アプリ・ツール

【月3000円お得に】マカド!からプライスターに乗り換えた理由

2021年1月8日

Amazonせどりを総合的に効率化できる価格改定ツールとして有名なプライスターマカド!

プライスターよりマカド!の方が自分に合っていると思ったので2年間マカド!を使ってきましたが、この度プライスターに切り替えました。

プライスター公式サイト

マカド!公式サイト

というのもプライスターを利用することで、マカド!を使うよりも月3000円もお得になる理由があるからです。

本記事では、マカド!からプライスターに切り替えた理由を解説したいと思います。

マカド!を使っていた理由

冒頭でプライスターよりマカド!の方が自分に合っていると書きました。

その理由としては「電脳リピート機能」が優れているからです。

両者の基本機能としては以下のとおり。

  • かんたん出品機能
  • 高速価格改定
  • 売り上げ・在庫管理機能
  • 電脳リピート仕入れ機能
  • サンクスメール機能

両者の特徴を表すと下記のとおりです。

【マカド!の特徴】

  • 電脳リピート仕入れ機能が優秀
  • 最安値より1円値下げ機能がある

マカド!はこんな人におすすめ

  • 電脳リピート仕入れを強化したい人
  • 「最安値より1円値下げ」機能を使って販売力を高めたい人

【プライスターの特徴】

  • アプリ版がある
  • 発送関連、出品代行を探すといった特別サービスがある

プライスターはこんな人におすすめ

  • 店舗仕入れ(アプリ利用)から納品・販売までプライスターで一括管理したい
  • FBA納品を安くしたい

 

基本機能に大きな違いはないですが、私にとっては電脳リピート仕入れ機能は大きな違いでした。

マカド!では、販売履歴一覧から以下のサイトの検索結果一覧を表示することができます。

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク
  • メルカリ

私は中古メディアを扱っていますが、上記のストアは中古メディアの仕入れ先として活躍してくれます。

その点、プライスターの販売履歴一覧からは「価格コム」と「ヤフオク」しか表示できません。

今ではプライスターに切り替えたわけですが、マカド!で便利だった「電脳リピート仕入れはどうするの?」ということになります。これはプライスターの販売履歴からAmazonの商品ページを表示してモノサーチで検索すればいいかなと思っています。

Amazonの商品ページを経由しなければいけないので、1クッション必要になりますが大した手間ではありません。

月に3000円も節約できるほうがメリットは大きいです。

それにモノサーチであれば、楽天市場、ヤフーショッピング、ヤフオク、メルカリの他に駿河屋やブックオフもリサーチすることができるメリットもあります。

マカド!からプライスターに切り替えた2つの理由

マカド!からプライスターに切り替えた理由としては2つあります。

理由①プライスター急便で月3000円お得に

一番大きな決め手が、

プライスター急便でFBA納品の送料をかなり節約できるから

です。

私は「ヤマト便」を使うほど物量が多くないので「ヤマト宅急便」を使っていました。

しかし、2020年12月にプライスターが「プライスター急便」のサービスを開始したことでFBA納品の送料が安くなるチャンスが。

プライスター急便の料金は以下のとおりです。

住んでいる地域によっては恩恵は受けれませんが、最安で980円からFBA納品することができます。

プライスター急便の詳細はこちらの記事「プライスター急便を使ってみた!メリット・デメリットを紹介【FBA納品を安くスピーディーに】」で解説しています。

実際に「プライスター急便」を使っていますが、ヤマト宅急便に比べて1箱あたり200円〜400円ほど安くなりました。

私は月に10箱くらい納品するので、ダンボールのサイズによりますが、平均すれば月に約3000円も節約することができています。

年間で言えば36,000円です。けっこう大きいですよね。

プライスターの月額は5280円(税込)ですが、約2000円で使えていることになるので、めちゃくちゃお得になります。

しかも、送料はクレジットカードの引き落としですみますし、伝票は集荷のドライバーさんが持ってきてくれるので、玄関前のやりとりも数秒で終わるのも嬉しいところ。

理由②出品コメントをジャンルごとに設定できる

2つ目の理由が、

出品コメントをジャンルごとに設定できること

です。

プライスターから出品すれば、あらかじめ設定しておいた商品のコンディションに応じた出品コメントが自動挿入されますが、本、CD、DVD、ゲームなどジャンルごとに設定できます。

マカド!にはこの機能がなく、ジャンルごとに出品コメントを変更しなければいけないのですが、プライスターの場合はかなり手間が省けます。

いずれマカド!も同様の機能を実装するかもしれませんが、それでもプライスター急便のメリットのほうが大きいです。

まとめ

マカド!も素晴らしい価格改定ツールで不満もないのですが、やはりプライスター急便のメリットはかなり大きく感じました。

プライスター急便は住んでいる地域によっては恩恵を受けることができないのですが、恩恵を受けれる地域に住んでいて、ヤマト便を使うほどの物量でない人はかなりお得になります。

もちろん、価格改定ツールとしての機能も申し分ありません。

プライスター公式サイト

以上、マカド!からプライスターに切り替えた理由の解説でした。

プライスターとマカド!で迷っている人はこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:マカド!とプライスター比較!どちらにするか迷ったときの参考に【画像付きで解説】

以下の記事でプライスターについてさらに詳しく解説しています。

関連記事:【No1の実力は本物だった】プライスターの機能やデメリットを解説【せどり価格改定ツール】

-アプリ・ツール
-,