジットカード