アプリ・ツール

【簡単】プライスターのサンクスメールの設定方法や例文を紹介!

価格改定ツールとしても優秀なプライスターですが、商品を買ってくれたお客さんに評価依頼メールを自動で送ってくれる「サンクスメール」機能があります。

プライスター公式サイト

  • サンクスメールってメリットがあるの?
  • サンクスメールの設定方法が知りたい
  • サンクスメールを送るならどんな文章がいいの?

このような疑問に答えたいと思います。

サンクスメール機能は、簡単に設定ができますし、メリットも多いです。評価をたくさん集めることにより、信頼性のあるストアと評価されるので、販売力もアップします。

本記事で、プライスターのサンクスメールの設定方法や例文を解説しますので、参考にしてたくさん評価を集めましょう。

プライスターのサンクスメール機能のメリット

プライスターのサンクスメール機能とは、購入者に自動でお礼と評価をお願いするメールを送信する機能です。

サンクスメール機能を使うことのメリットは以下のとおりです。

  • 評価をもらえる確率が上がる
  • 評価依頼メールを送る手間が省ける
  • メール送信有無を商品ごとに設定できる

評価をもらえる確率が上がる

購入者さんに評価依頼メールを送った場合と、送らない場合では、評価をもらう確率が変わってきます。

私の場合は以下のとおり。

  • 評価依頼メールなし:100商品売ったら2件くらい
  • 評価依頼メールあり:100商品売ったら7件くらい

私は評価が500件を超えた今でも評価依頼メールを送り続けていますが、評価をもらえる確率は7%前後を維持しています。

評価メールを送らない場合に比べて、もらえる評価件数は3倍くらい違ってきます。

特に評価が少ない初心者の場合、できるだけ早く評価をためたいので、サンクスメール機能を使うことは大きなメリットがあります。

評価依頼メールを送る手間が省ける

Amazon公式の「レビューリクエスト」を使えば、簡単にレビュー依頼ができます。

しかし、購入された商品1つ1つにレビュー依頼をしなければいけません。

注文数が多くなってくると意外と面倒ですし、できるだけこういった単純作業は減らしたいもの。

プライスターのサンクスメール機能を使えば、全て自動でメールを送ってくれるので完全放置でOKです。

余計な単純作業をする必要もないですし、時間の節約にもなります。

メールを送るか送らないか商品ごとに設定できる

プライスターでは、評価メールを送るか送らないかは、商品ごとに設定することができます。

例えば、「この商品はコンディションが悪すぎるから、評価依頼メールを送るのをやめよう」といった感じで「もしかしたら悪い評価をもらってしまうかも」といった商品は、メールを送らないようにすることでリスクを減らせます。

プライスターのサンクスメールの設定方法

プライスターのサンクスメールを使うための設定を解説します。

サンクスメールの配信元設定方法(Amazon側)

まず、サンクスメールの配信をするためには、Amazonセラーセントラルで配信元のメールアドレスを登録する必要があります。

プライスターの「設定」→「サンクスメール設定」を選択します。

 

サンクスメールの設定ページに記載されているメールアドレスをコピーしたら、「セラーセントラルの”メッセージングの許可”を開く」ボタンをクリックします。

 

「Eメールアドレスを追加する」リンクをクリックします。

 

先ほどコピーしたメールアドレスを入力して、保存ボタンを押します。

 

保存が完了すると「メッセージングの許可」一覧に、先ほどのアドレスが表示されます。

 

これで、Amazon側の設定は完了です。

次にプライスターでメール送信設定をしていきましょう。

サンクスメールの内容と配信タイミングの設定

サンクスメールの内容と配信タイミングの設定方法を解説します。

テンプレートの使用設定

サンクスメールのテンプレートは、以下の2通りの設定ができます。

  • 自己発送とFBAで同じ内容にする
  • 自己発送とFBAでメール内容や配信タイミングを変える

設定内容を分けてもいいですし、同じでも大丈夫です。

件名と内容を設定

購入者に送るメールの「件名」と「メール内容」を設定します。

まずは、プライスターのデフォルト設定でも問題ありません。

例文は後ほど紹介します。

配信タイミングの設定(何日後に送るか)

サンクスメールを配信するタイミングを設定しましょう。

配信するタイミングは以下から選べます。

  • サンクスメールは配信しない
  • 発送完了したらすぐに送信する
  • 発送完了してから1日後〜30日後に配信する

最初に設定が終わってからの配信のタイミングですが、「サンクスメールの配信設定をした後に発送完了」となった注文に対して設定が適用されるようになっています。

ちなみにですが、プライスターのサンクスメールは、夜11時〜朝7時までは配信せず、深夜の配信分は翌朝7時以降に順次配信されます。

というのも、夜間に購入者にメールが届きご迷惑をおかけすることを防ぐためとのことです。

個別に配信メールを停止したい場合

特定の商品だけサンクスメールの送信をやめたい場合は、注文一覧から配信停止の設定ができます。

日付のアイコンをクリックすると「停止中」に切り替わり、配信が停止されます。

再開したい場合は、再度クリックすると有効になります。

※保留中の商品は注文が確定していないため「配信停止/再開」ボタンが表示されません。

 

プライスターのサンクスメール例文

プライスターのサンクスメールで使う例文を紹介します。

プライスターのデフォルト文でも十分ですが、私は以下のような文章を使っています。

【メールタイトル】

Amazonマーケットプレイスでのご購入について

【メール本文】

この度は、{shopname}をご利用いただき誠にありがとうございます。

アマゾンマーケットプレイスよりご注文頂いた以下の商品ですが、
無事に受け取られましたでしょうか?

-----------------------------------------
{orders-item-list}

-----------------------------------------

万が一、商品に問題がございましたら、お手数をおかけして恐縮ですが、メッセージにて直接ご連絡頂きますようお願い致します。

当方でアマゾンマーケットプレイスの規約に従って、配送状況の確認、返品・返金などの対応をさせて頂きます。

商品が無事にお手元に届いておりましたら、大変お手数ですが評価にてご一報頂けたら幸いでございます。

お客様から頂戴した評価・コメントを励みにして日々営業いたしております!
スタッフ一同、心待ちにしておりますので、ご評価のご協力をお願い申し上げます。

1分程で簡単に完了しますので、ご協力いただければ大変嬉しく思います。

こちらより評価を行うことができます→ https://www.amazon.co.jp/hz/feedback/?_encoding=UTF8&orderID={amazon-order-id}

この度は当店をご利用いただきありがとうございました。
またのご利用を心よりお待ちしております。

尚、行き違いで既に評価済みの場合はご容赦下さいませ。

評価をするのはめんどくさいと思っている人いもいるので、以下の点を意識しています。

  • 「1分程で簡単に完了します」と、簡単にできる旨を伝える
  • 評価依頼用のURLを記載して、1クリックで評価ページにいけるようにする

評価依頼用のURLはデフォルトで設定されているので、そのまま使えばOKです。

購入者名の表示に関して注意点があります。

  • 自己発送の場合、 {buyer-name} と入力された部分に購入者様の名前が自動入力される
  • FBAの場合、 {buyer-name} と入力された部分に「ご購入者」と自動入力される

FBA利用の場合に、以下のようなメール内容に設定したとします。

{buyer-name}様

この度はアマゾンマーケットプレイスにて、ご注文いただきまして誠にありがとうございます。

・・・

実際にメールに記載される内容は、以下のようになってしまいます。

購入者様

この度はアマゾンマーケットプレイスにて、ご注文いただきまして誠にありがとうございます。

・・・

なので、FBA利用の場合は {buyer-name} を利用しなくてもいいかと思います。

本来であれば、本文最初に「○○様」と記載すべきですが、「購入者様」と表示されても変なので、私は{buyer-name}を利用していません。

まとめ

プライスターのサンクスメールの設定方法や例文を紹介してきました。

難しい設定もなく、一度設定してしまえばあとは自動で評価依頼メールを送ってくれます。

  • 評価をもらえる確率が上がる
  • 評価依頼メールを送る手間が省ける
  • 送信有無を商品ごとに設定できる

単純作業をしなくていいので時間を節約できますし、ストアの評価数が多ければ多いほど有利になるので、サンクスメールを使ってどんどん評価をためましょう。

その他のプライスターの機能が気になるという人は、こちら「【価格改定ツール最強】プライスターを徹底解説!せどりで必須のおすすめツール!」も参考にしてみてください。

-アプリ・ツール
-